山本弘トンデモ資料展
2007年度版14−A


このコンテンツの
年度別一覧ページへ
次のページへ

懐疑的に超常番組に突っ込む トピック

『FNS27時間テレビ』で悪質行為発覚 2007年11月01日 11:20
山本弘
 現在発売中の『週刊文春』(11月8日号)の「『善意のボランティア』をペテンにかけた江原啓之とフジテレビ」という記事より要約。

・善意でボランティアをしている50歳女性Aさんが、フジテレビ夏の名物番組『FNS27時間テレビ』に登場した。
・Aさんは美容院と同時にリンゴ園を経営している。中越地震の際に被災地に励ましの手紙を添えて4万5000個のリンゴを送った。
・番組内では「リンゴをタダで送るため、リンゴ園の経費がかさみ、肝心の美容院の経営が苦しくなっていたのです」と、虚偽のナレーションを流し、Aさんが働きもせずにボランティアに熱中している女性であるかのように描いた。(実際は美容院の経営は順調)
・番組では、美容院のスタッフがAさんを心配する手紙を送ってきたので、彼女の悩みを解決するために香取慎吾が立ち上がったという構成になっていたが、この手紙も番組スタッフによるヤラセ。 (スタッフは「演出の一環」と開き直った)
・スタッフは「講演会の依頼が来た」とウソをついてAさんを会場に呼び出した。
・会場には、かつてAさんからリンゴを送られた被災者の人たちが駆けつけてきていたが、その半数以上がAさんと関係のないサクラ。
・そこに江原啓之が登場して霊視を開始。
「亡くなったお父さんが、このままで行ったら、お店が大変なことになると言ってますよ」
「Aさん自身の守護霊さんもおっしゃってるから言うけど、Aさんが悪い。下手なの」
「本当にお人好しだし、自分自身がこうと思うと自分だけで突っ走ってやっていくでしょう」
 などと、Aさんがボランティア活動に入れ上げて、美容院のスタッフに迷惑をかけていると非難した。(繰り返すが、美容院の経営は順調だった)
・Aさんはさすがにかちんと来て江原に言い返したりしたが、そこはカット。
・最後に目を潤ませているAさんの姿を映し、あたかもAさんが江原の言葉に感動しているかのように編集。

 さすがにBPOが動き出して関係者のヒアリングなども開始しているそうですが、善意の一般人を騙したうえに中傷するような悪質な番組は、とことん叩き潰していただきたいものです。

コメント(25件)

1 2007年11月01日 11:43
船橋から来た女
・・・これ、真実だったらとんでもない話ですよね。

 本業が順調だったら、余裕の部分でどんな活動をしようと自由だと思うん
ですが・・・どう考えてもだれも傷つけていないこの人をまるで周りが見えて
ない独りよがり扱いして、テレビ局側も何の徳があるんでしょうか?

 実際にAさんの「善意」に励まされた人たちは怒るでしょう。抗議をした
人も少なからずいるかもしれません。それと、こんなところでピエロにされた
香取くんもかわいそうです。タレントは基本的には正式なルートでされた
オファーは断ってはいけないのでしょうが、これが大騒ぎになれば彼だけで
なくSMAPの仲間にも飛び火してしまいかねないし・・・(ヤラセと知って
手を貸すような人ではないと思いたいです)

 江原氏は「本当に」Aさんが独りよがりの行動で周りに迷惑をかけて
いると思っていたのでしょうか?それともテレビ局側の「ト書き」のまま
話していたんでしょうか?(後者だったら心底呆れますが)

 今回はBPOはしっかりやって欲しいですね。出来れば全てを明らかにした
上で、世間にはっきりくっきり見える形で「公表」していただきたいですね。

 TBSといいフジといいどーしてこう・・・orz

 放送業界にも「黒船」来襲キボーン!!自由化しちゃえっ!!
 海外放送局の「支局」も自由に電波買える様になったら面白いですねー。
(別の意味で物騒かもしれませんけど)
2 2007年11月01日 13:00
山本弘
 ニコニコ動画に上がってました。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm1044053

 うわー、「悪い」ってはっきり言ってるわ。
 しかも「自分が救われる喜びにひたり、店の経営を忘れている」なんてナレーションとテロップも。

 文春の記事によれば、

> 前出の番組参加者が語る。
>「収録は二時間もかかりましたが、放送は数分。番組に流された以外にも、現場でAさんは江原さんからずっと酷いことを言われ続けていました」

