山本弘トンデモ資料展
2005年度版2−M


前のページへ このコンテンツの
年度別一覧ページへ
次のページへ

No.26384に関するスレッドです

ガンダムSEEDデスティニー  その12 / 砂上城 引用

泣いても笑っても、いよいよ物語は最終局面へ。
彼らは如何にして明日を切り開き、何処へ到達するのか。
運命の目撃者となる貴方に捧げる、そんな新スレです。

(最終回までの総集編が2回、さらに続編の噂まであるので心配ですが・・・)


どうもあの世界の「巨大兵器」というのは、せっかく建造しても
1回ぐらいしか撃てない(多くて2回)宿命にあるようですね(笑)
しかし・・・次の攻撃までの充填が数時間って・・・

そしてメイリンさん。
オーブの中で一人ザフトの制服。
アスランにも着せてるんだから、ちゃんと支給してあげようよカガリ。
もしかして、アスランへの想いに感付いてる?(笑)
とりあえず死亡フラグは回避した模様。
その代わり、姉にお鉢が回ってきそうな予感・・・

そのお姉さん、ルナマリアがようやく活躍できた回でもありますね。
・・・あんまり陽動していた意味がなかったような気もしますが。
(シンがルナマリアの危機に高速で駆けつけてたけど、
 そんなにすぐに駆け寄れる距離にいたのかな?
 それだと戦力を分けた意味がないよね・・・
 レイから「タイミングを誤るなよ」と言われてたけど、
 攻撃のタイミングを測ってたような描写もないし)

そして、さらば! さらば! ジブリール。
ビームで秘孔を突かれたような最期でしたが(笑)
せめて護衛のMSでも先行させていれば、もう少し長生きできたかも・・・

それにしても連合は金持ちですね。
あんなにたくさんのデストロイを、いつの間に量産していたのやら。
コクピット周りの弱点を改修している気配もなかったですし。


来週はラクスさんたちがお買い物に出かけるそうですよ。
情報収集らしいですが。

No.26384 - 2005/08/30(Tue) 20:11 [FLA1Aae041.ygc.mesh.ad.jp]

Re: ガンダムSEEDデスティニー  その12 / 第六元素 [近畿] 引用

レクイエム

1つルートが潰れたくらいで目標打てなくなるようなモノ、兵器として失敗作じゃぁ。
そう考えるとヤマトの反射衛星砲ってよくできた兵器ですよね。
あと、100%になる前に撃つ判断遅すぎ(笑)。

レクイエムとか以前出た巨大兵器(対空砲)、なんで作ってることに気づかないかなザフトは。
情報収集や分析って無能なのか重要視されないトンデモ世界設定なのか。情報部とかないのかな?
巨額の資金や資材が動いてるだろうに、追いかけたりしてないのか・・・。ヒューミントしたり。
月であんな工事すれば隠しても隠し切れないと思いますがねぇ。


メイリン髪型
ああ、封印が戻ってしまった(笑)。

No.26389 - 2005/08/31(Wed) 01:00 [PPPbf279.hyogo-ip.dti.ne.jp]

Re: ガンダムSEEDデスティニー  その12 / あむざっく [関東] [ Mail ] 引用

あまり出番のないブラストインパルスに日の目が(泣)。でもルナが攻撃する前にシンが司令室ぶっ壊す。インパルス、かわいそう……
ボコボコやられるデストロイに涙。もちっと活躍させてもいいだろうに。つくづくメカに冷たい番組……

>砂上城さま
>もしかして、アスランへの想いに感付いてる?
最後の方でにカガリがメイリンに言ったセリフ、私の耳には「二号さん認定」に聞こえました。

No.26395 - 2005/08/31(Wed) 13:08 [p6021-ipad87marunouchi.tokyo.ocn.ne.jp]

