山本弘トンデモ資料展
2006年度版1−A


このコンテンツの
年度別一覧ページへ
次のページへ

ものぐさ太郎αさんの日記 全体に公開

2006年03月26日
22:51
 マーフィーの法則 ふたたび
 といっても、もちろん、

・宇宙人を目撃する人に限って絵が下手である。

・イイ人には二種類いる。自分にとって都合のイイ人か、さもなくばどうでもイイ人である。

 の方。こっちの方が役に立つんだよね。話題に困ったときとか。ストックしておこうか。

 さっき思いついたのをいくつか。

・オーパーツの法則
 レーザーディスクが発明されるまでは、レーザーディスクの形をしたオーパーツは発見されない。

・UFO特異日の法則
 一年で最もUFOが目撃されるのは3月31日の夜である。そしてその報告は翌日になされる。

・宇宙旅行の法則
 誰でも手軽に宇宙旅行ができるようになるのは、『皆さんが大人になった頃』である。

・ティッシュペーパーの法則
 まとめ買いした後に限って、商店街で福引をやっている。

・1980年代の戦隊モノの法則
 主戦場は大谷石の採掘場である。

コメント   コメントを書く  

2006年03月26日
23:18
ものぐさ太郎α
・超常現象の法則
 最も超常現象が話題になるのは、他に話題が無いときである。
2006年03月27日
00:13
偽史学博士
>・オーパーツの法則
> レーザーディスクが発明されるまでは、レーザーディスク>の形をしたオーパーツは発見されない。

そして、ディスク発明以降は穴開き円盤状遺物はことごとく記憶用ツールとなる(いや、マジに古代中国の鍋の蓋まで記憶用ディスクになっているんだもの。一体何が読み取れるのやら・・・)。
2006年03月27日
00:38
ものぐさ太郎α
・UFOをめぐる仮説
 目撃事例の取捨選択次第で、『自分が製作した』以外のあらゆる仮説を立てることができる。(これは似た文章が『神は沈黙せず』にもあったな)

・本をめぐる法則
 自分が最も興味深いと思った本は、近く絶版になる。もしくは絶版になった後である。
 興味も関心も持たない本は長く市場に残るが、その本に別の価値を見出した途端、それは姿を消す。

・超常現象の資料の法則
 もっとも興味深い事例の引用元は、どこを探しても出ていない。しかし場合によってはそれは、誰かの書いた小説の中にある可能性がある。



偽史学博士さん
 鍋の蓋…ドロパ族でしたっけ? ホントに何かの情報が読み取れたらすごい事になりますね(笑)。
2006年03月27日
09:53
山本弘
・研究家の法則
「その方面では世間に最も名の知られている研究家」は、いちばんいいかげんなことを言う研究家である。
 まともなことを言う研究家ほど、マスコミへの露出度は少ない。

・コンタクトの法則
 宇宙人から重大なメッセージを託されるのは、社会的影響力や信用度の低い者だけである。

・宇宙人の円盤の法則
 地球人よりも何世紀も進んだテクノロジーのはずなのに、墜落する率は地球人の航空機よりも高い。

・予言の法則
「○月×日に大異変が起きる」という予言は必ずはずれる。

 いくらでもできそうですね。「奇現象/超常現象」コミュあたりにトピ立てません?
2006年03月27日
10:19
ワカシム
コンタクトお説教の法則
 ひと世代前に警告をくれれば良いのに、地球的に旬な環境問題ネタを指摘しては主婦にお説教をする。
核の冬、オゾンホール、環境ホルモン、地球温暖化、

チャネラーの法則
 曖昧で陳腐な質問にはお返事をくれる一方、科学・数学の質問は無視する。
2006年03月27日
22:01
ものぐさ太郎α
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=5561036&comm_id=80117

皆さんありがとうございます。
早速立てさせていただきました。以後はこちらへお願いします。
2006年03月27日
23:13
ものぐさ太郎α
山本弘さん
こんにちは。

>まともなことを言う研究家ほど、マスコミへの露出度は少ない。

 そしてその立場は正しく報じられない(笑)。ってのもありますね。

2006年03月28日
00:23
ボーダーランド
>興味も関心も持たない本は長く市場に残るが、その本に別の価値を見出した途端、それは姿を消す。

これ今、事実として体験してる(W

2006年03月29日
22:24
ものぐさ太郎α
ボーダーランドさん

 今、本当にUFO本って売ってないですね。
 一時は異常に売ってたのに(笑)。

このコンテンツの
年度別一覧ページへ
次のページへ

殿堂入り作品一覧へ 奇説珍説博物館
トップページへ
部門別トンデモ特別賞へ