記事一覧

今こそ究極の女性優遇措置を

今こそ究極の女性優遇措置を

投稿者:笛皆 智緒(宮城県仙台市青葉区 40歳 運動家)

世界女子サッカーW杯で日本のなでしこジャパンが優勝した。
男女共同参画社会基本法の成立以降、未だ不十分な女性の社会進出や地位的向上の観点から言っても朗報であることは間違いなかろう。

今回の優勝では、女子が男子よりも身体的に優れているという事実を全世界に見せつけることになった
男子が百年かかっても達成できないであろうサッカーW杯の優勝という快挙を、女子は見事に成し遂げたのだ。
いつまで経っても優勝ひとつ勝ち取れない男子が、これからの日本には不要な存在であるということが、これで証明されたのではないだろうか。

よくよく考えてみればここ最近、男子の草食化および女子の肉食化傾向はしばしば社会的なニュースとして大々的に取り上げられてきた。
男子はもはや、精子の貯蔵生産工場として以外の存在価値を急速に失いつつあるのだ。
そしてその唯一の役割も、近年のクローン技術の発展や人工授精技術の発展により、代替の手段が確立しつつある。
となれば、男子がこの世に存在することを許容しなければならない理由などいずれ消失することになるのではないか。
汚らしい男子を絶滅させ、清浄かつ偉大な女子が全世界を支配すべき時は着々と近づいていると言えよう。

その手始めとして、まずは優勝ひとつマトモに勝ち取れない男子サッカーを全廃し、その補助金を全て女子サッカーに回してスポーツ振興を行うべきなのではないだろうか。
女子を意図的に優遇する政策は、アハーマティブアクションやクォータ制などの形で欧米でも積極的に行われており、いわば世界的な流れとすら言えるものなのだ。
どうせ男子サッカーを存続などさせたところで、W杯の優勝など勝ち取れないであろうことは確実なのであるし、実績のない奴にくれてやるべきカネはないと、あの蓮舫女史も事業仕分けの際に明言しているではないか。
女性の社会進出および地位的向上を促すためにも、スポーツ界から男子を完全に駆逐すべきである。


この記事の内容は全てフィクションであり、実際の事件・団体・個人等とは全くの無関係であり、かつ執筆した作者の本心でもないことを当然のごとくお断りしておきます。
フィクションと現実の区別がつかないコメントについては更なるネタで返信することもございますので、予め御了承下さい。

圧政と殺戮の象徴である「風呂」

人類が生み出した最も忌まわしい発明品。
それは風呂である。
風呂こそはまさに、核をも凌ぐ圧政と大量殺戮の象徴として機能してきた負の遺産である。

風呂の歴史は古く、古代の四大文明でも公衆浴場という形でその姿を伺うことができる。
だが勘違いしないでもらいたいのは、風呂の発明は元々権力者の嗜好から生まれたものであるということだ。
最近の研究では、古代の風呂は釜茹での刑のために用いられたものがほとんどであり、民衆にとって風呂は恐怖の象徴であったことが判明している。
熱く煮えたぎった風呂に大量の罪人を投げ込み、もがき苦しみ死んでいく様を高みから眺めるのが、時の権力者の娯楽になっていたのだ。
イギリスでも、19世紀半ば頃まで公開処刑が庶民の娯楽となっていたが、あれも同じ発想から来ている。
風呂というのは、自分が入ってくつろぐことを目的に生み出されたものではない。
他人に無理強いをし、苦しむ様を楽しむことを目的に作り出された、圧政のための拷問道具としてその生を受けたのである。