 でも、こういう風に編集すると、本当に感動的に見えちゃうから恐ろしい。
3 2007年11月01日 13:08
こんちーた

本人に訴えを起こして欲しいですね。

マスコミのゴシップ記事だけで終わったら、あいつにとって何の痛手にもならんでしょう。

4 2007年11月01日 21:56
ゴールド
これは悪質なヤラセですね。恐らくスタッフは被災地にリンゴが届けられたエピソードを知って、これらの企画を構成したのでしょう。
タレントならまだしも、善意の一般人をダシに使うとは許せません。
5 2007年11月01日 23:53
偽史学博士
「ボランティアに夢中で本業を忘れている」という名目で人を責めるというのは、ふだんなら週刊文春こそやりそうなことなわけでマスコミ全体の捏造体質が問われるケースですね。
6 2007年11月01日 23:58
らすてぃー
テレビの関係者ってみんなこんなもんなんだろ?
江原を信じてる奴なんてホントにいろのかも疑わしい
7 2007年11月02日 00:49
bc XXX
この問題、「きっこのブログ」とかの影響力のあるブログで取り上げてもらえないもんでしょうか?
これをきっかけにバカげたブームに終止符が打たれるべきだと思います。
8 2007年11月02日 01:14
Tono
「きっこのブログ」は逆に話の信頼性を失わせる恐れもあるかと。
9 2007年11月02日 01:17
こんちーた
いや、普通に法廷で争われるのが一番だと思います。
10 2007年11月02日 06:52
船橋から来た女
 こういう「恥な話」はたぶんメジャー系のマスコミは取り上げないと
思います、残念ながら。「きっこのブログ」は確かに疑問が多いもの
ですが、少なからぬブロガーが気づいて同時多発的に取り上げれば話は
かなり広まるのでは?

 多分江原氏の本音は、「そんな余裕があるなら俺様に貢げ」じゃ
ないんですかねぇ・・・(本とかセミナーとかetc・・・)
でなきゃ、何のためらいもなく本当の「善い事」をして別に誇るでも
ない人間に訳の分からん感情があって、その鬱憤を晴らすために
テキトーなこと言ってテレビ局を「利用」したとか(もしそうだとしても
フジには全く同情できませんけど)・・・

 繰り返しになりますけど、本来「ボランティア」って、それぞれの
ペースで「余裕」の部分でやるものなんですよ。たまに加減が分からなくて
突っ走っちゃう人もいますが、そういう人にも怒るのではなく、「もう少し
バランス考えましょ」くらいでいいはずなんですけどね。
11 2007年11月02日 09:07
山本弘
↑ 確かに。チャリティ番組やチャリティ・コンサートにはしばしば出演してるみたいだけど、江原啓之自身がどこかに寄付したって話は聞いたことがない。
 やっぱり心の中にAさんに対するねたみがあったんじゃないかという気がします。

 過去にはこんなニュースも。

http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/911897.html
12 2007年11月02日 09:31
エロの冒険者
 きっことかもう勘弁してください。

 あれは単なるキチガイです。
13 2007年11月02日 09:45
エロの冒険者
 これだけ手間隙かけるならつまらない感動話じゃなくって、そのエネルギーを使って凄いフェイクのUFO映像を作ったりして欲しいなあ。

 どうせヤラセなら、こっちの方が面白いじゃないですか。
14 2007年11月02日 12:12
Tono
>10
船橋から来た女さん

>「きっこのブログ」は確かに疑問が多いもの
>ですが、少なからぬブロガーが気づいて同時多発的に取り上げれば話は
>かなり広まるのでは?

