記事一覧

エンターテイメントな政見放送

4月10日は東京都知事選挙の投票日ですが、何やら熱い戦いの様相を呈しているようですね。
世間の目はもっぱら石原慎太郎氏と東国原英夫氏の一騎打ちかのごとき様相を呈していますが、その他の候補者の姿も見逃せません。
都民の皆様方は、選択肢溢れる候補者達の主張を心行くまでご堪能下さい↓


ふるかわ圭吾 「私が掲げる政策は、一言で言いますと【攘夷】であります」


杉田健 「人体を蝕む強力な電磁波……」


谷山ゆうじろう 「ジャパーンネバーギブアップ!」


ちなみに、過去の都知事選ではこういう人もいたのだそうで↓


外山恒一 「私には建設的な提案なんかひとつもない。今はただ、スクラップアンドスクラップ!」


さらにこの人は、熊本市議会議員選挙にも出馬したのだそうですが、候補者62人中61位540票というブービー賞な得票数で当然のように落選。
そして同年7月に鹿児島県内で道交法違反により逮捕・起訴された際には、検察側の求刑罰金1万5000円に対し、前科があることと遵法精神に欠けると判断されたことなどから、求刑の8倍となる12万円もの罰金を科せられるという、お笑い世界レベルの判決を下されたりしています↓

http://megalodon.jp/2007-1006-0628-21/headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071005-00000203-yom-soci

こんなリアル世界で天然なお笑いネタを披露されたりしたら、そりゃ本場のお笑い界が衰退するのもある意味当然なのかもしれませんね。

第2ブログオープン

本日より、奇説珍説博物館ウェブサイト内に第2ブログを正式にオープンさせることに致しました。


このブログの主な役割はネタ記事投稿およびネタの紹介。
ネタ記事投稿については、リンク集の「ネタとして楽しむサイト」先に掲載されている記事に相当する物語・コラム・新聞の読者投稿的な文章を、その時々の時事ネタや話題に合わせて書き綴っていく、という方針で運用することになります。
記事末尾には「この記事はフィクションであり…」という文言が自動挿入され、それがネタであることが誰の目にも分かるような処置を常に施します。
逆に言えば、この文言が挿入されていない記事は「ネタではない」ということになります。

またネタの紹介については、実際に存在するトンデモ記事や笑えるネタを紹介する、という形になります。

なお、このブログではWebレイアウト&SEO研究実験も兼ねてアフィリエイトが導入されています。
画面左側の欄と全ての記事下段にPRが表示されます。


各ブログ記事に対するトラックバックおよびコメントは、スパム等の荒らし行為を除き自由に行って頂いてかまいません。
送信したトラックバックおよび投稿したコメントは、管理人承認の必要なくすぐさま記事に反映されます(反映されない場合はキャッシュが残っている可能性があるので、ページの更新を行ってみて下さい)。


当ブログがどのような場と雰囲気を持つことになるのかは、実は作った本人すら全く分からなかったりするのですが(^^;;)。
姉妹サイトとなるタナウツネット雑記ブログとは、あらゆる点で正反対の主旨になるかと思いますが、こちらのブログもどうぞよろしくお願い致します。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ

キーワード検索

検索フォーム

PR&オススメ