記事一覧

今こそ究極の女性優遇措置を

今こそ究極の女性優遇措置を

投稿者:笛皆 智緒(宮城県仙台市青葉区 40歳 運動家)

世界女子サッカーW杯で日本のなでしこジャパンが優勝した。
男女共同参画社会基本法の成立以降、未だ不十分な女性の社会進出や地位的向上の観点から言っても朗報であることは間違いなかろう。

今回の優勝では、女子が男子よりも身体的に優れているという事実を全世界に見せつけることになった
男子が百年かかっても達成できないであろうサッカーW杯の優勝という快挙を、女子は見事に成し遂げたのだ。
いつまで経っても優勝ひとつ勝ち取れない男子が、これからの日本には不要な存在であるということが、これで証明されたのではないだろうか。

よくよく考えてみればここ最近、男子の草食化および女子の肉食化傾向はしばしば社会的なニュースとして大々的に取り上げられてきた。
男子はもはや、精子の貯蔵生産工場として以外の存在価値を急速に失いつつあるのだ。
そしてその唯一の役割も、近年のクローン技術の発展や人工授精技術の発展により、代替の手段が確立しつつある。
となれば、男子がこの世に存在することを許容しなければならない理由などいずれ消失することになるのではないか。
汚らしい男子を絶滅させ、清浄かつ偉大な女子が全世界を支配すべき時は着々と近づいていると言えよう。

その手始めとして、まずは優勝ひとつマトモに勝ち取れない男子サッカーを全廃し、その補助金を全て女子サッカーに回してスポーツ振興を行うべきなのではないだろうか。
女子を意図的に優遇する政策は、アハーマティブアクションやクォータ制などの形で欧米でも積極的に行われており、いわば世界的な流れとすら言えるものなのだ。
どうせ男子サッカーを存続などさせたところで、W杯の優勝など勝ち取れないであろうことは確実なのであるし、実績のない奴にくれてやるべきカネはないと、あの蓮舫女史も事業仕分けの際に明言しているではないか。
女性の社会進出および地位的向上を促すためにも、スポーツ界から男子を完全に駆逐すべきである。


この記事の内容は全てフィクションであり、実際の事件・団体・個人等とは全くの無関係であり、かつ執筆した作者の本心でもないことを当然のごとくお断りしておきます。
フィクションと現実の区別がつかないコメントについては更なるネタで返信することもございますので、予め御了承下さい。

卒業式と入学式の全面廃止を推進しよう

卒業式と入学式の全面廃止を推進しよう

投稿者:郡加 乃緒都(三重県津市 47歳 教師)

東日本大震災では、多大な被害と犠牲者を出したことにより、「被災者に対する配慮」による各種イベントの自粛が相次いだ。
その流れは学校も例外ではなく、ちょうど時期的に行われる予定だった卒業式があちこちで自粛されるという動きが、マスコミによって報じられていた。
卒業式といえば、毎年何かと話題に上がるのが日の丸・君が代の問題である。
あの忌々しい軍国主義の産物が、21世紀にもなろうというのに未だ現代日本を闊歩しているという事実は、この国の後進性を立証するに充分な事象であろう。
だが、今年は卒業式が自粛されたことにより、おぞまじい日の丸・君が代を見ることなく終わった幸運に恵まれた卒業生や教師も多かったわけだ。

1999年に施行された国旗国歌法により、それまで「教育の自由」を謳歌していた現場の教師達は日の丸・君が代にイヤでも向き合わなければならなくなってしまった。
しかし、卒業式そのものがなくなってしまえば、日の丸・君が代を尊重する必要もなくなり、かつ法律違反に問われるリスクもなくなる。
今回の震災は、そのことを実地で証明した貴重な実例となった。
これは、震災がもたらした「棚から牡丹餅」的な素晴らしい恩恵というべきものであり、また今後の日の丸・君が代反対運動にとって大きな方向性を与えるものだと思う。