Re: ガンダムSEEDデスティニー  その12 / ダーク・ディグラー [東海] [ Mail ] 引用

なんか政治的にどのような意図で各キャラクターが動いてるのかちっともよく分かりません。

連合も連合で太平洋戦争末期の日本軍にみたいに負け戦が確定してるのに,大バカ超兵器使ってどうやってザフトに政治的かつ軍事的に勝てるという確信があるんだ?
(まあ,レクイエム使って勝てる自信はあっても,肝心の守りが穴だらけで,本当に勝つ気があるのか問いただしたい。しかしレクイエムって太平洋戦争の戦艦大和みたいな存在だと僕は感じる)

ラクスもヨコヤマさんの言う所の“議長の野望”をどうやって算出したのかよく分かりません。
(軍事的ではなく政治的に物事を解決しろよと言いたくなりますがカガリがオーブの首脳に位置してるからまあ無理だろう)

まあ何はともわれキラ達がザフトにまたテロを起こすのであれば,“戦争はいけない”というスローガンから遠く離れていくことは間違いないですね。

No.26399 - 2005/08/31(Wed) 17:13 [SSJfa-04p2-192.ppp11.odn.ad.jp]

Re: ガンダムSEEDデスティニー  その12 / 丁卯 [関東] 引用

 何だか久しぶりにキラたちに感情移入できました。前作の1クール目以来でしょうか(笑)。カガリはモビルスーツのパイロットしているより、政治家やってる方がいい仕事しそうです。
 どうしてかなと考えると、コイツらが綺麗事を止めたから(「武力行使止むを得ず」)でしょうな。
 脚本の方も、まあ満足できました。ルナマリアがいつ死ぬか、そりゃもう冷や冷やしましたとも(イザークやディアッカの方も)。あと、モビルスーツの動き回る様子はやっぱり「カッコイイ」。

 さて、いよいよ明かされたデスティニー・プラン。
 遺伝子により人生を決めてしまい、そこに定住することを定める。これを全人類に適用すれば、あら不思議。戦争がまったく起きないという夢のようなプラン……って、待てよ、誰がそんなものにすんなり従うってんだよ!? 誰も従うわきゃねーだろっ!
 あ、でもあの世界の民衆は――煽るのがロゴスでも、ブルーコスモスでも、ヂュランダルでも、ラクス一派でも――踊らされるのが「趣味」みたいだからなあ(笑)。
 それでも従わないヤツは……そうか、「淘汰」しちゃえばいいんだ!(笑)

 まあ最後に勝つのは「当然」ながらキラたちなんでしょうけど、その時議長はどうするのやら。まさかヤケクソになって、地球に隕石を落としたり……うわ、マジでやりかねん(笑)。何でも「足なんぞ飾り」のモビルスーツが出るとかいう噂も……(ソースが2ちゃんねるなんでアテにしないで)。

 しかしアスランも難儀だな。文字通り「傷口を広げ」られて……。

No.26433 - 2005/09/02(Fri) 22:14 [usr058.pial056-01.wpc.im.wakwak.ne.jp]

Re: ガンダムSEEDデスティニー  その12 / あず 引用

新番組の宣伝が入るようになると「終わりが近い」のを実感します。
次の番組は相当グロな感じですな。

キラの私服、黒一色で悪役風味ですなあ(笑)
しかしラクスがいろいろ着てるんだからもうちょい違った褒め方してやれよ。

ミーア散る。ある程度予想はしていたのでショックも小さめ。
サラ女史(ですよね? ミーアのマネージャー風の女性)「偽物」と知ってて追い詰めてましたな。

No.26460 - 2005/09/05(Mon) 20:29 [airh128002076.mobile.ppp.infoweb.ne.jp]

脳内種と宇宙クジラ / T.黒田 [九州] 引用

 残り話数も僅かとなった種デスですが、結局今回も前作で具体的に語られなかった(というか伏線として処理されなかった)「脳内で弾ける種」と「木星圏で発見された宇宙クジラの化石」ですが、後者はともかく前者をまたしても具体的に説明しないまま終らせるのは感心しませんな(何と言っても作品のタイトルにもなっている重要なキーワードなんだし)。

 もっとも、最終話とかで最終決戦に敗れて致命傷を負ってしまい、死ぬ直前になっていい奴((c)長井健閣下)になった議長がペラペラと種の秘密を語ってくれる可能性もありますが(笑)。

