山本弘トンデモ資料展
2007年度版6−A


このコンテンツの
年度別一覧ページへ
次のページへ

[懐疑的に超常番組に突っ込む] トピック
2007年04月04日
14:34
 『スッキリ!!』
  山本弘
 4月4日(水)朝8時からの日本テレビの『スッキリ!!』で、「世界各国で出現“UFO”/一般公開!衝撃の映像」と題するコーナーがあったので報告します。
 例のフランス国立宇宙研究センターがUFO関連資料を一般公開したというニュースを取り上げたものなんですが。
 まず、ツッコミどころは、画面に次々に映ったUFO写真。詳しくない視聴者が見たら、これがフランスの公的機関が公開した写真なのかと思いこむかもしれませんが、僕には見覚えのある有名なものばかり。

・50年のマクミンヴィル写真
・65年、ミネソタ州で撮影された赤いUFO
・51年撮影のラボック光
・57年にニューメキシコ州の空軍基地近くで撮影された写真

 フランスの写真、ないじゃん!(笑)
 と思ったら、その後でようやくフランスで撮影されたUFO映像が。ひとつは2001年に南フランスで撮影されたものだそうで、白く細長い物体が浮かんでるだけ。風船ぽい?
 もうひとつは、やはり2001年に撮影されたもので、夜間に白い光(小さくて形状不明)が画面の中でふらふら動いているというもの。

ナレーション「画面には動きの速い丸い物体が映りこんでいる」

 いやいや、この動きは明らかに手ぶれだよ。それに何で「丸い」って分かるの?

ナレーション「一方、日本でも、近年、UFOの目撃情報が各地で数多く報告されている」

♪チャララーン、チャラチャララーン

 うわ、懐かしい! 矢追スペシャルのBGMだよ!

 2001年12月、広島で撮影されたビデオ。光点がじっと空に浮かんでるだけ。日付が不明なので断言できないけど、星かもしれない。

 2003年4月、石川県小松市で撮られたUFO写真。かなり距離があるらしく、いっぱいに拡大して、ようやく黒くて楕円形っぽい影が見えるという程度。

ナレーション「突然、上空に現われたこの物体、2〜3分の間、風船のように浮遊したのち、そのまま姿を消したという」

 風船じゃないの?

目撃者の男性「ここ3年くらいで6回ほど見てますので、まず間違いないと思っとります」

 何回も見てるんですか。
 しかもこの男性によれば、なんと、この写真上ではほとんど点にしか見えないUFOの中に、2人の宇宙人が乗っていて、1人がハンドルを握っているのまで見えたんだそうである。
 すげえ視力だな(笑)。

 続いて登場するのが、

ナレーション「2004年10月、『東京スポーツ』がスクープした、奈良県・天理市でのUFO目撃情報」

 ……と言っているのだが、実はこれ、元の『東スポ』の記事に重大なミスがあるのだ。

http://tamabook.com/news/back/image/2005back/UFO2005-3.jpg

 奈良県・天理市というのは、撮影者の天宮清氏が住んでいる場所であり、撮影場所ではないのである。
 なぜそれがわかるかと言うと、映っている機が高度が低く、明らかに着陸態勢にあること。しかし、奈良に空港はない。
 記事によれば、この機はJAL1521便で、撮影時刻は午後5時23分。
 しかし、JAL1521便は午後5時35分に伊丹空港に到着するのである。つまり、この撮影場所は伊丹空港周辺!

