山本弘トンデモ資料展
2005年度版15−A


このコンテンツの
年度別一覧ページへ

[日本トンデモ本大賞] トピック
2005年05月31日
00:40
 「と学会年鑑Rose」発売!
  高倉一般
「と学会年鑑Rose」が楽工社より発売されました。

「日本トンデモ本大賞2005」に本書の挟み込みチラシを持参すると、当日料金¥2500のところを、割引料金¥2200で入場できます。

大会当日も、一階で販売しますので、そこで買っても割引OKです。

書き込み
全てを表示  [ 1 2 ]  最新の10件を表示
2005年06月01日
19:56
    1: をかのゆ
 ネット書店ではどこでも探せないのが気になりますが、出てたんですね。

P.S.
こっちが本題(笑)
 毎度のことながら、いい表紙ですね。
2005年06月01日
23:03
    2: FKJ
楽工社によると、これまでの実績から良く売れる書店を
中心に下ろすということです。
書店で見かけた方は探している方のためにどこの書店に
あったかを書き込んでいただけるとよろしいかと思います。
2005年06月01日
23:33
    3: クララ・キイン
自分ではまだ見かけてないですが、マイミクが

> 先週末秋葉原の書店で平積みされてるのを見かけましたよ。

と教えてくれました。
どの書店(orオタクショップ)かまでは確認してませんすいません。
2005年06月02日
02:43
    4: うきゃ
神田神保町の書泉ブックマートには平積みです。
グランデの方は確認してませんが、同様であると思われます。
2005年06月02日
11:43
    5: しら〜
少しローカルですが、有楽町線平和台駅近くのAyumi Booksで4冊ほど平積みになっていました。
2005年06月02日
12:39
    6: ZUBAT
bk1ではもう注文できますね。
2005年06月02日
14:59
    7: ひざげり
>クララ・キインさん

アキバって事は多分、書泉ブックタワーでしょうね。
うきゃさんのブックマートでの目撃情報もありますし。
職場の近くは小さい本屋が一軒だけなので、影も形も。
地元の本屋に入っていると良いのですが。
2005年06月02日
18:32
    8: まさゆキ
3: クララ・キインさんに情報提供した者です。

実は、ワシが見かけたのはメロンブックスでした。先週土曜日の時点で数冊程度だったので、まだあるかどうかはわかりません。
2005年06月02日
20:33
    9: ひざげり
う!すみません。感がはずれました。
うちの地元には入ってませんでした。そこそこ大きい本屋なんですけど。
2005年06月03日
09:05
   10: 夜帆。金東ヤ05b
 ビーケーワンは、↓です。

http://www.bk1.co.jp/product/2534141/?partnerid=p-top00468
  (他の本と一緒に注文すると送料が無料になります)

 ということで、「と学会」 著作一覧のページ (^^)/。
http://www.bk1.co.jp/author.asp?authorid=210000460310000&partnerid=p-top00468

 タグ付きでスマソ m(_ _;)m。
2005年06月03日
17:13
   11: 19
今年の大賞の会場で買えますよね?(サイン狙い、というのもある…w)
2005年06月03日
19:26
   12: 裏亭
サインは今回は時間の都合上、先着40名さまにお配りする
整理券をお持ちの方に限らせていただきます。
希望者全員にしていると2時間くらいかかってしまうので。
すいません!
(出待ちで個人的に頼むのは可、の場合もあり)
2005年06月03日
19:45
   13: 19
直々にレス頂き恐縮です。了解しました!
そういえば、一昨年はサインを色々頂けたのですが、去年は全く無理でしたね(そもそも商品がほとんど何も残ってなかった…良いことですがw)。
先着、は当日(明日)ってことですね?さて、早起きできるかな…
2005年06月05日
10:56
   14: はま
2日にこの情報を知り、急いで書店に走って無事GETすることが出来ました。
超ローカルですが、本厚木の有隣堂書店で平積みになっていました。最後から2冊目でした。危なかったです。
2005年06月08日
15:38
   15: ひざげり
何軒か探して、八重州ブックセンターにも行きましたが、入荷していないと言われました。
こんなに手に入りにくいのは初めてです。
ネットで買うかな。
2005年06月08日
21:00
   16: 本郷ゆき緒
池袋のジュンク堂書店では1階エレベーター前のテーブルに平積みです。ちなみに隣りは美空ひばり写真集(笑)
2005年06月08日
21:40
   17: ひざげり
>ゆき緒さん