No.26466 - 2005/09/05(Mon) 21:22 [pl637.nas923.kumamoto.nttpc.ne.jp]

Re: ガンダムSEEDデスティニー  その12 / 砂上城 引用

この期に及んで『ただの』買い物・・・
情報収集ではなく『ただの』買い物・・・

この期に及んで総集編・・・
・・・

小説版によるとAA支援組織があるそうですが、コペルニクスに堂々と
入港できたのも、彼らの手引きなのかな?
だけど『オーブの象徴』である『金ピカMS』が街の上空を飛んじゃいかんだろ(笑)
オーブの正式軍扱いなんだから、そういうところは慎重にならなきゃ・・・
(スカイグラスパーあるだろうに)


それにしても、ミーア・・・(つД;)
なんかもう、必要とされないキャラが、加速度的に消去されていく予感が・・・
メッセージの英文、間違えてるし。
ダブル歌姫で最終回を『歌』で盛り上げて欲しかったなぁ・・・

本当に終わるのかなぁ。

No.26468 - 2005/09/05(Mon) 21:27 [FLA1Aag197.ygc.mesh.ad.jp]

Re: ガンダムSEEDデスティニー  その12 / ヨコヤマ [東海] 引用

T.黒田様
>後者はともかく前者をまたしても具体的に説明しないまま終らせるのは感心しませんな(何と言っても作品のタイトルにもなっている重要なキーワードなんだし)。
>
前作の時点で、「あれ、意味なし。単なるイメージ」という監督発言がありますが。「シード因子」なんて言葉も出てましたが(説明するなら、むしろこちらかもしれませんが、エリカ女史がブツブツ言ってた中の単語で、それっきりなので、たぶん思いついて入れたけど、具体的に設定でこじつけられたなかったのでスルーしたと思われます)。
 重要キーワードがタイトルになっているのではなくて、タイトルがキーワードのように使われているだけで(タイトル自体、思いつきと言ってますからね)。大体、「シードガンダム」だって出てないじゃないですか(w)

> 議長がペラペラと種の秘密を語ってくれる可能性もありますが(笑)。
 ありそうですねぇ。

No.26479 - 2005/09/05(Mon) 22:58 [maple.aitai.ne.jp]

Re: ガンダムSEEDデスティニー  その12 / 第六元素 [近畿] 引用

えーと、種世界じゃ月の重力1/6じゃないのかな?
アスラン大ジャンプ射撃などでそれらしい描写はありますが、ハロは普通にピョンピョン跳ねてるし、窓枠飛び越えてもすぐ落下してるし、銃の反動ないし・・・。
一部人工重力実用化されてるのか、コーディネイターは自由に重力をコントロールできるのか(笑)。


一番の感想は、「また総集編か・・・。」

No.26484 - 2005/09/06(Tue) 00:19 [PPPbf384.hyogo-ip.dti.ne.jp]

PHASE-46 「真実の歌」登場人物紹介 / AI [関東] 引用

アスラン・ザラ
 ミネルバ時代は厄介者だったが、アークエンジェルに来たら一番まともな人に。
 歴代ガンダムシリーズに登場したモビルスーツ乗りの中でも最強クラスの戦闘力の持ち主だが、その実力はモビルスーツに乗っていないときしか発揮されない。
 キラがシンにやられるとは思っていなかったらしい。
 泣くときはものすごい勢いで涙を流す。

キラ・ヤマト
 アスランの親友という設定が急に復活した感のある、クライン派の筆頭戦力。なまじ強いだけに始末が悪い。
 今回はラクスと共に非常識な行動でアスランをイライラさせる。アスランが禿げたら絶対にこいつのせいである。
 シンに撃墜されたのは、ザフトと戦っていいのか迷ったりしていたかららしい。
 「やめてよね。本気で戦ったら、シンが僕にかなうはずないだろ」