この傾向はこれまでの人類の歴史を見ても垣間見ることができる。
古代ローマ帝国の公衆浴場もまた、罪人の公開処刑場として活用され、その処刑に際しては周囲が見物客で埋め尽くされ、また皇帝さえ立ち会うほどの盛況ぶりだった。
フランス革命も、元々は当時のブルボン朝が庶民に風呂に入ることを強要したことがその原因であるとされている。
かのマリー・アントワネットも「風呂がダメならシャワーを浴びればいいじゃない」という迷言と共に庶民に風呂に入ることを強要し、民衆の憎悪と怒りを買ったのである。
当時のブルボン王朝では、庶民に風呂を無理強いすることが王侯貴族のステータスシンボルであると信じられており、滅亡に至るまでその信念を捨てることはなかったのだ。
風呂に入ることを他者に強要する。
これが風呂の持つ最低最悪の要素であり、人はこの要素に常に魅了され、道を誤り続けるのである。


近代に入り、風呂が大衆化されると、風呂を他人に無理強いする魅力に一般市民までもが取り憑かれるようになった。
そのはけ口は主に抵抗しない子供に対して向けられ、泣き叫ぶ子供達を力づくで風呂に叩き込み悦楽を覚える親達の実態が社会問題化した。
現在でも、親の子供に対する虐待の1位に「風呂を無理強いする」がランクインされているほどに、親の風呂に対する執着が深刻を極めているのだ。
人類の歴史に常に暗い影を落とし続けてきた風呂。
その無限ループを、いいかげん断ち切るべき時期に来ているのではないだろうか?


この記事の内容は全てフィクションであり、実際の事件・団体・個人等とは全くの無関係であり、かつ執筆した作者の本心でもないことを当然のごとくお断りしておきます。
フィクションと現実の区別がつかないコメントについては更なるネタで返信することもございますので、予め御了承下さい。

もうひとつの風林火山

「不動如風、侵掠如林、徐如火、疾如山」

動かざること風の如く、
侵略(しんりゃく)すること林の如く、
除(しず)かなること火の如く、
疾(はや)きこと山の如し。


この記事の内容は全てフィクションであり、実際の事件・団体・個人等とは全くの無関係であり、かつ執筆した作者の本心でもないことを当然のごとくお断りしておきます。
フィクションと現実の区別がつかないコメントについては更なるネタで返信することもございますので、予め御了承下さい。

神聖にして不可侵なる内閣総理大臣・菅直人

……被災者を見殺しにする一方で、菅直人は「優秀な人材」を選んで大臣の椅子を与え、内閣を支えるブレーンを作った。
だが全員がフダ付きの無能者で問題発言ばかり繰り出していたのは、菅直人の知的衰弱を示すものではなかっただろうか?
蓮舫もその知名度とコネによって節電計画等担当相の地位を授けられたが、災害対策予備費やスーパー堤防を仕分けた過去が嘲笑のネタにされ、石原慎太郎に遊ばれ非業の恥辱をとげた。
菅直人はそれを哀悼し、10万人に上る被災者の存在を黙殺することで功臣の心を慰めた。

西暦201×年、菅直人は○○歳の政治的生命を閉じた。巨大な権力はなお頑強を誇っていたが、カイワレとキュウリの食べ過ぎが彼の心臓に大きな負担をかけたといわれる。
総理大臣は完全なる満足の中で退陣したわけではない。
民主党内における彼の派閥は全て解体し尽され、後継者たる政治家を確保することができなかった。
晩年にいたって仙谷由人を官房副長官に任命したが、これは先天的に健忘症であったと伝えられる。
この件に関して民主党の公式記録は沈黙を守っているが、尖閣諸島問題における仙谷由人自身から出た発言、尖閣ビデオが流出した際の逆上しまくった発言、さらには「自衛隊は暴力装置」と発言して問責決議まで食らった事実から推定して、巷間に流布されたこの噂が真実であることは、ほぼ確実である。
そしてそれは、「子ども手当」を乱発し、天災を抑えるために政権交代を望んだ菅直人と民主党にとって強烈な打撃であったろう。
自分が責任を被りたくないという菅直人の信念を崩壊から守るために、国民は選挙をしなければならなかった。
菅直人に、健忘症を内閣の要職に据えるような遺伝的素質があったはずはなく、全責任は国民にあるというわけだった。