日の丸・君が代と異なり、卒業式と入学式自体の開催については、学習指導要領でも「努力目標」とされている程度の極めて緩やかな規則しかなく、法的には必ずしも「開催しなければならない」とされるものではない。
卒業証書の授与については法的な義務付けが存在するが、逆に言えばそれだけやってしまえば卒業式自体を開催する必要はないということだ。
今回の震災に見られるがごとく、学校の都合によっては中止することも充分に可能なのである。
入学や卒業に関する書類だけを教室で配布し、卒業式および入学式は一切行わず、全校生徒の顔見せだけを目的とした式を別に作れば、日の丸・君が代を一切見ることなく、学習指導要領にも逆らうことのない合法的な学校運営が可能となる。
これは大変素晴らしいことなのではないか。


現職の教師達は今後、卒業式および入学式の簡素化、最終的には全廃をも指向するための運動に邁進すべきではないだろうか。
法の抜け穴を徹底的に駆使し、軍靴の足音が響きわたる軍国主義の根絶を目指すことは、教師に与えられた神聖な義務であると、私は確信している。


この記事の内容は全てフィクションであり、実際の事件・団体・個人等とは全くの無関係であり、かつ執筆した作者の本心でもないことを当然のごとくお断りしておきます。
フィクションと現実の区別がつかないコメントについては更なるネタで返信することもございますので、予め御了承下さい。

今こそ自衛隊の即時全廃を

今こそ自衛隊の即時全廃を

投稿者:頭ヶ丘 椎蔵(広島県広島市西区 58歳 教師)

東日本大震災に際して、民主党の事業仕分けに批判的な声が相次いでいる。
主に子ども手当てを捻出するために、原発のメンテナンス費用や災害対策予備費を削ったことが、震災の被害を拡大させたとするものだ。
だが、今回の震災は1000年に一度の規模と言われており、そのたった一度、しかもいつ来るか分からない災害の対策に莫大なカネを投入するなど、コストパフォーマンスの浪費もはなはだしい。
もし万が一、そのような災害が発生した際は、「これも自然の摂理」と素直に諦め、大人しく災害の犠牲になって全財産どころか生命をも投げ捨ててしまうのが、国家のムダを失くすために行うべき正しい国民のあり方というものだろう。
その点で民主党のやったことは何ら間違ったことではないと言える。


この考えをさらに拡大すれば、いつ来るか分からないどころかそもそも発生する見込みすらもないであろう他国からの侵略行為とやらに対し、自衛隊などという金食い虫を多額のカネを使って飼い続ける行為が、いかに不毛かつ非効率的なものであるかも分かろうというものだ。
今回の震災における自衛隊の無用な奮闘などにより、本来「自然の摂理」で死すべき人々が生き永らえてしまった「公害問題」には、自然の神々に対して大変申し訳ない思いを抱かずにはいられない。
民主党の仙谷由人氏は、自衛隊を「暴力装置」であると表現したが、自衛隊はまさに自然の神々に対し暴力を働く装置以外の何物でもないのだ。
そこで、今回の震災を機会に自衛隊を解散し、その費用を全て子ども手当てに当てることを提案したい。
ありもしない危機に備えて不毛な組織を維持することよりも、未来ある子どもたちにカネを恵み、世界の平和と自然の尊さを教えていった方が、はるかに健全というものではないだろうか。
自然の神々の怒りを鎮め、日本の明るい未来を築くためにも、自衛隊を全廃するよう民主党には心からお願いしたい。


この記事の内容は全てフィクションであり、実際の事件・団体・個人等とは全くの無関係であり、かつ執筆した作者の本心でもないことを当然のごとくお断りしておきます。
フィクションと現実の区別がつかないコメントについては更なるネタで返信することもございますので、予め御了承下さい。

