山本弘トンデモ資料展
2005年度版11−C


前のページへ このコンテンツの
年度別一覧ページへ
次のページへ

[懐疑的に超常番組に突っ込む] トピック
2005年04月12日
13:46
 『FBI超能力捜査官』第8弾
  山本弘
 4月10日放映の『FBI超能力捜査官』について検証します。
 実はまだナンシー・マイヤーとジョー・マクモニーグルのところしか見てないんですが、とりあえず中間報告を。

 ナンシーが担当したのは、三重県伊勢市女性記者行方不明事件。
【事件の概要】
 タウン誌の記者、辻出紀子さん(当時24歳)は、1998年11月24日深夜、残業を終えて会社から出てから行方不明になった。彼女の車は、翌日、会社から1kmほど離れた駐車場で、白線を無視して無雑作に止められた状態で発見された。警察は当初、家出と判断し、捜索を行なわなかった。
(はっきり言って伊勢の警察は無能。何でこの状況で家出なの? 家出だったら車に乗って行くか、駅の近くに乗り捨てるでしょ?)

【ナンシーの霊視】
 紀子さんはすでに殺されている。犯人は海で出会った男性で、会社から出てきた紀子さんを待ち伏せ、口論の末に頭を殴って気絶させ、紀子さんの車に乗せて運ぼうとした。
 途中、紀子さんが意識を取り戻したたため、慌てて駐車場に車を止めた。紀子さんは車から逃げ出して、少し離れた竹やぶに逃げこんだが、男に追いつかれて殺された。
 しかし、紀子さんの遺体は竹やぶの中にはない。海が見える山林に埋められている。

 はっきり言おう。
 ナンシー、あんたの推理は間違っている!

 矛盾点1:頭を殴られて気絶したなら、意識を取り戻した直後も、まだふらふらのはず。車から走って逃げ出すことが可能だろうか? 竹やぶにたどりつくずっと前に、男に追いつかれるはずではないか?
 矛盾点2:現場の位置関係を見ると、竹やぶは駐車した車の右側にある。紀子さんは助手席に乗せられていたはずなのに、どうしてわざわざ車の右側へ回りこんだのか? 普通はまっすぐ逃げようとするものではないか。げんに車の左側には民家らしい建物があり、そこに助けを求めてもよかったはず。
 矛盾点3:ここが一番重要なのだが、犯人はどうやって殺害した紀子さんを「海の見える山林」まで運んだのか? まさかえっちらおっちらかついで行ったわけではあるまい。再び紀子さんの車を使ったのだとしても、それをわざわざ同じ駐車場に戻す理由がない。
 唯一、考えられる可能性は、犯人があらかじめ自分の車を駐車場に用意していて、それに乗り換えたというものだが、ナンシーの霊視では、犯行は逆上した末の発作的なものなので、そうした偽装工作をあらかじめ用意していたとは考えにくい。
 例によって再現ビデオも流れたのだが、紀子さんが車から逃げ出すところや、犯人が彼女の遺体を運ぶところは、描かれていない。おそらくスタッフも、ナンシーの霊視の通りに再現したら矛盾が出てしまうことに気づいており、こまかしたのだろう。

 僕の推理では、順序は逆。紀子さんは別の場所で殺され、犯人は車で遺体をどこかに(たぶん山の中)捨てに行った後、車で戻ってきて駐車場に放置したと考えられる。
 あと、ナンシーは現場近くの壁を指差して「あの茶色い壁は6年前にはなかったはずよ」と言っていた。でも、その壁って見るからに新しそうで、あれだったら僕だって「6年前にはなかった」って断言できます(^^;)。
 最後に彼女は犯人の似顔絵を描いたんだけど、その前に紀子さんの部屋に入って、壁に貼られた写真とかいろいろ見てるんだよねえ……もしかして、写真に映ってた男性の誰かの顔を描いてただけだったりして?