菅直人の退陣後、第95代内閣総理大臣の椅子に腰をかけたのは……。


この記事の内容は全てフィクションであり、実際の事件・団体・個人等とは全くの無関係であり、かつ執筆した作者の本心でもないことを当然のごとくお断りしておきます。
フィクションと現実の区別がつかないコメントについては更なるネタで返信することもございますので、予め御了承下さい。

「源義経=チンギス・ハン」説で日本に謝罪と賠償を求める中国

平家を滅ぼし武家政治の礎を確立したとされる源義経。この人物に対する怒りが、今中国全土に広がりつつある。

きっかけは源義経を紹介した中国の国営テレビ局「中国中央電視台」で放送された日本紹介番組。この番組で「源義経=チンギス・ハン」説が流されたところ、「あの蛮族どもは日本人が率いていたのか?」「モンゴル帝国の侵略に対し日本は戦争責任を認めろ!」「謝罪と賠償を勝ち取るんだ!」という怒りの声が相次いだ。

一部の地方では群集が激高するあまり暴動が発生。中国系の企業が複数襲撃され略奪の被害に遭い、軍が出動する事態にまで発展した。この暴動で数百人単位の中国人が死傷したと見られる。

事態を重く見た中国政府はただちに番組放送を中止。ネット上に拡散した動画も全て消去し、アップロードしたネットユーザーを複数逮捕したと報じた。

ただ、急激に高まった国民感情は中国政府も無視しえず、中国共産党の胡錦濤国家主席は「極東の倭奴どもにわが偉大なる中国を侵略した報いを思い知らせてやる」と発言し、人民解放軍の極東方面部隊に対し臨戦態勢を取るよう指示した。

中国側の国民世論を受け、日本の民主党政権の菅直人首相もまた、日中友好の観点から「源義経がモンゴル人を騙し、中国を始めとする世界各国を侵略したことは、日本人として深く反省しなければならない」と述べ、具体的な賠償問題について中国と近く会談を開く予定であると発表した。

しかしすでに中国は、日中間で問題となっている尖閣諸島のみならず、秦の始皇帝時代の徐福伝説を根拠に日本全土に対する領有権をも教育現場で主張し始めており、源義経問題が日中間に新たな緊張状態をもたらすのは確実な情勢だ。


この記事の内容は全てフィクションであり、実際の事件・団体・個人等とは全くの無関係であり、かつ執筆した作者の本心でもないことを当然のごとくお断りしておきます。
フィクションと現実の区別がつかないコメントについては更なるネタで返信することもございますので、予め御了承下さい。

卒業式と入学式の全面廃止を推進しよう

卒業式と入学式の全面廃止を推進しよう

投稿者:郡加 乃緒都(三重県津市 47歳 教師)

東日本大震災では、多大な被害と犠牲者を出したことにより、「被災者に対する配慮」による各種イベントの自粛が相次いだ。
その流れは学校も例外ではなく、ちょうど時期的に行われる予定だった卒業式があちこちで自粛されるという動きが、マスコミによって報じられていた。
卒業式といえば、毎年何かと話題に上がるのが日の丸・君が代の問題である。
あの忌々しい軍国主義の産物が、21世紀にもなろうというのに未だ現代日本を闊歩しているという事実は、この国の後進性を立証するに充分な事象であろう。
だが、今年は卒業式が自粛されたことにより、おぞまじい日の丸・君が代を見ることなく終わった幸運に恵まれた卒業生や教師も多かったわけだ。

1999年に施行された国旗国歌法により、それまで「教育の自由」を謳歌していた現場の教師達は日の丸・君が代にイヤでも向き合わなければならなくなってしまった。
しかし、卒業式そのものがなくなってしまえば、日の丸・君が代を尊重する必要もなくなり、かつ法律違反に問われるリスクもなくなる。
今回の震災は、そのことを実地で証明した貴重な実例となった。
これは、震災がもたらした「棚から牡丹餅」的な素晴らしい恩恵というべきものであり、また今後の日の丸・君が代反対運動にとって大きな方向性を与えるものだと思う。


