山本弘トンデモ資料展
2004年度版9−G


前のページへ このコンテンツの
年度別一覧ページへ



場外乱闘掲示板



No. 202
リクエスト
S.K 2004/08/05 00:33:06
>冒険風ライダーさん

「歌詞のトンデモ#」「レンズ&難破船問題」にどんないかしたキャプションがつくのか今から楽しみです。
しかしクリティカルな展開でしたね(まだ最中なのは最中ですが)。


No. 203
私も楽しみです。
??? 2004/08/05 11:28:11
「歌詞のトンデモ#」について。

 KURZ氏のネタふりが、


★ 歌詞のトンデモ / KURZ [ Home ] 引用

 トンデモ。それは作者が意図したものとは別の意味で楽しめるもの。
 音楽には曲がありリズムがあり、ノリや雰囲気で歌詞のトンデモを見逃してしまうことはないだろうか。



 なんですよね〜。

 で、管理人たる山本氏のレス


☆ Re: 歌詞のトンデモ / 山本弘 [近畿] 引用

 ヤバいといえば、「アフロ軍曹」も聞きようによってはヤバいなあ……。

 古い特撮ソングだと、

●『レッドバロン』の主題歌「飛べ!宇宙のレッドバロン」
 歌詞が日本語になってません(^^;)。

●『鉄人28号』(実写版)主題歌
「原子」で「ピカピカ」はまずいのでは?

●『少年ケニヤ』(テレビ版)主題歌
 赤アリやトカゲに向かっていばるなあ!
 普通は「ライオン」とか「毒蛇」が入るべきじゃないんでしょうか。

 あと、前にモンドTVでも言ったけど、『TACの歌』の2番はすごく変です。『TACのワンダバ一週間』も。


 「アフロ軍曹」は知らないので置いときますが、『レッドバロン』、『鉄人28号』、『少年ケニヤ』は、「作者が意図したものとは別の意味で楽しめるもの」じゃなく、ただ単に歌詞に対しての突っ込みになんですよね。
 山本氏の理解力の限界を再認識した瞬間でした。

 とりあえず、「歌詞のトンデモ#」&「レンズ&難破船問題」は、山本氏の「自らの価値観に同意できない人はバカ」という基準と、「管理人として」と「一参加者」としてを「都合よく使い分ける人」であることがよく判るスレだと思います。

 どんなキャプションがつくのやら?
 期待して待ってます!


No. 204
アフロ軍曹
モトラ 2004/08/05 18:41:16
”敵は金髪でストレート”
ヤバいというのは、このフレーズでしょうか。
同じ髪型の人がいじめられる、とでも
思っているのかしらん。

6〜8日まで掲示板を閉鎖し、ほとぼりを
冷まして逃げ切りを図るつもりのようですが
どうなることやら。


No. 205
サイト更新のお知らせ
冒険風ライダー(館長) 2004/08/06 04:45:31
 サイトの更新を行いました。
 更新内容は以下の通りです。

奇説珍説博物館 〜山本弘トンデモ資料展〜
・新規コンテンツ「トンデモはどっち? 天然ピエロの歌詞ツッコミ」を追加


 ……しかしまあ、今回の山本板での騒動は、3度のアルマゲ論争・タイムライン問題・神沈逃亡事件に並ぶ金字塔的な最高傑作となってくれましたね(笑)。もちろん、それでこそ山本弘なのであり、「優秀なネタ製造機」としての面目躍如なのですけど(爆)。


No. 206
お疲れ様です。
??? 2004/08/06 13:59:55
 館長殿はじめみなさん今日は。

館長殿へ

 ナイスです!
 お茶噴出してしまいました。

モトラさんへ

 「アフロ軍曹」
 やはり、「作者が意図したものとは別の意味で楽しめるもの」じゃなく、歌詞へのツッコミ歌詞へのツッコミかもしれないのですか。
 ありがとうございます。

< 6〜8日まで掲示板を閉鎖し、ほとぼりを
冷まして逃げ切りを図るつもりのようですが
どうなることやら。>

 遥か遠くから生暖かい目で見守ることにします。


No. 207
サイト更新お疲れ様です
千春 2004/08/06 16:36:04
 館長さま、更新お疲れ様です。
 かの人の醜態はまぁ、いつもどおりだとして…。

 <6〜8日まで掲示板を閉鎖し、ほとぼりを冷まして逃げ切りを図るつもりのようですがどうなることやら。>

 ようするにかの人は「自分の直接の監視下にない発言は許さない」と仰りたい様で。
 こういう人が戦中の日本の体制を批判してるんだから、なんともまぁ…。


No. 208
相変わらずですね〜。
ポルトエシュタード 2004/08/06 22:34:40
 普通の人なら、グース氏の件をどうにかしない限り、彼の言葉には何も説得力を感じないでしょう。以前は彼の投稿を見ると腹を抱えて笑ったものですが、最近、何か哀れに思えてなりません。彼にも彼の信者にも・・・。