 今回、日本テレビはこの『東スポ』の誤報を信じて、撮影場所が「奈良県天理市」だと言ってしまったのである。
 さらに、撮影者の天宮氏が、日本テレビのインタビューにどう答えているかというと、

天宮「飛行機を定期的にね、撮ろうとしてたわけなんですけど、見慣れないものがファインダーの中に入ってきたんで、ずっとそれに焦点を合わせたんですけどね」

 飛行機を撮ろうとしてた!
「見慣れないもの」が見えた!
 これでは視聴者に、飛行機マニアの人がたまたまUFOを撮影したかのように思われてしまう。
 ウソついちゃだめでしょ、天宮さん。「見慣れない」だなんて。あなた、しょっちゅうUFO撮ってるじゃないですか!

http://www006.upp.so-net.ne.jp/masahirotsuda/ufoframe.htm

 その後に出たのが、2004年にメキシコ空軍が撮影した例の映像。正体はとっくに判明しているのに、ナレーションではそれを言わない。ひどいね。

 最後に紹介されたのは、番組コメンテーターのテリー伊藤の友人が、アンコールワットで撮影したというUFO映像。
「見れば人生観変わりますよ」と力説するテリー伊藤。
 沈む夕日を撮影したビデオ。その周囲を光体が大きさや色を変えながら飛び回っている。

 あのー、テリーさん?
 これ、どう見たってレンズ・ゴーストですけど?

 取材班は大槻義彦教授に鑑定を依頼。ビデオを見た教授もやはり「レンズ・ゴースト」と説明する。
(ここで入る説明の図が間違ってて、フィルムから反射した光がレンズでまた反射することになっている。実際はレンズ内で反射してるはずなんだけど)
 それでもあきらめきれない取材班、今度は韮澤潤一郎氏と矢追純一氏に鑑定を依頼(笑)。ビデオを見た2人の感想は、

韮澤「カメラのレンズの構造上から、ゴーストの可能性が高いですね」
矢追「一部、ゴーストにしては面白い動きをしてるので、UFOである可能性もある」

 うわっ、韮澤さんにまで否定されちゃったよ(笑)。
 それでもねばるテリー伊藤。
「まだまだ分かりませんよ!」
「あれは大槻さんの間違いです!」
 韮澤さんが否定してるような映像を本物だと言い張るテリーって……。

 タイトルに反してスッキリしない番組でした。

書き込み
全てを表示  [ 1 ]  最新の10件を表示
2007年04月04日
15:15
    1:  塩田多弾砲
 自分も見ましたー。作業しながらだったので、細かいとこは見逃しちゃいましたが。

>しかもこの男性によれば、なんと、この写真上ではほとんど点にしか見えないUFOの中に、2人の宇宙人が乗っていて、1人がハンドルを握っているのまで見えたんだそうである。
>すげえ視力だな(笑)。

 自分も見たとこ、点にしか見えなかったですね。なのに、そんな状態でコックピット内の宇宙人まで見えた撮影者の視力っていったい……(笑) 宇宙人よりもそっちのほうが驚異です(爆)

>最後に紹介されたのは、番組コメンテーターのテリー伊藤の友人が、アンコールワットで撮影したというUFO映像。
「見れば人生観変わりますよ」と力説するテリー伊藤。

 確かに、最初に見たら「おおっ」と驚きはしたけど、人生観変わるほどのもんじゃあなかったですねー。見慣れない人(自分もだけど)が見たら、「これはスゴイ」と動揺するかもしれないけど、それだけ。
 大槻教授に見せたら、否定的な見解を口にするとは思ってたけど、まさかその後に矢追・韮澤両氏にまで同じように言われるとは思いませんでした。

 テリー伊藤も、これがゴーストとは認めたくないんでしょうね。本人は感動したもんだから、「本物だ」と認めさせたい。で、ついぞがんばっちゃったと。

 昨夜から今日の朝にかけて、日本TV系列の番組でUFO映像が結構流れておりますが、またぞろUFOブームでも仕掛けるつもりなのかな。
 ううむ、良いのか悪いのか。とりあえずバラエティ番組では、使いまわしの映像でごまかすのはやめていただきたいとこです。
2007年04月04日
15:47
    2:  なかねくん
「UFO」のすぐ次の話題が関テレの「あるある捏造問題」でした。

