山本弘トンデモ資料展
2003年度版9−E


前のページへ このコンテンツの
年度別一覧ページへ
次のページへ

議論について

  議論について 山本弘 2003/09/07 14:43:53 
  詭弁的相殺法 MonoCode 2003/09/07 15:18:40 
  管理人WhiteNOVA様2003/09/07 17:18:57 
  追記2003/09/07 17:34:15 
  確かに White NOVA 2003/09/07 22:33:48 
  久しぶりに覗いて見たら…… 山本弘 2003/09/09 16:49:33 
  山本先生 White NOVA 2003/09/10 01:06:33 
  私は貴方達の知っている山本弘ではない 山本弘 2003/09/10 13:21:10 
  流刑体かよ(笑)2003/09/10 20:25:30 
  「並行宇宙のもう一人の山本弘」氏は、 White NOVA 2003/09/11 02:35:52 

  議論について 山本弘 2003/09/07 14:43:53  ツリーへ

議論について
山本弘 2003/09/07 14:43:53
何だか皆さんと議論するのは時間の無駄に感じられてきました。
いいかげんにして下さい。僕の言う事が理解していだだけない方が増えていますので、このような方達と議論するのは徒労で時間の無駄です。
最後にくれぐれもこれからは脳内補完にご意下さい。お願いします。

  詭弁的相殺法 MonoCode 2003/09/07 15:18:40  ツリーへ

Re: 議論について
MonoCode 2003/09/07 15:18:40
詭弁的相殺法

 「脳内補完による擁護」というのは、『詭弁論理学』(野崎昭弘/中公新書)にある「詭弁的相殺法」ですね。

『詭弁論理学』67〜68ページより
>このような、「……とも考えられる」とか「……かもしれない」という論法は、詭弁的相殺法になりやすいものである。ひとつやふたつ反駁されても、次から次へと新説を並べてウヤムヤにしてしまおうとする作戦なら、それは紛れもない詭弁である。もちろん「……とも考えられる」という説が、学問的にも現実性のあるものであれば、それは貴重な反論として、真剣にとりあげられなければならない。しかし、ただ論理的・抽象的可能性としてありうるだけで、「多分そうだろう」という現実性・蓋然性を無視した説にこだわるのは、本人が主観的にどういうつもりで述べていようと、詭弁といわれても仕方ない。

 これについて、特に気を付けるべきは以下の2点でしょう。
 「ひとつやふたつ反駁されても、次から次へと新説を並べる」
 「現実性・蓋然性を無視した説にこだわる」

  管理人WhiteNOVA様2003/09/07 17:18:57  ツリーへ

Re: 議論について
2003/09/07 17:18:57
管理人White NOVA様

この「議論について」の文章は、山本弘先生御本人が書かれた物ではないと思われます。
そう考える根拠としましては、現在御本人の掲示板を運営停止にしている状態なのにこちらに無理をしてまで書き込む理由がない事と、他の御発言には忘れずに書き入れているHPアドレスが入っていない事。

> 脳内補完にご意下さい

これだけの短文中で、「ご注意下さい」、と書くところを「注」の字だけを書き入れ忘れる、もしくは誤って削除したままにしてしまう。そんなミスを文章のプロである山本先生がなされるとは思えない事。

何よりも、後先をお考えにならず、疑問や疑念にも応えず、ただ言いたい事だけを言って議論を打ち切り逃げようとする、このような軽蔑にしか値しない行動を、他者に対して批判したり突っ込みを入れたりする事で書籍を何冊もお書きになっておられる山本先生御本人であれば、誇りに賭けても示されるはずが無い事です。
White NOVA様も、他の皆様も、そこには一切の疑念無くご同意頂けるものと思います。

他者の名前を騙っての書き込みが横行しては、掲示板そのものの信用に関わります。
管理に一切の権限を持たない者に言われてはかえって迷惑かと理解しておりますが、それでもなお、削除、あるいは厳重注意が妥当かと考えます。