ラクス・クライン
 クライン派の大ボス。今回は戦艦暮らしに飽きてファッションショーを始めた。
 なぜみんなに様付けで呼ばれるのか、未だによくわからない人。

ミーア・キャンベル
 大方の予想通り、ラクスに謝って死んだ人。
 撃たれたときはやたらとクルクル回っていた。

シン・アスカ
 アバンタイトルにしか登場しなかったかわいそうな人。
 休暇の過ごし方は寝るだけ。寝るのに飽きたら、とりあえずレイのすることに付き合うらしい。

No.26485 - 2005/09/06(Tue) 00:22 [YahooBB218138138002.bbtec.net]

Re: ガンダムSEEDデスティニー  その12 / ちの 引用

 お久しぶりです・・・

 前作からラクスは恐い人だと思っていましたが、今回もそう思いました。
 もし、完全を期すならミーアは人間爆弾にされていたでしょう。結果的にサラは彼女を殺してしまいましたが、最初から殺すつもりではなかったと感じています。

 一方で、真偽に決着のついた?ラクスはにんまりではないかと。罠と知りつつ、遭遇を強行させたラクスには二の手三の手があって、ミーアを亡き者にする計画があったと、邪推してます。前作のラクスがあまりに恐かったので、彼女の行動をそのまま信用できないねじくれた僕の考えです。

No.26498 - 2005/09/06(Tue) 20:29 [YahooBB218140016149.bbtec.net]

Re: ガンダムSEEDデスティニー  その12 / 十一郎 引用

ああ、うん・・・いや、けして今回が特別ひどかったってわけじゃない。
これまでの延長線上にある話ではあった。

※細かい所だが、大西洋連邦大統領のゆくえがつかめてないの?
じゃあ前回までザフトと共同で戦っていた地球連合軍はいったい何?
大西洋連邦がそれなりにザフトの敵として健在なら、オーブのジブリール受け入れ時に触れられなかったのはなぜ?

展開が遅いわりに情報量が薄いから、見てて疑問ばかりが先立つ。
今回の舞台となったコペルニクスは自由都市らしいが、無法都市の間違いじゃないだろうか。
普通にAAが堂々と停泊している上に、MSが上空を飛んでもおとがめなし。テロルの過去はもちろん、世界の敵の一つに名指しされたオーブ所属って立場とは思えない。
そもそも月に行くまでに、宇宙空間にいたザフトと連合軍の警戒網をどうやってかいくぐったかのやら。
つかさ、情報収集に行くんだから、どっかで偽装された艦船に乗り換えて潜入するとばかり思っていたよ。あれだけレクイエム撃破の余韻をぶちこわしつつ出航して、やることが買物かい。

それとさ、ラクス批判とミーア賛美はプラントのために働けって遠回しに言ってるつもりなんだろうが、さほど間違った主張でもないので逆効果に思うよ。
これまでの行動を見る限り、ラクスはプラントの人々を守る気がないどころか、平和を愛しているとすら思えん。
だから、罠の非人道性は別問題で、世間的にはテロリストたるラクス達は殺されてもしかたないんじゃなかろうか。むしろ暗殺する必要すら無くて普通に逮捕すら可能(AAのラクスは偽者って事になってるし)。

そもそも、アスラン達が行ったからミーアは死んだんじゃないかって意見は実際に多い。
罠だったらほっとけば良い。ミーアが即座に殺されるって根拠はまるで無いんだから。
よほどのへまをしない限り、ラクスの発言力を多少なりと減らす事には役立つ。もしへまをしそうでも、ラクスは議長の倒すべき敵であって、消しさえすれば、ミーアはまた使える。
これまで描写されていた議長は、少なくとも、一度の失敗も許さなかったり完璧でなければ無価値って考える人ではないし。

今回、制作意図としてはミーアとアスラン達の出会い、ミーアの死亡、Dプラン情報収集がやりたいんだろうと思う。
ならば、アスラン達の密入国情報と、Dプラン物証等の議長悪行をミーアが知り、議長が信じられなくなってアスラン達の元へ必死に逃げてきて、追っ手と銃撃戦が始まるって展開の方がまだ無理がないよ。
これもベタな展開だが、元の罠展開でも相当にベタだし。他の何もかもを捨ててまで着せ換えショーをやりたいもんだろうか?
(追記:ねじこもうとすれば、潜入用の衣装選びで着せ換えショーもできる)

