記事一覧

とある新興宗教達のありがたい説法

原発反対教が説く説法

命と利便性、どちらを取りますか?
原発は自分が考えるとしたら罪ですね。
私は人類が犯した罪を償う為に原発の反対活動をするつもりです。
原発に賛成するあなたは愛をもって生きていますか?
何を恐れていますか?
その前にあなたは自由ですか?
私よりも数段心が弱っています。
時限爆弾が日本中に置いてあると思うと、私の気持ちはわかって頂けると思います。
放射能事故を起こす原発の容認自体をもう一度繰り返す程、愚かな人間ばかりでないことを祈ります。
もう一度言います。お金はあなたを愛してくれますか?


自動車社会反対教が説く説法

命と利便性、どちらを取りますか?
自動車社会は自分が考えるとしたら罪ですね。
私は人類が犯した罪を償う為に自動車社会の反対活動をするつもりです。
自動車社会に賛成するあなたは愛をもって生きていますか?
何を恐れていますか?
その前にあなたは自由ですか?
私よりも数段心が弱っています。
時限爆弾が日本中に置いてあると思うと、私の気持ちはわかって頂けると思います。
自動車事故を頻発する自動車社会の推進をもう一度繰り返す程、愚かな人間ばかりでないことを祈ります。
もう一度言います。お金はあなたを愛してくれますか?


飛行機反対教が説く説法

命と利便性、どちらを取りますか?
飛行機は自分が考えるとしたら罪ですね。
私は人類が犯した罪を償う為に飛行機を全廃する活動をするつもりです。
飛行機に賛成するあなたは愛をもって生きていますか?
何を恐れていますか?
その前にあなたは自由ですか?
私よりも数段心が弱っています。
時限爆弾が日本中に置いてあると思うと、私の気持ちはわかって頂けると思います。
墜落事故を起こす飛行機の製造&使用をもう一度繰り返す程、愚かな人間ばかりでないことを祈ります。
もう一度言います。お金はあなたを愛してくれますか?


タバコ反対教が説く説法

命と利便性、どちらを取りますか?
タバコは自分が考えるとしたら罪ですね。
私は人類が犯した罪を償う為にタバコを全廃する活動をするつもりです。
タバコに賛成するあなたは愛をもって生きていますか?
何を恐れていますか?
その前にあなたは自由ですか?
私よりも数段心が弱っています。
時限爆弾が日本中に置いてあると思うと、私の気持ちはわかって頂けると思います。
発ガン性を持つタバコの吸引をもう一度繰り返す程、愚かな人間ばかりでないことを祈ります。
もう一度言います。お金はあなたを愛してくれますか?


アルコール飲料反対教が説く説法

命と利便性、どちらを取りますか?
ビールや酒等のアルコール飲料は自分が考えるとしたら罪ですね。
私は人類が犯した罪を償う為にアルコール飲料を全廃する活動をするつもりです。
アルコール飲料に賛成するあなたは愛をもって生きていますか?
何を恐れていますか?
その前にあなたは自由ですか?
私よりも数段心が弱っています。
時限爆弾が日本中に置いてあると思うと、私の気持ちはわかって頂けると思います。
人をアルコール中毒に追いやる飲酒をもう一度繰り返す程、愚かな人間ばかりでないことを祈ります。
もう一度言います。お金はあなたを愛してくれますか?


結婚反対教が説く説法

命と利便性、どちらを取りますか?
結婚は自分が考えるとしたら罪ですね。
私は人類が犯した罪を償う為に結婚を全廃する活動をするつもりです。
結婚に賛成するあなたは愛をもって生きていますか?
何を恐れていますか?
その前にあなたは自由ですか?
私よりも数段心が弱っています。
時限爆弾が日本中に置いてあると思うと、私の気持ちはわかって頂けると思います。
「人生の墓場」である結婚をもう一度繰り返す程、愚かな人間ばかりでないことを祈ります。
もう一度言います。相方はあなたを愛してくれますか?