書き込み
全てを表示  [ 1 ]  最新の10件を表示
2005年04月12日
14:13
    1: 山本弘
 続いてジョー・マクモニーグルの行方不明者捜索。
 今回の依頼人は愛知県に住む三田真由美さん(仮名)。8年前、中学3年の時に行方不明になった父親のTさんを探してほしいという。
 マクモニーグルはドーム球場の絵を描く。スタッフはそれを大阪ドームと判断。描かれた地図は大阪市だと断定する。

ナレーション「しかも大阪の地図と見比べて見ると、これらの建物の位置関係までもほぼ合っている」

 ウソです!(笑)
 マクモニーグルの絵では、駅から西に延びる線路の北側にドームが描かれている。スタッフはこの駅を大阪駅だと主張するのだが、大阪在住の方なら誰でも知っているように、大阪ドームは環状線の内側、つまり南側にあるのである。
 録画された方、マクモニーグルの描いた地図と、この地図を見比べていただきたい。↓

http://www.osakadome.co.jp/jp/access/accessframe.htm

 しかもマクモニーグルの地図は、この線路が環状線になっていない。梅田周辺の部分がかろうじて似ているだけである。
 もうひとつ、マクモニーグルは別のドームの絵も描いた。スタッフはそれを「なにわの海の時空館」と判断する。
 これも間違っている。マクモニーグルの地図では、ドームは港の本土側に描かれているが、実際には「なにわの海の時空館」はその対岸、人工島の上にあるのだ。

http://www.jikukan.or.jp/access/index.htm#

 スタッフは天王寺駅から阪神高速大阪松原線を南下し、マクモニーグルが描いたサッカー場を探して当てる。
 このへんもできれば検証したいところであるが、画面にモザイクがかかりまくっていて、場所を特定する手がかりがまったく得られない。残念。
 しかし、サッカーのグラウンドぐらい、大きな道路に沿って探せばいくらでもあると思うんだが。
 そしてさらに致命的な間違い! スタッフはグラウンドからマクモニーグルの地図に従って南下するのだが、地図ではグラウンドが道の左側(西側)にあるのに、画面では右側になっている!
 おそらくこのグラウンドの西側には道路がなく、しかたなく東側の道を南下したと思われる。

 で、例によってTさんを発見しました……という結果になるのだが、Tさんは映してくれないし、真由美さん(仮名)も顔にモザイクがかかっているので、本当にそんな人物が実在するのか、視聴者には検証できない仕組みになっている。

 あっ、もちろん例によって、マクモニーグルがイラン米大使館占拠事件やドジャース准将誘拐事件を「解決へと導いた」という大ウソも、流されていましたよ(笑)。
(前者は、デルタフォースによる救出作戦は失敗に終わっているし、後者の事件も、遠隔透視の結果はイタリアに送られず、解決には役立たなかったことが、自伝にちゃんと書いてあるんだよ)
2005年04月12日
17:43
    2: 山本弘
 言葉による説明では分かりにくいと思うので、写真をアップします。
 左はテレビ画面から撮影したマクモニーグルの描いた地図(今、キャプチャーが使えないんです。不鮮明で申し訳ない)
 右は実際の大阪市の地図。鉄道の路線に青で着色、大阪ドームと「なにわの海の時空館」に赤で印をつけました。
 似てると思います?
2005年04月12日
18:05
    3: 山本弘
 あ、もひとつ追加情報。スタッフが捜索した地点は、インターチェンジの場面で「大堀」という表示が見えたのと、ちらっと映った地図から、大阪市の南の松原市あたりと思われます。
 でも、地図で調べると、このあたりには小学校や高校がいくつもあるんですよねえ。サッカーのゴールがあるグラウンドなんて、珍しくないだろうし。
 松原市の人でないと、あのグラウンドを特定するのは難しそうだなあ……。

 あと、なんでマクモニーグルは、なんでもっと駅のそばの分かりやすいランドマークを透視しないのかなあ。南港にあるドームなんて、天王寺から南に向かうルートの目印にならないよ(^^;)。大阪駅なら大阪タワーかヘップ5の観覧車、天王寺駅なら通天閣あたりを示してくれた方が分かりやすいぞ。
2005年04月12日
18:56
    4: おかピカトンM
山本先生、ありがとうございました。
2005年04月15日
09:57
    5: 山本弘
 書き間違いに気づいたんで訂正しておきます。

【誤】
> そしてさらに致命的な間違い! スタッフはグラウンドからマクモニーグルの地図に従って南下するのだが、地図ではグラウンドが道の左側(西側)にあるのに、画面では右側になっている!