日の丸・君が代と異なり、卒業式と入学式自体の開催については、学習指導要領でも「努力目標」とされている程度の極めて緩やかな規則しかなく、法的には必ずしも「開催しなければならない」とされるものではない。
卒業証書の授与については法的な義務付けが存在するが、逆に言えばそれだけやってしまえば卒業式自体を開催する必要はないということだ。
今回の震災に見られるがごとく、学校の都合によっては中止することも充分に可能なのである。
入学や卒業に関する書類だけを教室で配布し、卒業式および入学式は一切行わず、全校生徒の顔見せだけを目的とした式を別に作れば、日の丸・君が代を一切見ることなく、学習指導要領にも逆らうことのない合法的な学校運営が可能となる。
これは大変素晴らしいことなのではないか。


現職の教師達は今後、卒業式および入学式の簡素化、最終的には全廃をも指向するための運動に邁進すべきではないだろうか。
法の抜け穴を徹底的に駆使し、軍靴の足音が響きわたる軍国主義の根絶を目指すことは、教師に与えられた神聖な義務であると、私は確信している。


この記事の内容は全てフィクションであり、実際の事件・団体・個人等とは全くの無関係であり、かつ執筆した作者の本心でもないことを当然のごとくお断りしておきます。
フィクションと現実の区別がつかないコメントについては更なるネタで返信することもございますので、予め御了承下さい。

今こそ自衛隊の即時全廃を

今こそ自衛隊の即時全廃を

投稿者:頭ヶ丘 椎蔵(広島県広島市西区 58歳 教師)

東日本大震災に際して、民主党の事業仕分けに批判的な声が相次いでいる。
主に子ども手当てを捻出するために、原発のメンテナンス費用や災害対策予備費を削ったことが、震災の被害を拡大させたとするものだ。
だが、今回の震災は1000年に一度の規模と言われており、そのたった一度、しかもいつ来るか分からない災害の対策に莫大なカネを投入するなど、コストパフォーマンスの浪費もはなはだしい。
もし万が一、そのような災害が発生した際は、「これも自然の摂理」と素直に諦め、大人しく災害の犠牲になって全財産どころか生命をも投げ捨ててしまうのが、国家のムダを失くすために行うべき正しい国民のあり方というものだろう。
その点で民主党のやったことは何ら間違ったことではないと言える。


この考えをさらに拡大すれば、いつ来るか分からないどころかそもそも発生する見込みすらもないであろう他国からの侵略行為とやらに対し、自衛隊などという金食い虫を多額のカネを使って飼い続ける行為が、いかに不毛かつ非効率的なものであるかも分かろうというものだ。
今回の震災における自衛隊の無用な奮闘などにより、本来「自然の摂理」で死すべき人々が生き永らえてしまった「公害問題」には、自然の神々に対して大変申し訳ない思いを抱かずにはいられない。
民主党の仙谷由人氏は、自衛隊を「暴力装置」であると表現したが、自衛隊はまさに自然の神々に対し暴力を働く装置以外の何物でもないのだ。
そこで、今回の震災を機会に自衛隊を解散し、その費用を全て子ども手当てに当てることを提案したい。
ありもしない危機に備えて不毛な組織を維持することよりも、未来ある子どもたちにカネを恵み、世界の平和と自然の尊さを教えていった方が、はるかに健全というものではないだろうか。
自然の神々の怒りを鎮め、日本の明るい未来を築くためにも、自衛隊を全廃するよう民主党には心からお願いしたい。


この記事の内容は全てフィクションであり、実際の事件・団体・個人等とは全くの無関係であり、かつ執筆した作者の本心でもないことを当然のごとくお断りしておきます。
フィクションと現実の区別がつかないコメントについては更なるネタで返信することもございますので、予め御了承下さい。