むむむ、ずいぶん片寄った配本事情。
やけで美空ひばり写真集買ったろか!(笑)
2005年06月11日
11:51
   18: FKJ
配本は書泉、ジュンク堂、ブック1st、有隣堂などに多いそうです。
またお近くの書店で注文される場合は以下に問い合わせる
ようにお伝えください。
------------------------------------------
〒130-0014 
東京都墨田区亀沢2-19-6 鶴岡ビル2F 
(株)楽工社 
   TEL  03-5637-4661
   FAX  03-5637-4662

販売部 八木
------------------------------------------
2005年06月11日
12:15
   19: ひざげり
FKJさん、ありがとうございます。
結局、上の方のコメントにあったBK1で注文して、昨日届きました。
これから読みま〜す!
2005年06月11日
12:52
   20: バーバラ・金東ピ36a
神保町の書泉ブックマートでも目撃しました!
2005年06月13日
11:00
   21: FKJ
神保町では書泉とすずらん堂に平積みでした。
三省堂では検索にも引っ掛からない・・・(涙
2005年06月21日
21:03
   22: フェルミウム
発売から2週間が過ぎましたが…
町田(小田急線/JR横浜線)ルミネの有隣堂に平積みです。
(ここにはサブカルの棚があります。)
奥付を見たらまだ初版でした。
2005年06月21日
23:21
   23: nittagoro
ジュンク堂に配本されているということで当然と言えば当然かもしれませんが、新宿のジュンク堂のサブカルのコーナーにありました。
「平積み」というのではないんですけど(棚の形態上)、ちゃんと表紙が見えるかたちで売られておりました。
2005年06月22日
06:22
   24: 夜帆。金東ヤ05b
 アマゾンでもヒットするようになりました (^^)/。
 ただし搬入が遅れているらしく、品切れになっています (つ_;)。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4903063003/ii-22

 今はまだ前掲のビーケーワンの方が確実ですね。
2005年12月12日
13:03
   25: 山本弘
 昨日、夜帆。さんから「ドードー鳥のレビューがアマゾンに載ってるよ」と教えてもらいました。
 おお、やっぱり出たかドードー鳥!
 こいつ、僕の新刊が出るたびに酷評する奴なんですな。どうも僕にかなり恨みがあるらしい。HPがどうこうと書いているんで、以前に僕の掲示板で暴れて追い出された奴が、逆恨みでやってるのかもしれない。
 さっそく読んでみたら……

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4903063003/

 ……本の内容にまったく触れてない。
 さては読まずに書いてやがるな!(笑)
 読んでたらそれこそ『思春の森』のところとかに喜んでツッコんでくるはずだしねえ。

 ちなみにドードー鳥くんがこれまでどんなレビューを書いてきたかというと。

『愛のトンデモ本』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4594041493/

 内容にまったく触れていないうえ、「本書のような批判本」などと書いているところを見ると、やっぱり内容も見ずに書いている可能性大。
 『トンデモ本の世界S』『T』なども同様で、内容にまったく触れずに、僕に対する罵倒に終始している。

『「論理的に話す力」が身につく本』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4569579523/

 おいおいおい、あんた、何で僕とまったく関係ない著者の本にまで僕の悪口書いてんだ?(笑)
 いちばん笑ったのがこれ。

『トンデモ本? 違う、SFだ!』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4896918320/

> 山本は、少数意見を認めないのは全体主義だと児ポ法改正案を批判していたが、実際には、主観と客観の区別のつかない者たちが、自分達の思想やイデオロギーを社会に押し付け、自分達の主義主張を合理化、常識化(すなわち少数意見という例外の大衆化)しようとするところに全体主義が生じてくるものなのだ。それは過激な環境保護団体やジェンダーフリーだのと騒いでいた連中を見ればよくわかることである。また、ナチスや共産主義の成立なども、そういったものに近いだろう。