【正】
> そしてさらに致命的な間違い! スタッフはグラウンドからマクモニーグルの地図に従って南下するのだが、上下を逆にした地図ではグラウンドが道の左側(東側)にあるのに、画面では右側になっている!
2005年04月15日
10:11
    6: コレコレ
見逃したので、内容(&ツッコミどころ)がわかって助かります。ありがとうございます!
2005年04月19日
09:34
    7: 山本弘
 だいぶ間があいちゃいましたが、検証の続きです。
 その前に、前回のTさん探しでもうひとつ気がついた矛盾点。テレビではマクモニーグルが「南北に延びる高速道路と線路」と言い、スタッフはこれを天王寺から南に延びる阪神高速松原線と近鉄南大阪線だと断定します。
 ところが、マクモニーグルの描いたイラストを見ると、奇妙なことに気がつきます。南に延びる2本の線は、どっちもただの線として描かれているのです。
 マクモニーグルはいつも、鉄道を描く際には鉄道の記号を用います。こんなふうなやつ。

 ++++++++++++++

 ところがこの図ではそうなっていない。
 しかも「南北に延びる高速道路と線路」と言っている部分は、吹き替えの声が重なっていて、実際にはどう言っているのかどうしても聞き取れません。
 つまり実際にはマクモニーグルは「二本の高速道路」と言っており、吹き替えでそれをごまかしたのではないかと考えられるのです。
 というのも、天王寺から南に延びる高速道路は1本しかなく、実際の地理に合わせるには、2本描かれた左側の線を「線路」ということにしてしまう必要があるからです。
 もっとも、これでも矛盾が出るんですけどね。天王寺から南に向かう鉄道は、近鉄南大阪線のほかに、阪和線と阪堺上町線もあるんですから……。
2005年04月19日
10:40
    8: 山本弘
 おっと、写真をアップするの、忘れてた。
 あまり鮮明じゃないですが、右下の2本の線が鉄道じゃないの、わかりますかね?
2005年04月19日
11:12
    9: 山本弘
 次は1998年に行方不明になった中村三奈子さんの捜索です。
 この事件については、以下のサイトの「1998年」のページを参照してください。いかにも怪しい状況で失踪しています。北朝鮮がからんでるかも……と考えるのも無理はない。

http://www.chosa-kai.jp/indexjpn.htm

 ところがマクモニーグルが描きはじめたのは日本国内、それも神戸の地図です。ゴールデンゲートブリッジのような橋(明石海峡大橋)、頭の上を走るモノレール(ポートライナー)、何重ものワイヤーがねじれた高いタワー(ポートタワー)など、どれもかなり正確に描かれていますし、地形もほぼ合っています。
 視聴者はアメリカにいながらこういう図をすらすら描くマクモニーグルを見て、「なんてすごい透視能力だ」と感心してしまうわけですな。
 でも、正確な地図を描くこと自体、何の不思議もありません。だって、これまでマクモニーグルは何回も来日しているんですから。当然、テレビに出演したついでに日本観光もしたでしょう。ガイドブックは絶対に持っているはずですし、神戸・名古屋・大阪などにも行ったことがあるかもしれない。神戸の地理や主要建造物を知っていても、不思議じゃありません。
 ですから、検証するためには、ガイドブックに載っていない場所、彼が行ったとは思えない場所の地理が合っているかどうかを調べなくてはならないわけです。
 マクモニーグルによれば、三奈子さんの住むアパートは、次のような場所にあると言います。
・この港町(神戸)から高速道路で東へ、トンネルに通じる最初の出口を通りすぎ、次の出口を降りる。
 スタッフはこの指示に従い、阪神高速の摩耶で高速を降ります。

「そこから2.2km直進して、右へ曲がる」

 地図で調べてみると……えーと……。
 直進できないじゃん!(笑)
 はーい、上の地図を見てください。マクモニーグルの図(比較しやすいように90度回転させてます)では、高速を降りてまっすぐ北進することになってますが、実際に摩耶で降りると、そこに交差している道は国道2号線に合流、右に湾曲して北東に向かっちゃうんです。
 番組内では、2.2km進んだスタッフは、山の近くにあるアパートにたどり着きました。しかし国道2号線を進んでも山にはぶつかりません。途中で左折しなきゃならないんです。
 つまりスタッフは「2.2km直進」なんかしていない!