この記事の内容は全てフィクションであり、実際の事件・団体・個人等とは全くの無関係であり、かつ執筆した作者の本心でもないことを当然のごとくお断りしておきます。
フィクションと現実の区別がつかないコメントについては更なるネタで返信することもございますので、予め御了承下さい。

九州新幹線は全線破壊すべき

九州新幹線は全線破壊すべき

投稿者:波海 鍾堂(東京都台東区 64歳 自営業)

東日本大震災は、東北地方に多大な被害をもたらした。
地震の威力もさることながら、津波に襲われた地域は何もかも押し流され、軒並み壊滅状態となってしまったのだ。
かくのごとく甚大な被害に見舞われた被災地に対し、私は一片の援助も惜しむものではない。

ところで、このように東北が悲惨な事態を迎えている中、西の果て九州では九州新幹線が全線開業し、長年の悲願が実現されたとお祭り騒ぎだという。
東北地方の方々が被災され苦しんでおられるというのに、それに哀悼の意を表すでもなくお祭り騒ぎとは何事であろうか。
あのような震災が起こったからには、未来永劫にわたって営業を「自粛」するのが正しいあり方というものではないか。
しかも、九州新幹線全線開業をアピールするCM動画は、鹿児島中央駅から博多駅に向けて出発した新幹線に、多数の登場人物が集団になり笑顔で手を振ったりポーズを取ったりする光景がひたすら映し出されるという、何ともおぞまじいシロモノだった。
彼らは1930年代のヒトラーユーゲントを想起させるものがあり、またこの震災をどこ吹く風とばかりに誰もが笑顔を見せる姿に、私は手まで震えるほどの怒りを覚えると共に、戦争の兆候を予感させる軍靴の足音を聞かずにはいられなかった。
こんな時代錯誤な右翼の軍国主義的な産物は、被災者のためにも存在自体絶対に許してはならないであろう。

そこで提案であるが、この際被災者の心情を全国民で共有するためにも、九州新幹線の全線にわたって破壊の限りを尽くし、使用不能にするというのはどうだろう。
東日本大震災でも、同じく全線開業したばかりの東北新幹線が寸断され、被災者達は塗炭の苦しみを味わうことになった。
九州の右翼共にもこの悲嘆を味あわせ、被害を共有させることで、自分達がいかに愚かしい罪を働いたかをその身に思い知らせてやるのだ。
JR九州にとっては経済的なダメージも大きいだろうが、なあに、かえって免疫力がつく。
震災に痛めつけられた被災者達もそれを何よりも望んでいると、私は心の底から信じている。


※参考動画:九州新幹線全線開業180秒CM動画


この記事の内容は全てフィクションであり、実際の事件・団体・個人等とは全くの無関係であり、かつ執筆した作者の本心でもないことを当然のごとくお断りしておきます。
フィクションと現実の区別がつかないコメントについては更なるネタで返信することもございますので、予め御了承下さい。

映画「SP 革命篇」が自粛の危機に直面?

現在、全国の映画館で「SP 革命篇」が劇場公開されており、震災の影響で客足が悪いながらも好評を博しているが、これが意外なところで波紋を広げている。何と、「この映画は自粛するべきだ!」との声が永田町から出ているというのだ。

「SP 革命篇」はフジテレビ系列で放送されていたTVドラマ「SP 警視庁警備部警護課第四係」の映画版。大好評を博したこの番組は続編が2部作の映画として公開され、「革命篇」は前作「野望篇」に続くシリーズ最終章として位置づけられている。V6の岡田准一や堤真一といった実力派キャストの熱演にも支えられ、異色の作品として人気が高い。

この映画の一体どこがマズいというのだろうか? 政府関係者は「国会議事堂がSPに占拠されていくシーンや、総理や国会議員に銃を突きつける描写に危機感を抱いた」と指摘する。

「『SP 革命篇』では、拳銃1丁しか手にしていないSP達が国会議事堂を占拠していく過程が描かれていますが、これは現在の国会議事堂の警備体制がそのまま描写されており、テロに利用される恐れがあります。また、SPが総理に拳銃を突きつける描写を見た菅首相が『俺も殺されるかも』とショックで寝込んでしまいまして」(政府関係者)