コメント一覧

未承認 (09/27 11:11) 編集・削除

管理者に承認されるまで内容は表示されません。

未承認 (10/08 16:58) 編集・削除

管理者に承認されるまで内容は表示されません。

未承認 (07/26 07:32) 編集・削除

管理者に承認されるまで内容は表示されません。

エンターテイメントな政見放送

4月10日は東京都知事選挙の投票日ですが、何やら熱い戦いの様相を呈しているようですね。
世間の目はもっぱら石原慎太郎氏と東国原英夫氏の一騎打ちかのごとき様相を呈していますが、その他の候補者の姿も見逃せません。
都民の皆様方は、選択肢溢れる候補者達の主張を心行くまでご堪能下さい↓


ふるかわ圭吾 「私が掲げる政策は、一言で言いますと【攘夷】であります」


杉田健 「人体を蝕む強力な電磁波……」


谷山ゆうじろう 「ジャパーンネバーギブアップ!」


ちなみに、過去の都知事選ではこういう人もいたのだそうで↓


外山恒一 「私には建設的な提案なんかひとつもない。今はただ、スクラップアンドスクラップ!」


さらにこの人は、熊本市議会議員選挙にも出馬したのだそうですが、候補者62人中61位540票というブービー賞な得票数で当然のように落選。
そして同年7月に鹿児島県内で道交法違反により逮捕・起訴された際には、検察側の求刑罰金1万5000円に対し、前科があることと遵法精神に欠けると判断されたことなどから、求刑の8倍となる12万円もの罰金を科せられるという、お笑い世界レベルの判決を下されたりしています↓

http://megalodon.jp/2007-1006-0628-21/headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071005-00000203-yom-soci

こんなリアル世界で天然なお笑いネタを披露されたりしたら、そりゃ本場のお笑い界が衰退するのもある意味当然なのかもしれませんね。

東日本大震災、その発生の真相とは?

戦後最大級の被害と犠牲者を出した東日本大震災。
回避不能な天災と一般には見做されているこの震災が、実は人為的に引き起こされたという驚愕の事実があることをご存知だろうか?
当初、それは地震兵器HAARPを保持しているアメリカ軍の陰謀によるものだとする説が有力とされていた。
だが、すくなくとも表面上は同盟国である日本をわざわざアメリカ軍がターゲットにするとは考えにくく、またそもそもアメリカ軍が人工的に地震を引き起こせるだけのテクノロジーを保有しえるのかという技術的な問題も相まって、この説は次第に否定される方向へと傾いた。
ところが、全く意外なところに真犯人が存在したのである。


ミステリーな事件を推理するに際しては、その犯行によって誰が一番利益を得るかについて考えることが、真犯人を特定する第一の道であるとよく言われる。
その王道に基づいて考えると、実は今回の震災で一番利益を得たのが民主党政権であるという事実が見えてくる。
震災直前、菅直人首相は在日外国人献金問題で進退を迫られる寸前にまで追い込まれていたが、震災はそんな問題を吹き飛ばしたのみならず、菅内閣の支持率アップまでもたらすこととなった。
また、菅直人首相は震災直後に「これで首相を2年できる」と周囲に言い放っていたと官邸筋が明らかにしており、さらに民主党の仙谷由人氏も「菅首相は運が良い」と褒め称えていたと伝えられている。
これから考えれば、すくなくとも動機面では民主党の菅直人首相が第一の容疑者として浮上することは確実である。


では技術的な問題についてはどうか?
今のアメリカ軍ですら実現不可能とされる地震兵器を、日本の自衛隊が保持しているとは考えにくい。
そもそも自衛隊は、申請された予算を却下したどころか既存予算すら徹底的に削減する決定を下した蓮舫女史に象徴されるように、民主党政権から存在自体目の仇にされており、マトモな協力関係すら確立されていない現実がある。
日々の訓練予算にさえ汲々としている自衛隊に、地震兵器などという膨大な予算と技術を要するシロモノを作れる余裕などあるはずもなかろう。
よって、自衛隊による地震兵器説という線も否定される。