 結局、マクモニーグルの描いた絵に似たアパートは発見したけど、住んでいたのはまったくの別人と判明。
 どう言い訳するのかと思ったら、

ナレーション「捜索範囲を広げて再調査してみると、実はこの周辺にはイラストと符号するエリアがいくつか存在することが分かったのだ」

 わははは、語るに落ちてる!
 要するに、ちょっと探したら、絵に似たアパートなんていくらでも見つかるってことじゃない。
2005年04月19日
12:04
   10: 山本弘
 もうひとつ疑惑を。
 マクモニーグルは次のように指示しています。

「2.2km直進、右に曲がる。最初の曲がり角を左へ」

 問題は「最初の曲がり角を左へ」の部分です。上の写真を見ると分かるように、彼のイラストでは、水平(東西)方向の道路に対し、曲がる道路は45度ぐらいの角度で交差しています。
 ところが、実際の画面では、その角は90度で交差しているように見えます。ただし、はっきりとは分かりません。画面にその角が映ったかと思ったら、次のカットではもう曲がってしまってるんです。
 しかし、曲がる直前のカット、曲がった後のカットを比較すると、この交差は90度であると断定できます。(ビデオで録画された方、何度もよく見てください)
 なぜ車が角を曲がるところをカットしたかといえば、それを見せてしまうと、視聴者にマクモニーグルのイラストと違っていることがバレちゃうからです。 (実は以前の番組でもこうしたトリックは使われています。それについてはいずれまた)

 結局、三奈子さんは見つからず、事件は未解決のまま。
 でも、僕はこの結果は、最初から予想してました。
 なぜなら、このシリーズでマクモニーグルが発見するのは、無名の一般人(それもたいてい仮名)で、実在が証明できない人ばかり。大阪で行方不明になった吉川友梨ちゃんや、今回の三奈子さんのように、実在がはっきりしている人は探し当てられないんです。
2005年04月19日
14:39
   11: 山本弘
 続いては、これも恒例の、ダウザーによるタイムカプセル探し。
 小学校の卒業記念などで、子供たちの思い出の品を入れて校庭に埋められたタイムカプセル。その埋めた場所がどこか分からなくなったというので、この番組にダウジングによる捜索を依頼してくる学校がたくさんあり、これまで番組では6箇所ものタイムカプセルの発見に成功したとのこと。

 えー、基本的疑問なんですが、日本にはそんなに忘れっぽい人が多いんでしょうか?(^^;)
 タイムカプセルを埋める際には、子供たちや教師、数十人が立ち会ったはず。その中の数人ならともかく、全員が埋めた場所を忘れるなんておかしな現象が、そんなにしょっちゅう起きるもんなんでしょうか? それも何十年も昔のことじゃなく、せいぜい十数年前のことですよ?
 1回や2回なら、そんなこともたまにはあるかなあと思いますが、さすがに6回となると信じられません。
 まあ、今回の高知県の小学校の場合は、校庭じゃなく山の中に埋めたんで、分からなくなったというのも納得できるんですが。

 いや、たとえ一時的に忘れていたとしても、現場にみんなが集まったら記憶がよみがえって、「あのへんに埋めたんじゃなかったっけ」と言い出す人間が必ずいるはず。
 あるいは、ダウザーが見当違いのところを探していたら、「あんなところじゃなかったと思う」と言い出すでしょう。
 もちろん、そうした会話を耳にしているスタッフが、ダウザーにヒントを与えているという可能性もあるし。
 周囲にいる人たちがタイムカプセルを埋めた場所に気づいているなら、ダウザーが目標に近づくにつれ、期待が高まり、それは態度に現われるでしょう。たとえ日本語が分からなくても、集まった人たちの態度を観察していれば、どのへんに埋まっているかだいたい察しがつくんじゃないでしょうか。
 今回のスタンリー・フランクによるダウジングも、見つけるまでに何度も間違った場所を掘るなど、かなり苦労してました。
 失敗した時の言い訳が傑作で、

「このあたり一帯の石がダウジングを狂わせているんだ」

 石なんてどこにでも埋まっとるわい!(笑)
2005年04月19日
14:59
   12: 山本弘
 次はジョン・オリバーによる行方不明者探しです。
 依頼人は横田明美さん(50歳・仮名)です。29年前に別れた息子の良夫さんを探して欲しいという依頼です。
 依頼人が仮名ですから、必ず見つかると予想されます(^^;)。