 うわあ、僕がSFの魅力を語ったら全体主義ですか!?(爆笑)
 ちなみに僕は『トンデモ本? 違う、SFだ!』のまえがきで、「だから、ここで僕が提唱する定義を認めていただかなくても、いっこうにかまわない」「僕は自分が本当に面白いと思った作品、本当に好きな作家しか紹介したくなかった」「ディックやレムについて平凡な感想を述べるぐらいなら、C・L・ムーアやマレイ・ラインスターについて熱く語りたい」などと、主観と個人的趣味バリバリで書いていることを明言してるんだけど。それを「主観丸出し」と言われても困っちゃうぞ。
 読書傾向からも分かるが、こいつはSFに詳しくない。だから内容について具体的にツッコめない。それでもどうしても山本の本をけなしたくたくてしょうがない……というんで、こんな変な理屈を考えついたんだろうなあ。

 いずれ『人類の月面着陸はあったんだ論』のレビューも登場すると思われ。今度はどんな変な理屈読ませてくれるか、ちょっと楽しみだったりする。
 どうでもいいけど、ドードー鳥というハンドルは「僕もうじき絶滅しちゃうからウォッチングして〜」という謎かけなのかね?
2005年12月12日
19:29
   26: minakami
書評に出てくる、
「とある会員制のサイト(はっきり言って、誰かに紹介してもらえなければ入れないようなかなり規模の小さいサイト)」
って、もしかして、ここmixiのことかいな?

mixiを「かなり規模の小さいサイト」と表現する人もかなり珍しいかも。
2005年12月13日
08:47
   27: 山本弘
 本人はmixiに入ってないんで、どんなものかぜんぜん知らないんでしょうね。僕がここで発言してるのは伝聞で知ってるだけで。
 誘ってくれる友人がいないんでしょうか(^^;)。
2005年12月13日
12:13
   28: 山本弘
 読み直して気がついたんだけど、こいつ、『トンデモ本? 違う、SFだ!』も、実物読まずに書いてるね。

>そして、本書では、読者すら罵倒(といってもいいような)する文面も見受けられる。

 いったいどこにそんなくだりがあるんだろう? って悩んだんだけど、その下にあるcozycubeという人物のレビューを読んで疑問が氷解。

>いくらなんでも、己が好んだSFが気に入らないからといって、読者を「人間ではない」だの「SFファンを廃業せよ」だのと言っていいものだろうか。

 ああ、そこかあ!
 ちなみに前者はグレッグ・イーガンの「しあわせの理由」を紹介したくだりで、

> 特に後半、主人公が手術によって、自分で脳の状態をコントロールできるようになるという展開は、まさに圧倒的。どんなものを好きになり、どんなことに幸福感を覚えるかを自由に選べるとしたら、本当の愛や幸福とは何なのか。この小説を読んで何らかの衝撃を受けなかったとしたら――あなたは人間ではない。

 後者は古橋秀之『タツモリ家の食卓』を紹介したくだりで、

>(前略)しかし、その冒頭、超生命体〈リヴァイアサン〉と〈キーパー〉の超光速チェイスのシーンを読めば、この作家がただ者ではないと分かるはずだ。シビレる! このかっこよさが分からん奴は、今すぐSFファンを廃業せよ。

 実際に読んだのなら、これが読者に対する罵倒なんかじゃないと分かるはず。つまり ドードー鳥くんは先にcozycubeのレビューを読んで、「読者を罵倒する文面」があると思いこんじゃったんだな。 
 他にもツッコミどころとしては、

>まあ、考えてみれば、どこかの国の指導者様と同じで、自分の周りにイエスマンばかりはべらせていれば、段々思考も偏ってくるというわけだ。

 えー、すいません、僕の周りにいるイエスマンっていったい誰なんでしょう?(笑)そんな人、思い浮かばないんだけど。
全てを表示  [ 1 2 ]  最新の10件を表示

このコンテンツの
年度別一覧ページへ

殿堂入り作品一覧へ 奇説珍説博物館
トップページへ
部門別トンデモ特別賞へ