効果のほどは疑わしいかと思います。

騒ぎの成分の少なからぬ割合が「きっこのブログ」の是非に関する雑音で占められて
問題の焦点がぼやけてしまう恐れがあります。
また件のブログがよくわからない独自ソースを用いて
話に尾ひれを付ける可能性もないとは言い切れません。

煽るにしても、火元を選ぶ必要はあるかと。
15 2007年11月02日 18:20
船橋から来た女
>Tono様

 そうですね。あのブログはとかく信憑性の点で問題があるようですし、
どうも思想的にかなり偏ってる印象も受けましたから・・・ただ、閲覧者
が多いので影響力の点で大きいかなと思ったのですが、「煽るにしても
火元を選ぶ必要はある」というのは全くその通りかと。

 できれば山本先生が紹介されていた記事やらニコ動の動画やら見て、
「自発的に」取り上げる他のブロガーが多く出てきて欲しいとも思って
ますが・・・「ブログ」を読み物程度に思ってる人も多いかもしれないし、
やはり大掛かりな裁判劇にでもならないと社会の耳目は集まらないんで
しょうかね
もうやだ〜(悲しい顔)
16 2007年11月02日 21:44
タノQ
ブログやってるけどワード検索で来訪下さる方々の99.9%(当社比)皆よみ捨てでして感想コメントいただけやしません。そーゆー人らがネットには多い模様。
げんじつコメ頂戴するのは、ご常連だけ。そんなもんです。

名指ししないけどさ、世の中にはストレスとか心の病をかかえてて苦しんでる人間ゴロゴロいてるんだな。寿命まっとうするまでに心を病まないで済む人、じっさい統計で全体なん割か一体、ご存知なんだろうか。
ちなみに俺もウツ経験者だが「吉外」の、なれの果て、かね。やれやれ。

トピ違いなトゲトゲ◇しさで、わるかったね。
17 2007年11月02日 23:10
gallery
週刊文春、読みました。 正直、 こ れ は ひ ど い 。

一応、この記事が本当だったら、という条件は付くでしょうが。
でもフジテレビ、最初から手紙なんぞ来てないこと認めちゃってるしなあ。

あの番組以降、本当に美容院の風評や人間関係に悪影響が出てれば、
リアル被害を受けてるわけで、訴訟して充分に勝てるんじゃないかな。
なんかリンゴ送るよりも、よほど世間のためになるような(失礼)。

文春の記事には、この人の抗議後にスタッフが平謝りしたとのこと。
後日談の番組『27時間テレビ・その後』で、店をヨイショしたらしいですが。
(さすがに、そちらはアップはされてないですね)

当事者以外の者は、地道に↓こちらですかね。いち視聴者として。
http://www.bpo.gr.jp/iken/maeiken.htm
18 2007年11月02日 23:29
後藤寿庵(男爵)
BPOでの議事概要が載ってますね。
http://www.bpo.gr.jp/kensyo/giji/giji-6.html
番組名が明示されていないのですが、多分

◆一般の人にドッキリカメラ手法を用いて、霊能者が亡き人のメッセージなるものを伝え、
 「傷つけられた」と抗議のあった番組

という部分でしょう。

「抗議を受けて作ったフォロー番組は、訂正でも何でもない。」
とバッサリです。
19 2007年11月03日 15:32
甚兵衛
#18 で紹介されているBPOの議事概要、どうも「番組の作り方」が問題視されているみたいですが、ちょっと手ぬるい印象を受けますね。

きっかけにされた「美容院スタッフからの手紙」も捏造なんだし、江原の言っていることも捏造なワケでしょ?
要するにあからさまな「ウソ」を本当であるかのうように放送しているワケですから、「あるある」と同列に断罪するべきだと思うんですけどね。
20 2007年11月03日 18:15
すし てつこ
「痛いニュース」にも取り上げられましたね。
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1050757.html
21 2007年11月05日 13:02
Tono
>19
甚兵衛さん

>江原の言っていることも捏造なワケでしょ?

そこが難しいところでしょう。
江原の言ってることがウソかどうかは、実際に霊に聞いてみないとわからないからです。
んじゃ霊ってのが本当に実在するのかってのも、BPOには荷が重いし畑が違いすぎます。

江原はじめとする霊能者の悪質な点は、正に此処にあるんじゃないでしょうか。
「霊がそう言ってる」なんつっても、客観的検証はほぼ不可能だし
いくら胡散臭いと周囲が言っても、信じたい人は信じちゃいます。
信じて金を吐き出す人が一人いれば、それだけで彼らの勝利ですからね。

究極的には、自分たちは追及されないのをいいことに、彼らは故人の意思を弄んでいるのです。
22 2007年11月05日 13:31
にゅー
 BPOこそ、この問題は深刻に受け止めなければいけません。

 なぜなら、霊の存在を前提とした番組ならば、捏造とはいえなくなるでしょうが、放送倫理(民放連放送基準)に違反します。霊の存在を単なる演出であると考えるのならば、人権問題だからです(これは、他の霊能番組にも言えます)。