だが技術的問題について、民主党政権には他の組織には全く成立しえない独自のツテがある。
それは「宇宙人」と称される鳩山由紀夫元首相の存在である。
他の惑星から地球にやってこられるだけの技術力を持つ宇宙人であれば、地球上でマグニチュード9.0規模の地震を人工的に引き起こすなど造作もないことだろう。
そして鳩山由紀夫元首相は、自分と同じ宇宙人達と何らかのコンタクトが取れる術を確実に保有しているはずである。
進退窮まった菅首相が鳩山由紀夫元首相に問題解決を依頼し、さらに鳩山由紀夫元首相が宇宙人と交信して今回の地震を引き起こさせ、国民どころか世界の目をそちらへ釘付けにすることで、菅首相は「今は非常時」という大義名分を駆使して政局の打開に成功した……。
そう考えれば全ての辻褄が合うではないか。


菅直人首相と鳩山由紀夫元首相は政治的な対立関係にあるのではないか、という反論もあるだろう。
だが、いくら両者が対立しているといっても、民主党が崩壊して再び自民党に政権を明け渡す、などという事態の到来は、両者にとって最悪の悪夢となる。
最悪の事態を避けるために、一時的な利益を共通項として積年の敵同士が互いに手を組む、というのは政治の世界でもさして珍しいことではない。
鳩山由紀夫元首相も、菅首相個人の破滅は大いに望むところではあるが、だからといってそれで民主党も一緒に倒れてしまっては元も子もないのだ。
菅首相の進退問題は民主党にとってそれだけの危機的状況だったのであり、まことに不本意なことでありながら、鳩山由紀夫元首相は菅首相に助け舟を出さざるをえなかったというわけである。
権謀術数が渦巻く複雑怪奇な政治の世界は、単純な陰謀論で素直に図れるほど優しく出来てなどいないのだ。


いずれにせよ、これで全ての謎は解明された。
東日本大震災は、民主党の菅直人首相と鳩山由紀夫元首相の共同謀議によって人為的に引き起こされた人災だったのだ。

ファイル 8-1.jpg


この記事の内容は全てフィクションであり、実際の事件・団体・個人等とは全くの無関係であり、かつ執筆した作者の本心でもないことを当然のごとくお断りしておきます。
フィクションと現実の区別がつかないコメントについては更なるネタで返信することもございますので、予め御了承下さい。

不浄な男共を女子大から叩き出せ

不浄な男共を女子大から叩き出せ

投稿者:笛見 奈智江(福岡県福岡市東区 35歳 独身コンサルタント)

東京の清泉女子大学が、東日本大震災で避難生活を送っている男子大学生を学費免除で受け入れることを決定しました。
学校側は「これだけの状況だから、女子大だといって拒むべきではない」として学内を取りまとめたとのことです。
あの不潔で悪臭漂う男共を女子大に入れるなど、神聖にして不可侵である女子大の伝統と格式を揺るがすものであり、如何なる事情があっても到底許されることではありません!!
繊細でデリケートな女性と異なり、粗野で乱暴な男共はどんな汚らしい環境でも問題なく生活できるわけなのですから、公園の片隅にダンボールでも与えて地べたに這い蹲らせておけば良いではないですか!

しかも、とある女性団体から聞いた話によると、避難所で避難生活を送っている女性が男にレイプされるという痛ましい事件が、被災地では多数発生しているのだそうです。
そんな男共を女子大に入れるなど、男共に向かって「レイプして下さい」と自ら誘っているがごとき愚行としか言いようがありません!
性犯罪者およびその予備軍の男共など、生活保障や勉学の機会を与えるどころか、できればこの手で嬲り殺しにしてやりたいくらいです!!
私は清泉女子大学に抗議のFAX&メール攻撃を行いたく思います。
女性の皆さん、この不当な男社会を撲滅すべく、一匹でも多くの男共をこの世から抹殺しましょう!!!


※参考記事
http://megalodon.jp/2011-0407-2126-56/news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4694265.html


この記事の内容は全てフィクションであり、実際の事件・団体・個人等とは全くの無関係であり、かつ執筆した作者の本心でもないことを当然のごとくお断りしておきます。
フィクションと現実の区別がつかないコメントについては更なるネタで返信することもございますので、予め御了承下さい。

ページ移動

キーワード検索

検索フォーム

PR&オススメ