記事一覧

今こそ自衛隊の即時全廃を

今こそ自衛隊の即時全廃を

投稿者:頭ヶ丘 椎蔵(広島県広島市西区 58歳 教師)

東日本大震災に際して、民主党の事業仕分けに批判的な声が相次いでいる。
主に子ども手当てを捻出するために、原発のメンテナンス費用や災害対策予備費を削ったことが、震災の被害を拡大させたとするものだ。
だが、今回の震災は1000年に一度の規模と言われており、そのたった一度、しかもいつ来るか分からない災害の対策に莫大なカネを投入するなど、コストパフォーマンスの浪費もはなはだしい。
もし万が一、そのような災害が発生した際は、「これも自然の摂理」と素直に諦め、大人しく災害の犠牲になって全財産どころか生命をも投げ捨ててしまうのが、国家のムダを失くすために行うべき正しい国民のあり方というものだろう。
その点で民主党のやったことは何ら間違ったことではないと言える。


この考えをさらに拡大すれば、いつ来るか分からないどころかそもそも発生する見込みすらもないであろう他国からの侵略行為とやらに対し、自衛隊などという金食い虫を多額のカネを使って飼い続ける行為が、いかに不毛かつ非効率的なものであるかも分かろうというものだ。
今回の震災における自衛隊の無用な奮闘などにより、本来「自然の摂理」で死すべき人々が生き永らえてしまった「公害問題」には、自然の神々に対して大変申し訳ない思いを抱かずにはいられない。
民主党の仙谷由人氏は、自衛隊を「暴力装置」であると表現したが、自衛隊はまさに自然の神々に対し暴力を働く装置以外の何物でもないのだ。
そこで、今回の震災を機会に自衛隊を解散し、その費用を全て子ども手当てに当てることを提案したい。
ありもしない危機に備えて不毛な組織を維持することよりも、未来ある子どもたちにカネを恵み、世界の平和と自然の尊さを教えていった方が、はるかに健全というものではないだろうか。
自然の神々の怒りを鎮め、日本の明るい未来を築くためにも、自衛隊を全廃するよう民主党には心からお願いしたい。


この記事の内容は全てフィクションであり、実際の事件・団体・個人等とは全くの無関係であり、かつ執筆した作者の本心でもないことを当然のごとくお断りしておきます。
フィクションと現実の区別がつかないコメントについては更なるネタで返信することもございますので、予め御了承下さい。

トラックバック一覧

この記事のトラックバックURL
http://www.tondemo.info/blog/diary-tb.cgi/10
未承認 from 未承認
管理者に承認されるまで内容は表示されません。
2014年09月09日(火)12時01分 受信
未承認 from 未承認
管理者に承認されるまで内容は表示されません。
2014年09月12日(金)20時10分 受信
未承認 from 未承認
管理者に承認されるまで内容は表示されません。
2014年09月15日(月)12時07分 受信
未承認 from 未承認
管理者に承認されるまで内容は表示されません。
2014年09月18日(木)03時19分 受信
未承認 from 未承認
管理者に承認されるまで内容は表示されません。
2014年09月19日(金)02時45分 受信
未承認 from 未承認
管理者に承認されるまで内容は表示されません。
2014年10月01日(水)13時24分 受信
未承認 from 未承認
管理者に承認されるまで内容は表示されません。
2014年10月04日(土)04時01分 受信
未承認 from 未承認
管理者に承認されるまで内容は表示されません。
2014年11月14日(金)21時43分 受信
未承認 from 未承認
管理者に承認されるまで内容は表示されません。
2014年12月26日(金)14時29分 受信
未承認 from 未承認
管理者に承認されるまで内容は表示されません。
2015年08月09日(日)14時51分 受信
未承認 from 未承認
管理者に承認されるまで内容は表示されません。
2016年04月28日(木)10時40分 受信

コメント一覧

未承認 2014年09月27日(土)11時11分 編集・削除

管理者に承認されるまで内容は表示されません。

未承認 2014年10月08日(水)16時58分 編集・削除

管理者に承認されるまで内容は表示されません。

未承認 2016年07月26日(火)07時32分 編集・削除

管理者に承認されるまで内容は表示されません。

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
投稿キー
投稿キーには「0205」と入力してください。(スパム対策。)
削除キー