  追記2003/09/07 17:34:15  ツリーへ

Re: 管理人WhiteNOVA様
2003/09/07 17:34:15
追記
山本先生は、段落に分けた文頭の書き出しを必ず一文字分空けておられます。

 このように。
プロとしての本能であり常識でしょうから、これを間違える事はあり得ません。

こちらの自称・山本弘氏はそれを忘れて、あるいは気が付かずに書いてしまったようですね。

  確かに White NOVA 2003/09/07 22:33:48  ツリーへ

Re: 追記
White NOVA 2003/09/07 22:33:48
確かに

 この「自称・山本弘」は偽者ですね。
 IPが全く異なっていました。

 犬さん、忠告ありがとうございます。
 スレッドごと削除しようかとも思いましたが、しばらく「こういう悪質なことをする輩」がいた証拠のために、残しておきます。
 あまりにひどいようだと、書き込み停止処分を行いたいです。

  久しぶりに覗いて見たら…… 山本弘 2003/09/09 16:49:33  ツリーへ

Re: 議論について
山本弘 2003/09/09 16:49:33
 久しぶりに覗いて見たら……
 偽者かよ!(笑)
 この掲示板、自分でもヒートアップしてるのがまずいと反省し、頭を冷やそうと、9月2日以降、しばらく近づくのを避けてたんですが、その間にこんなことになってたとは。
 というわけで、9月7日の発言は僕じゃありません。だいたい、その日は東京でと学会の例会に出席してて、一日中、パソコンに触ってもいません。
 それにしても、僕の評判を落とすために、こんな姑息な嫌がらせをするというのは、「自分はまともに議論しても勝てません」って自白してるようなもんなんだけどな。なんでそれが分からないかな。
 まったくなー、世の中にはこういう奴がいるんだよな……(しみじみ)。

  山本先生 White NOVA 2003/09/10 01:06:33  ツリーへ

Re: 久しぶりに覗いて見たら……
White NOVA 2003/09/10 01:06:33
山本先生

 快く確認いただいて、幸いです。
 ただ、ご迷惑なようでしたら、スレッドごと削除しますので、その時は気がねなく、おっしゃってください。

PS:それにしても、「成りすまし」って、本人が現れたり、管理人がちょっと確認したら、簡単にバレるのになあ。
 で、自分の個人情報の一部を残して帰ってるわけだし。
 「アンチ」の人の目から見ても、決して賢いやり方には見えないんじゃないかなあ、と思いつつ。

  私は貴方達の知っている山本弘ではない 山本弘 2003/09/10 13:21:10  ツリーへ

Re: 山本先生
山本弘 2003/09/10 13:21:10
私は貴方達の知っている山本弘ではない

しかし、私は貴方達を知らない。
私は並行宇宙のもう一人の山本弘であります。
山本弘は無数に存在するのであります。
私は並行宇宙を研究するにあたって、多くの宇宙では私が議論に打ち勝っていました。つまり、私が負ける宇宙などあってはならないのだ!!
私はこの宇宙に干渉しました。すると『脳内補完にご注意』という議論でこの宇宙の山本弘はこの議論に負けているような危うい状態だと判明した。私はコベルソーン・エンジンを使ったVR装置でこの宇宙に干渉しました。この装置は無数に存在する並行宇宙の中から可能性を見つけ出すのだ。『脳内補完にご注意』という議論で山本弘が負ければこの宇宙は無かったこととして存在自体が消去されてしまう。だから私は宇宙を正しにやって来たのだ!!

  流刑体かよ(笑)2003/09/10 20:25:30  ツリーへ

Re: 私は貴方達の知っている山本弘ではない
2003/09/10 20:25:30
流刑体かよ(笑)
ずっとROMだけしてたんですが思わず吹き出してしまいました。
みんなまじめに議論してるのにそりゃないだろ(笑)
しかし、この宇宙にすでに「山本弘」がいる以上あなたは山本弘以外の何かへの「変質」を免れえないのでは?

  「並行宇宙のもう一人の山本弘」氏は、 White NOVA 2003/09/11 02:35:52  ツリーへ

Re: 私は貴方達の知っている山本弘ではない
White NOVA 2003/09/11 02:35:52
「並行宇宙のもう一人の山本弘」氏は、

 どうやら、まともに議論する意志も能力も持ち合わせていないと判断して、書き込み停止処分を行いました。
 さようなら。


前のページへ このコンテンツの
年度別一覧ページへ
次のページへ

殿堂入り作品一覧へ 奇説珍説博物館
トップページへ
部門別トンデモ特別賞へ