 オリバーは良夫さんは東京都の南東部にいると断言、マクモニーグルと同じようにイラストを描きます。上の左端の図がそれです。河岸に立っている工場が目印です。
 図に描かれた川は、隣の県との県境だというので、スタッフは多摩川と断定、オリバーとともに多摩川沿いの道を走り、それらしいポイントを探します。
 やがてオリバーが「ここだ」と言ったのは、真ん中の図の地点。調布市上石原3丁目です。画面には地名は出ませんでしたが、地図が出たので照合できました。間違いありません。(録画された方、確認してください)
 オリバーの図によれば、この工場の近くには小学校と公園があり、その後ろには墓地とお寺があることになってます。

ナレーション「さらにオリバーの描いた通り、学校や寺や公園も存在した」

 えーと、いったいどこに寺があるんですか?(笑)
 このへんの地図(上の右端)を見ると、確かに小学校はありますが、墓地も寺もないんですよ。
 で、結局、その墓地の近くのアパートで良夫さんを発見した……という結末になるんですが、かんじんのその墓地はどこにあるんだよ!?
 存在しない墓地の近くで見つけたのかよ!?
2005年04月21日
15:42
   13: 山本弘
 長かったけど、これでようやく検証終了です。
 本当はもっとツッコんで、スタッフが通った道がどこなのかも探り当てたいところです。以前の三島のやつでは、画面に映っていた手がかりから場所が特定できて、実際にそこ(伊豆長原)に行って、番組がウソだらけだったことも分かったんですが、今回はちと情報が少なすぎる。
 あと、僕は関西在住の人間なもんで、東京近辺のことがよく分かりません。できれば調布市あたりにお住まいの方に、上石原3丁目にお寺や墓地があるかどうかを、きちんと調べていただけるとありがたいです。

 最後は地下鉄サリン事件の実行犯の逃亡先を透視。
 菊地直子に関しては、

●マクモニーグル
 「1996年に死亡している」
●マイヤー
 「すでに埋められている」
●オリバー
 「山の中に埋められている。富士山だ」

 出演者は3人の透視が一致していることに驚いていたようですが、先にマクモニーグルが言ったことを聞いてるんだから、後の2人がそれに合わせるのは当たり前です。
 これで菊地直子が生きてたら大笑いなんだけどな。

 高橋克也は、マクモニーグルの透視によれば、

「東南アジアの小さな島の、山の中の小さな村にいて、テロリストか海賊にかくまわれている」

 のだそうです。
 いずれ本人が見つかることがあれば、当たっていたかどうか分かるでしょう。テレビ局は超能力者の予言や透視がはずれても、それを放映することは決してありませんし、視聴者もたいてい番組の内容を忘れているので、検証の意味でここにデータを残しておくことにします。
2005年04月21日
20:14
   14: ナガト
検証お疲れさまです。

詳しくはわからないかもしれませんが、道路や周辺の様子は
こちらで確認してみてはいかがでしょうか。

「国土情報ウェブマッピングシステム」
http://w3land.mlit.go.jp/WebGIS/index.html

全国各地の空中写真が見られるサイトです。

ま、検証以外にも自分の家の近所を見てニヤリとするという
使い道もあり、楽しいですが。
2005年04月22日
09:15
   15: 山本弘
 ナガトさん、役に立つ情報ありがとうございます。
 さっそく問題の地域の空中写真を見つけました。

http://w3land.mlit.go.jp/Air/photo400/89/ckt-89-3/c8/ckt-89-3_c8_5.jpg

 これで見ると、中央よりやや右寄りの上のほう、中央自動車道沿いに墓地が見えます。地図と照合すると、西光寺(京王線西調布駅前)ですね。その東にも二箇所、墓地が見えますが、これは源正寺と常演寺。
 でも、このあたりって、基点になった工場から1.2km以上離れてるんですけど……でも、いちばん近い寺はこの三つみたいだし。
 致命的なのは、オリバーの地図では、寺と墓地は学校のすぐ裏にあることになってるのに、これらの寺の近くには学校がないことですね。いちばん近い西光寺と調布第三小学校の間でさえ、400mぐらい離れてます。
 また、オリバーの地図では墓地は寺の西側にあることになってるのに、西光寺の墓地は南側にあるようです。
全てを表示  [ 1 ]  最新の10件を表示

前のページへ このコンテンツの
年度別一覧ページへ
次のページへ

殿堂入り作品一覧へ 奇説珍説博物館
トップページへ
部門別トンデモ特別賞へ