まあ、御都合主義的はまだいいよ。まだ脳内補完できる。
とにかく、キラとアスランの弁解&擁護劇場はなんとかならんかったものか。
前回のレイに叱責されて自戒するシンを見た後では、ふんぞり返りながら自己弁護するキラ達が小物にしか見えない(そういうキャラと考えると一貫性があるのがまた・・・)。
終盤の主人公としてはもちろん、兵を束ねる将の器とは思えない。
画面で表現された範囲では(ここ重要)、フリーダムとアスランの生存で動揺していたシンの方が、明らかに迷いが大きかったよ。

※ついでに、後番組予告感想。※

あんな健康的なアニメ美少女デザインはサヤじゃない(苦笑)。
寺田克也の分厚い唇と吸血鬼的な目つきの非アニメ美少女こそ、サヤの特徴なんだからさ。コミカライズの玉置勉強の絵柄とも違うし。

・・・まあ、映画版が好きな珍しい者としての極めて個人的感想はさておき、ちょっとだけ映画解説。
この作品は、落ちついた色指定の印象や、押井守が関係しているという先入観に騙されてるが、映画はグロ描写ありのゴチックホラーに見せて、実際は爽快感すらあるスプラッターだった。

舞台が米軍基地というのも関係あるのかどうか、アメリカンな北久保演出が炸裂。ストーリーもIG作品と思えないほど単純明快。
わざわざ派手な舞台や兵器アクションを避けて、低予算でもアングルやメイクにこれば実写でも作れるような雰囲気にして。押井も企画時の若手スタッフに指示してノベライズを手がけた程度で、映画本編にはノータッチ。

つまりは頭使うようなストーリーじゃない。しかし、前情報を見ると社会派風味を狙っていて、それが不安だ。
あと、映画最大の見所(?)は、保健室の松本憲生や車庫の磯光雄といったアニメーターの個人技にあったわけで、TVでやれるのかどうか。アクションもストーリーも薄めだから、作画に遊びがないと、見てて娯楽性にとぼしくなるんじゃないかとね。

No.26508 - 2005/09/07(Wed) 07:57 [user019.ehm.enjoy.ne.jp]

安田大サーカスSEEDデスティニー  その12 / 雷カノ [中国] 引用

ミーアさんが撃たれた瞬間、銃声とともにあっしの脳裏に響いたのは

     「「「ドーンどーんどん!(ベタで〜す!)♪」」」
     HIROを見てるとなーんか癒されるなぁ…。    

「改心した偽物が本物をかばってご臨終」と言う黄金パターンを
なんの捻りも減った暮れもなしに踏襲したり、
変装すらせず衆人環視の中で本名で呼び合う主人公ご一行様。
(1話のアレクス偽名使ってただけまだましだったわけね…;)
メイリンに「これって思いっきりテレビですよねぇ?(違)」などと
軽くセルフ突っ込みのジャブをいれさせてみたり
お迎えを頼まれてオーブ首長様御用達金ぴか反射鏡ロボで出てくる
ネオソフトだかラ・ムーだか菊池桃子だかわかんなくなってきたお兄さんに、
ミーアの今わの際ってに一番たあっぷり思い出してたのがよりにもよって夜這いのシーンなアザラ氏と、
(…やっぱりオトコノコだねぇ…)
名前からしてニセモノ臭全開だったミーアさんに対するスタッフ様の愛情が伝わってくるような来ないような、
どこまでギャグでどこまでボケてんだかよく分からないシチュエーションの
特盛り肉抜きつゆなし状態でした。で、サブタイトルになってる「真実の歌」って、
本編のどこで流れましたっけ?

No.26557 - 2005/09/09(Fri) 13:34 [wan217.pref.shimane.jp]



前のページへ このコンテンツの
年度別一覧ページへ
次のページへ

殿堂入り作品一覧へ 奇説珍説博物館
トップページへ
部門別トンデモ特別賞へ