コメント一覧

未承認 (09/27 11:11) 編集・削除

管理者に承認されるまで内容は表示されません。

未承認 (10/08 16:58) 編集・削除

管理者に承認されるまで内容は表示されません。

未承認 (07/26 07:32) 編集・削除

管理者に承認されるまで内容は表示されません。

不浄な男共を女子大から叩き出せ

不浄な男共を女子大から叩き出せ

投稿者:笛見 奈智江(福岡県福岡市東区 35歳 独身コンサルタント)

東京の清泉女子大学が、東日本大震災で避難生活を送っている男子大学生を学費免除で受け入れることを決定しました。
学校側は「これだけの状況だから、女子大だといって拒むべきではない」として学内を取りまとめたとのことです。
あの不潔で悪臭漂う男共を女子大に入れるなど、神聖にして不可侵である女子大の伝統と格式を揺るがすものであり、如何なる事情があっても到底許されることではありません!!
繊細でデリケートな女性と異なり、粗野で乱暴な男共はどんな汚らしい環境でも問題なく生活できるわけなのですから、公園の片隅にダンボールでも与えて地べたに這い蹲らせておけば良いではないですか!

しかも、とある女性団体から聞いた話によると、避難所で避難生活を送っている女性が男にレイプされるという痛ましい事件が、被災地では多数発生しているのだそうです。
そんな男共を女子大に入れるなど、男共に向かって「レイプして下さい」と自ら誘っているがごとき愚行としか言いようがありません!
性犯罪者およびその予備軍の男共など、生活保障や勉学の機会を与えるどころか、できればこの手で嬲り殺しにしてやりたいくらいです!!
私は清泉女子大学に抗議のFAX&メール攻撃を行いたく思います。
女性の皆さん、この不当な男社会を撲滅すべく、一匹でも多くの男共をこの世から抹殺しましょう!!!


※参考記事
http://megalodon.jp/2011-0407-2126-56/news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4694265.html


この記事の内容は全てフィクションであり、実際の事件・団体・個人等とは全くの無関係であり、かつ執筆した作者の本心でもないことを当然のごとくお断りしておきます。
フィクションと現実の区別がつかないコメントについては更なるネタで返信することもございますので、予め御了承下さい。

九州新幹線は全線破壊すべき

九州新幹線は全線破壊すべき

投稿者:波海 鍾堂(東京都台東区 64歳 自営業)

東日本大震災は、東北地方に多大な被害をもたらした。
地震の威力もさることながら、津波に襲われた地域は何もかも押し流され、軒並み壊滅状態となってしまったのだ。
かくのごとく甚大な被害に見舞われた被災地に対し、私は一片の援助も惜しむものではない。

ところで、このように東北が悲惨な事態を迎えている中、西の果て九州では九州新幹線が全線開業し、長年の悲願が実現されたとお祭り騒ぎだという。
東北地方の方々が被災され苦しんでおられるというのに、それに哀悼の意を表すでもなくお祭り騒ぎとは何事であろうか。
あのような震災が起こったからには、未来永劫にわたって営業を「自粛」するのが正しいあり方というものではないか。
しかも、九州新幹線全線開業をアピールするCM動画は、鹿児島中央駅から博多駅に向けて出発した新幹線に、多数の登場人物が集団になり笑顔で手を振ったりポーズを取ったりする光景がひたすら映し出されるという、何ともおぞまじいシロモノだった。
彼らは1930年代のヒトラーユーゲントを想起させるものがあり、またこの震災をどこ吹く風とばかりに誰もが笑顔を見せる姿に、私は手まで震えるほどの怒りを覚えると共に、戦争の兆候を予感させる軍靴の足音を聞かずにはいられなかった。
こんな時代錯誤な右翼の軍国主義的な産物は、被災者のためにも存在自体絶対に許してはならないであろう。