おいおい、並べちゃっていいのかい?
2007年04月04日
16:02
    3:  UFO教授
 映像が残ってるはずなので、今晩確認してみます。
 そんなに、面白い番組だったのですか。期待しちゃおう。(もちろん、すごい情報がある、という意味ではなく、「面白いやりとりがある」という意味で)
 天宮清氏って、有名なUFO撮影家(?)じゃありませんでしたっけ?
2007年04月04日
17:00
    4:  なかねくん
天宮さん
この方ですね
http://www006.upp.so-net.ne.jp/masahirotsuda/ufoframe.htm
2007年04月04日
17:30
    5:  山本弘
 追記。
 よく考えたら、前にも同じこと書いてました(^^;)。

http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=1206462&comm_id=79638

 2003年10月のダイヤを調べてみると、JAL1521便は伊丹に17時30分着になってますね。

http://travel.jorudan.co.jp/biz/a_1q_tyouky3_jal.html
2007年04月04日
17:46
    6:  山本弘
 この人の住所が分かったんで、伊丹空港との位置関係を検索。

http://www.mapfan.com/m.cgi?MAP=E135.49.5.4N34.35.41.7&ZM=4&CI=R&OMAP=E135.49.5.4N34.35.41.7&SMAP=E135.49.5.4N34.35.41.7&SP=1&MS=1&KN=0&CTG=&CT=&CW=&u1=%2Faddreference%2Ecgi&s1=%BD%BB%BD%EA%B0%EC%CD%F7%B8%A1%BA%F7&u2=%2Faddreference%2Ecgi%3FJS%5F%5F00%7E%7EPA%5F%5FRi%5FRHP&s2=%C6%E0%CE%C9%B8%A9&u3=%2Faddreference%2Ecgi%3FJS%5F%5F00%7E%7EPA%5F%5FRi%5FRHPfWTE&s3=%C5%B7%CD%FD%BB%D4&u4=%2Faddreference%2Ecgi%3FPA%5F%5FRia567%5F7HPfWTEc1J6%7E%7EPN%5F%5F1&s4=%BF%F9%CB%DC%C4%AE&s5=%C6%E0%CE%C9%B8%A9%C5%B7%CD%FD%BB%D4%BF%F9%CB%DC%C4%AE

 距離的には、この時刻に上空を通過しててもおかしくはないか。
 でもやっぱり、そんな高空を飛んでるように見えないんだけど……?
2007年04月04日
19:10
    7:  UFO教授
 しまった、録画し損なっていた!
2007年04月05日
09:18
    8:  山本弘
 自説に自信がなくなってきたんで(^^;)、もう一度検証をやり直してみました。
 僕がこの旅客機が低空で飛んでいたと思う根拠は、「画面に大きく写っている」「空気によるかすみがあまりない」ということです。
 ところが、この記事を読むと、天宮氏は光学ズーム16倍のカメラに1.4倍のテレコンバージョンレンズを使用していたとのこと。ありゃ、ということは大きく写っていたのはズームのせい?

http://tamabook.com/news/back/image/2005back/UFO2005-3.jpg

 そこでもういっぺんビデオを見直してみました。

 ……やっぱりヘンだ。
 というのも、飛行機が通り過ぎた後、この光点が大きくズームになるんですよ。ということは、飛行機を写している時点ではそれほどズームになってない(16倍ではなく、せいぜい数倍)。
 こんなに大きく写るものなのかな?
2007年04月05日
12:17
    9:  ものぐさ太郎α
ああ、面白そうじゃないですか。
「天宮さん」という時点で(確か2004年頃には雑誌の連載もしていたような)感づくのは・・・マニアだけか。
ブームが起きても面白い本はあまり再版されないんだろうな。

新大阪駅あたりだとかなり大きく写りますが、奈良だとどうなんだろう。
全てを表示  [ 1 ]  最新の10件を表示

このコンテンツの
年度別一覧ページへ
次のページへ

殿堂入り作品一覧へ 奇説珍説博物館
トップページへ
部門別トンデモ特別賞へ