実際、「SP 革命篇」は海外でも注目されており、各国の政府やテロ組織の関係者達も、日本の国会襲撃の際の参考になると太鼓判を押している。

また、震災前から尖閣諸島問題や外国人献金問題で支持率を急落させ、震災後も存在感のない対応ぶりで国民から愛想を尽かされている菅首相および民主党政権は、野党や自衛隊他様々な組織からクーデターを引き起こされる危険性を多分に内包している。しかもその際には、クーデターの首謀者達が国民からの熱狂的な歓呼と支持で迎えられる可能性も極めて高い。

菅首相はSPの身辺調査を強化するよう指示すると共に、SPに対し武器の携帯を自粛するよう求め、さらに「テロリストが襲撃してきても撤退などあり得ない。覚悟を決めてほしい。撤退した時には内閣は100%潰れる」と怒鳴りつけるなど対応に追われているが、「本当に菅首相に安心してもらうためには、『SP 革命篇』の公開を自粛してもらうしかない」(政府関係者)との声も根強い。

今後の劇場公開のみならず、DVDの発売等も含めた「SP 革命篇」の動向がどうなるのか、物議を醸すことになりそうだ。


この記事の内容は全てフィクションであり、実際の事件・団体・個人等とは全くの無関係であり、かつ執筆した作者の本心でもないことを当然のごとくお断りしておきます。
フィクションと現実の区別がつかないコメントについては更なるネタで返信することもございますので、予め御了承下さい。

何でも「自粛」させられる魔法の言葉

イベントの開催「自粛」

「東日本大震災の発生により、急遽イベントの開催を中止することが決定しました」
「まあ仕方ないな、被災地の人達は悲惨な生活を強いられているのだし、その心情を思えば……」
「せっかく楽しみにしていたのに」
「イベントを当てにして稼ぐ予定だった利益が全てなくなった、うちは倒産だ……」


映画の劇場公開「自粛」

「被災者に対する配慮から、この映画の上映は中止、あの映画は公開延期されました」
「まあ仕方ないな、被災地の人達は悲惨な生活を強いられているのだし、その心情を思えば……」
「せっかく楽しみにしていたのに」
「良い機会だから、地震や津波・水難事故や都市壊滅等の描写がある映画は全て表現規制させよう」


花見の「自粛」

「被災者に配慮して、花見は自粛して下さい。戦時中は皆素晴らしかった」
「まあ仕方ないな、被災地の人達は悲惨な生活を強いられているのだし、その心情を思えば……」
「何故花見まで規制されなければならないんだ」
「戦時中のどこが素晴らしいんだ」
「あいつは気に食わない」


被災者の声を「自粛」

「自粛なんかするより、地元特産のお酒を買って下さい、その方が復興支援にもなります」
「他ならぬ被災者自身もこう言っているのですが」
「自粛反対!」
「無視無視」
「俺たちの都合&気分が乗らないから自粛しているのであって、お前らの都合など知ったことではないわ」
「電力不足でロクな企業活動ができないのが自粛の本当の理由です」


男女の付き合いを「自粛」

「あなたが好きです」
「ごめん、被災者に配慮して、私達別れましょう」
「ならば被災者に配慮して私と一緒に死のう」


企業活動を「自粛」

「被災者に対する配慮から、会社のリストラを行います。あなたクビ」
「私も被災者に配慮して会社を辞めます」
「まあ仕方な……いわけねぇだろ!」


生命活動を「自粛」

「生きていること自体被災者に申し訳ないから、死んだ被災者に配慮し、皆死のう」
「私も死ぬ」
「ひとりでやれよ!」


※参考動画


この記事の内容は全てフィクションであり、実際の事件・団体・個人等とは全くの無関係であり、かつ執筆した作者の本心でもないことを当然のごとくお断りしておきます。
フィクションと現実の区別がつかないコメントについては更なるネタで返信することもございますので、予め御了承下さい。

菅首相は歴史に残る名政治家

菅首相は歴史に残る名政治家

投稿者:金雄 博里(大阪府大阪市生野区 50歳 生活保護者)