そこで提案であるが、この際被災者の心情を全国民で共有するためにも、九州新幹線の全線にわたって破壊の限りを尽くし、使用不能にするというのはどうだろう。
東日本大震災でも、同じく全線開業したばかりの東北新幹線が寸断され、被災者達は塗炭の苦しみを味わうことになった。
九州の右翼共にもこの悲嘆を味あわせ、被害を共有させることで、自分達がいかに愚かしい罪を働いたかをその身に思い知らせてやるのだ。
JR九州にとっては経済的なダメージも大きいだろうが、なあに、かえって免疫力がつく。
震災に痛めつけられた被災者達もそれを何よりも望んでいると、私は心の底から信じている。


※参考動画:九州新幹線全線開業180秒CM動画


この記事の内容は全てフィクションであり、実際の事件・団体・個人等とは全くの無関係であり、かつ執筆した作者の本心でもないことを当然のごとくお断りしておきます。
フィクションと現実の区別がつかないコメントについては更なるネタで返信することもございますので、予め御了承下さい。

菅首相は歴史に残る名政治家

菅首相は歴史に残る名政治家

投稿者:金雄 博里(大阪府大阪市生野区 50歳 生活保護者)

東日本大震災という未曾有の災害に直面しつつ政権運営を担っている菅直人首相および彼の内閣が非難の矢面に晒されています。
やれ原発の対応を誤った、やれ被災者に対する救援が疎かになっているなど、その内容は耳に耐えない誹謗中傷の嵐です。
しかし、それが一体何だというのでしょうか?
菅首相はまだ1年も在任しておらず、また誰も経験したことのない空前絶後の災害に直面すれば、何分初めてなこともありますし、多少の誤りや遅延が生じるのもやむをえないことでしょう。
しかも今は非常事態。
国民が一丸となって未曾有の災害に立ち向かっていくべき時期であり、瑣末なことで批判などしている場合ではないのです。
ここは我々国民が、長期的視野かつおおらかな目で暖かく見守っていくべきところなのではないでしょうか。

そんな震災の最中であっても、菅首相は人事面において、将来的に開花する可能性を秘めた有能ぶりを発揮しています。
官房副長官に豪腕な手腕で定評のある仙谷由人氏を採用し、その情報管理の徹底ぶりは周辺諸国からも感嘆の声が上がっています。
また災害ボランティア担当の首席補佐官として辻元清美女史を登用した結果、被災地に救援物資が続々と集積されつつあります。
さらに節電計画等担当相に任命された蓮舫女史は、各地のコンビニを視察して回り、不安に駆られた民衆を鼓舞しています。
適材適所とはまさにこのことであり、菅首相が日本の安全保障を委ねるにふさわしい逸材であることの証明となるでしょう。


さて、そんな菅首相を擁すべき日本が今度絶対にやらなければならないことがあります。
それは隣国にして唯一絶対の友好国である韓国への経済支援です。
2010年8月に、菅首相は談話を発表し、韓国に対する日本の侵略行為を謝罪すると共に、朝鮮王朝儀軌等の朝鮮半島由来の貴重な図書を韓国に返還すると明言しています。
もちろん、日本国内における図書は全て朝鮮に起源を持つわけですが、さすがに韓国もそこまで酷な返還要求は致しません。
その代わり、日本は全国内図書に相当する金額を韓国に自発的に援助することが当然のごとく求められるでしょう。
震災が起こっても、いや起こったからこそ、日本は韓国に対し過去の贖罪も兼ねた経済援助を行わなければならないのです。
それが「両国の成熟した外交関係」であり「両国間で交わされた約束の重み」というものなのではないでしょうか。


ちなみに、私は純然たる日本人です。


この記事の内容は全てフィクションであり、実際の事件・団体・個人等とは全くの無関係であり、かつ執筆した作者の本心でもないことを当然のごとくお断りしておきます。
フィクションと現実の区別がつかないコメントについては更なるネタで返信することもございますので、予め御了承下さい。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ

キーワード検索

検索フォーム

PR&オススメ