 BPOは「放送倫理検証委員会、放送と人権等権利に関する委員会(BRC)、青少年委員会を運営。」ですから、BPOがこういった番組を放置した場合、全く無意味な機関だと宣言しているのに等しくなります。
23 2007年11月05日 15:02
甚兵衛
> 21
Tono さん

う〜ん……。

今回の件は、「霊視を元に発言した」ことは問題の本質ではないと思います。

「番組において、捏造された虚偽の情報が流された」ということがそもそも問題なワケで、その点はTV局側もある程度認めている(「演出」と言い張っても、一般的に見れば「捏造」でしょう)通り明らかです。

江原はその中で明らかに重要な役割を果たしており、「捏造に加担した」という点については「霊の存在云々」を議論する以前の問題として非難されるべきじゃないでしょうか。

番組が「虚偽のイメージを捏造した」ことは明らかと言っていいと思われますので、どのようにその捏造に至ったか、その中で誰がどのような役割を果たしたかを徹底的に検証すれば、江原のデタラメさが自ずと明らかになると思うんですが。
24 2008年01月21日 20:48
ユウヒツ
今回の件の続報というか結果がミクシィーニュースに載っていました。
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=388190&media_id=4
以下はコピー。

放送界の自主チェック機関である放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会(川端和治委員長)は21日、7月にフジテレビ系で放送された「27時間テレビ」で放送倫理違反があったと認定する「意見」を発表した。コーナーは「スピリチュアルカウンセラー」を名乗るタレントの江原啓之氏が、東北地方在住の美容室経営の女性を「霊視」し、アドバイスなどをする内容。同委は、裏付けなく美容室を「経営難」と断定し、女性本人の了解を得ないで「カウンセリング」を受けさせたことを問題視。「『スピリチュアルカウンセリング』なるものを面白く見せるため、一方的に出演させた人の生活状況を十分な裏付けも取らずおとしめた」と指摘した。



 さらに、「面白さを求めて『スピリチュアルカウンセリング』をPRするような構成・演出は避けるべきだ」として、霊視や占いを安易に取り上げることにも警鐘を鳴らした。同局には3カ月以内に改善策などの提出を求めている。



 フジテレビは「ご迷惑をお掛けしたことを改めておわび申し上げる」とコメントした。 
引用終わり。

今回の件は霊能を「面白おかしくでいいだろう」と、安易な構成があったと思います。
霊能の是非はともかくとして、こういうはやはりまずいかと。「この番組はフィクションだよ」と提示してるわけではないですからねー。
「こういう番組は暗黙の了解だ。信じる方がまずい」という意見では通りませんよね。
どういう改善をするのでしょうかね。

25 2008年01月21日 21:34
近衛
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080121-00000087-mai-soci

Yahooニュースにも載ってましたが、微妙に違いますね。以下引用。

  NHKと民放でつくる第三者機関「放送倫理・番組向上機構」(BPO)の放送倫理検証委員会(委員長・川端和治弁護士)は21日、フジテレビ系で昨年7月28日に放送された「FNS27時間テレビ」で、番組制作上の倫理違反があったとする意見書をまとめ、フジに手渡した。

 審議されたのは、同番組のコーナー「ハッピー筋斗雲」。出演したスピリチュアルカウンセラー(霊能師)が、新潟県中越沖地震の被災者らにリンゴを贈るなどボランティアを続ける東北地方の女性出演者に「亡くなった父の声」とする言葉を伝えた。番組は、女性出演者が経営する美容院が経営難であるかのように放送。スピリチュアルカウンセラーは女性に「自分自身の生活を度外視してはだめ」などと述べた。

 検証委は意見書で、「おもしろさ」「わかりやすさ」をよりどころとし、出演者の心情への配慮を欠いている▽出演者の生活への影響を考えていない−−などと指摘した。

 フジ広報部は「番組制作にあたって誠意を持って十分配慮をしてきたつもりですが、結果として(女性出演者に)ご心労、ご迷惑をおかけした事をあらためておわびします」とコメントした。

 引用終わり。

 なんで江原氏の名前出てないんだろ?

このコンテンツの
年度別一覧ページへ
次のページへ

殿堂入り作品一覧へ 奇説珍説博物館
トップページへ
部門別トンデモ特別賞へ