 彼らに一言言いたい。『ポマエラ、そこまで自分を貶めてどうするよ(笑)。』


No. 209
何なのだろ、あれ
不沈戦艦 2004/08/07 17:12:30
> 今回の山本板での騒動は、3度のアルマゲ論争・タイムライン問題・神沈逃亡事件に並ぶ金字塔的な最高傑作

 何度同じことを繰り返して恥を掻けば気が済むんですかねぇ。どうやったらあそこまで自分だけを「過ちのない絶対的存在」として、特別扱いできるんでしょうか。普通の人なら、恥ずかしくてそんなこと到底できませんよ。

 それと、「本人のいないところでの陰口はOKだが、居るところでは駄目」には爆笑させていただきました。商業出版という行為を「本人のいないところでの陰口」と認識している「プロ作家」が、他に居るんでしょうか?


No. 210
終わりの方のコレ・・・・
不沈戦艦 2004/08/07 17:20:23
 面白すぎでしたね。ここまで言うか、と。


>  実は犬を叱ってる最中に、尻尾を丸めて犬小屋に閉じこもってしまって、それがかなり痛かったです。
>  「卑屈にさせずに済むんなら、それが一番いい」と友人にも言われてしまって、「そうだよね、お前の言う通りだよ」と、犬に謝ってしまいました。つーか、悪い事したからって、犬が卑屈になるまで追い詰めるのは良くないって事を、すっかり忘れてた。
>  もっともうちの犬は何度も同じ事を繰り返します。やっぱり年を取ってボケてきてるのかな。


No. 211
いやはや
平松重之 2004/08/08 02:04:22
>今回の山本板での騒動

 最初からずっとリアルタイムで見てはいましたが……何と言うか、ツッコミ所を満載し過ぎて見事に沈没していますね、山本氏(^^;)。

<それと、「本人のいないところでの陰口はOKだが、居るところでは駄目」には爆笑させていただきました。商業出版という行為を「本人のいないところでの陰口」と認識している「プロ作家」が、他に居るんでしょうか?>

 山本氏は『トンデモ本の逆襲』(洋泉社・1996年)のP153で次のように書いています。

<前著『トンデモ本の世界』を出版したとき、実は内心ビクビクしていた。取り上げた本の著者から「よくも俺のことをおちょくりやがって」という抗議が殺到するのではないかと予想していたのである。>

 この文章を読む限り、山本氏は『取り上げた本の著者から「よくも俺のことをおちょくりやがって」という抗議が殺到する』のを前提に、そういった本を世に送り出していたとしか思えないのですが…。


No. 212
山本氏の掲示板
茨木童子 2004/08/09 19:05:53
どうやら再開されたようですが、終了宣言後の投稿に対するレッドカードの乱発と、かなりの暴挙を行っているようですね。

それにしても、

>確かに僕の方にも反省すべき点はたくさんありました。
>だから、こちらが刀を納めれば、争いをやめ、
>歩み寄れるのではないかと思ったからです。
(No.20625より)

単に「刀を納める」だけで治まると本気で思っていたのでしょうか?


No. 213
サイト更新&色々雑感
冒険風ライダー(館長) 2004/08/12 01:29:18
>山本板の喜劇
 あのキチガイ会長も、いいかげん「自分の公刊物やWeb上の主張・発言は常に他人に見られている」という事実認識を、ほんの少しでも持った方が良いと思うのですけどね〜(>_<)。私もまさか、山本弘の立場であのような「陰口肯定論」が主張できるとは思ってもみませんでしたよ(苦笑)。
 しかも自業自得な妄言の数々によって収拾がつかなくなると、独裁者的な強権発動でスレッドを無理矢理制圧した挙句、「仲良く楽しくやっていけるはずです」「争っても嫌な気分になるだけで、ちっとも楽しくなんかないってことは、今回の件で痛いほど思い知りました」とまで堂々とのたまえるのですから、なかなかどうして、その面の皮の厚さだけは誰にも真似のできない非凡なシロモノであると言わざるをえません(笑)。
 無用な争いを不必要に仕掛けて他者を挑発し、「仲良く楽しくやって」いけないようにしているのは一体誰なのか、少しは自分を振り返って考えてみるべきなのではないか……と正面切って本人に言ってみたところで時間と労力の無駄にしかならないのでしょうけどね(爆)。


前のページへ このコンテンツの
年度別一覧ページへ

殿堂入り作品一覧へ 奇説珍説博物館
トップページへ
部門毎ガセビア作品賞へ