東日本大震災という未曾有の災害に直面しつつ政権運営を担っている菅直人首相および彼の内閣が非難の矢面に晒されています。
やれ原発の対応を誤った、やれ被災者に対する救援が疎かになっているなど、その内容は耳に耐えない誹謗中傷の嵐です。
しかし、それが一体何だというのでしょうか?
菅首相はまだ1年も在任しておらず、また誰も経験したことのない空前絶後の災害に直面すれば、何分初めてなこともありますし、多少の誤りや遅延が生じるのもやむをえないことでしょう。
しかも今は非常事態。
国民が一丸となって未曾有の災害に立ち向かっていくべき時期であり、瑣末なことで批判などしている場合ではないのです。
ここは我々国民が、長期的視野かつおおらかな目で暖かく見守っていくべきところなのではないでしょうか。

そんな震災の最中であっても、菅首相は人事面において、将来的に開花する可能性を秘めた有能ぶりを発揮しています。
官房副長官に豪腕な手腕で定評のある仙谷由人氏を採用し、その情報管理の徹底ぶりは周辺諸国からも感嘆の声が上がっています。
また災害ボランティア担当の首席補佐官として辻元清美女史を登用した結果、被災地に救援物資が続々と集積されつつあります。
さらに節電計画等担当相に任命された蓮舫女史は、各地のコンビニを視察して回り、不安に駆られた民衆を鼓舞しています。
適材適所とはまさにこのことであり、菅首相が日本の安全保障を委ねるにふさわしい逸材であることの証明となるでしょう。


さて、そんな菅首相を擁すべき日本が今度絶対にやらなければならないことがあります。
それは隣国にして唯一絶対の友好国である韓国への経済支援です。
2010年8月に、菅首相は談話を発表し、韓国に対する日本の侵略行為を謝罪すると共に、朝鮮王朝儀軌等の朝鮮半島由来の貴重な図書を韓国に返還すると明言しています。
もちろん、日本国内における図書は全て朝鮮に起源を持つわけですが、さすがに韓国もそこまで酷な返還要求は致しません。
その代わり、日本は全国内図書に相当する金額を韓国に自発的に援助することが当然のごとく求められるでしょう。
震災が起こっても、いや起こったからこそ、日本は韓国に対し過去の贖罪も兼ねた経済援助を行わなければならないのです。
それが「両国の成熟した外交関係」であり「両国間で交わされた約束の重み」というものなのではないでしょうか。


ちなみに、私は純然たる日本人です。


この記事の内容は全てフィクションであり、実際の事件・団体・個人等とは全くの無関係であり、かつ執筆した作者の本心でもないことを当然のごとくお断りしておきます。
フィクションと現実の区別がつかないコメントについては更なるネタで返信することもございますので、予め御了承下さい。

第2ブログオープン

本日より、奇説珍説博物館ウェブサイト内に第2ブログを正式にオープンさせることに致しました。


このブログの主な役割はネタ記事投稿およびネタの紹介。
ネタ記事投稿については、リンク集の「ネタとして楽しむサイト」先に掲載されている記事に相当する物語・コラム・新聞の読者投稿的な文章を、その時々の時事ネタや話題に合わせて書き綴っていく、という方針で運用することになります。
記事末尾には「この記事はフィクションであり…」という文言が自動挿入され、それがネタであることが誰の目にも分かるような処置を常に施します。
逆に言えば、この文言が挿入されていない記事は「ネタではない」ということになります。

またネタの紹介については、実際に存在するトンデモ記事や笑えるネタを紹介する、という形になります。

なお、このブログではWebレイアウト&SEO研究実験も兼ねてアフィリエイトが導入されています。
画面左側の欄と全ての記事下段にPRが表示されます。


各ブログ記事に対するトラックバックおよびコメントは、スパム等の荒らし行為を除き自由に行って頂いてかまいません。
送信したトラックバックおよび投稿したコメントは、管理人承認の必要なくすぐさま記事に反映されます(反映されない場合はキャッシュが残っている可能性があるので、ページの更新を行ってみて下さい)。


当ブログがどのような場と雰囲気を持つことになるのかは、実は作った本人すら全く分からなかったりするのですが(^^;;)。
姉妹サイトとなるタナウツネット雑記ブログとは、あらゆる点で正反対の主旨になるかと思いますが、こちらのブログもどうぞよろしくお願い致します。

ページ移動

キーワード検索

検索フォーム

PR&オススメ