山本弘トンデモ資料展
2009年度版3−G


前のページへ このコンテンツの
年度別一覧ページへ
次のページへ

人類は月に行ってない!? トピック

ブッシュ大統領、会見でアポロ計画は捏造だったと謝罪 2009年06月27日 01:10
やすし
都合の悪い発言は迷語録に入れてしまうわけですか。
まあ、謝罪してもらわなくても、月面着陸がNASAの捏造であることは、すでに多くの人々が知っていますが。大笑

ブッシュ合衆国大統領は、2030年頃を予定としている月面着陸計画の具体的なプランを披露する会見で、アポロ計画は、実際にはなかったと謝罪した。
 
アポロ計画は冷戦下の当時、ソ連との熾烈な宇宙開発戦争に勝利するため、スタンリー・キューブリック氏に依頼したとも発言。
 
この時期に公表した理由について、『2001年宇宙の旅』『時計仕掛けのオレンジ』など数々の名作で知られる同監督が、自身の死後の丁度七年で真相について語る様にと、自身の腹心数人に証拠つきで頼んでいたからとしている。
 
政府としてはその腹心数人に説得を試みたが、全員に固く拒否され、さらにキューブリック氏は、腹心が説得された時の為に、同じく死後七年でばら撒かれる衆人が納得する証拠つきのウィルスを設定していた事もわかった。このウィルスの発生箇所は、100箇所以上と言われ、これに政府は諸手をあげ、ウィルスがばら撒かれる前に発表すれる運びとなった。
 
なお、政府が公式に発表した事で、同ウィルスがバラまかれる心配はなくなったという。

 
ブッシュ大統領は会見の中で、
『If there was hole, I wanna be bush』(もしそこに穴があったなら、茂み-ブッシュ-になりたい)
と発言している。
キューブリックの名作の「in out」と言う台詞を知らないのだろうか。
同発言は、発言からわずか1分後に、ブッシュ迷語録のサイトに収録された。
http://ifthereislie.269g.net/article/1472217.html より。

コメント(93件)

1 2009年06月27日 01:26
妙子(偽)
あのさ、アメリカの公式文書へのリンクならともかく、個人のブログの記事をそのまま引用してスレ立てるってどうなの?しかも3年以上前の。悪質な嘘も書くと公言しているブログの。

>キューブリックの名作の台詞

「時計じかけのオレンジ」で聞いたような。
2 2009年06月27日 01:34
ROCKY
フィクションとしたって面白くもなんともない。
3 2009年06月27日 01:51
マゼット@桜は俺の嫁
>1
「in out」“入れたり出したり”って原作本では訳してますね。要するにアノ行為を表す近未来のスラング。
4 2009年06月27日 02:05
きくまこ
えーっと、エープリルフールに続いて『嘘ブログ』にも引っかかります、っていうことですか?
メディアリテラシーが足りなすぎると思いますが
5 2009年06月27日 02:05
プレジデントマン
やっっちゃんハラショー!おまえの言う事はちっともスメックできねぇ。 デボーチカとインアウト!でもしてろ。
6 2009年06月27日 02:23
太郎左衛門
このコミュニティーにも、アポロ月探索の真偽に対してニュートラルな人はいると思う。
その人達が、やすしの一連のエキセントリックながなり立てを読んで、「やっちゃんは正しい、アポロは月に行っていない。」と思うかねえ?

やすしよ、あんたの論調でニュートラルな人を説得できると思っているのか?
7 2009年06月27日 02:31
ごご〜(゚∀゚)o彡゚
>>6 太郎左衛門さん
此処まで真偽の程が明らかな命題に対してneutralを気取る人は
結局何も解ってない人と同類では?
8 2009年06月27日 09:11
へげもん
いくらネタがないからと言って、これはひどい。
やすしの「Kick me!」劇場ですか。
9 2009年06月27日 09:22
太郎左衛門
> ごご〜(゚∀゚)o彡゚さん

確かに。
御意にて候。

0か1か、ですね。
10 2009年06月27日 09:26
てくたろ@座布団26枚
>>4 きくまこさん
人生の半分を過ぎた初老のオッサン云々スレで判るとおり、算数もできないやっさんにメディアリテラシーなんて高等技術を求めるだけ無駄っていうものでしょう。
11 2009年06月27日 09:36
ザボーガー1号
皆さん、やすしに反応し過ぎ。
やすしのような動物は、脊髄反射で動くんですよ。
だから、あまり彼の脊髄を刺激するような事を書いちゃダメですよ。
12 2009年06月27日 09:47
へげもん
11:
>脊髄反射で動く

「こいつ……動くぞ!」と楽しむのはNGですか。
13 2009年06月27日 10:58
やすし
またもや、mixi の暇人グループの馬鹿どもが、アメリカ人による月面着陸の肯定に必死だね。大笑

SNS では、おまえたちのような嘘つきどもの存在は、害悪なんだよ。

新しく SNSに入ってきた人たちは、世の中の真実をを知りたいと願っていると思うよ。

月面着陸というアメリカのくだらないプロパガンダを擁護したら、新しく SNSに入ってきた人たちが世の中の真実を知ることの妨げになる。

ここ40年間近く、月面に着陸した人間はいない。

ということは、40年前のアメリカ人による月面着陸が嘘である可能性は大きい。

ブッシュは、心底アメリカ人を月に行かせたかった。

しかし、今後の月面着陸の可能性は低く、多くの失敗を重ねることは分かっている。

その失敗を乗り越えてアメリカ人に月面着陸に挑戦させるためには、まず、40年前の月面着陸が嘘であったことを政府が告白して国民に謝罪する必要がある。

ブッシュの考えたことは、まともだろ。

おまえたちは、こんな簡単な理屈すら分からない馬鹿なのか。
14 2009年06月27日 11:01
やすし
>ザボーガー1号
>やすしのような動物は、脊髄反射で動くんですよ。

脊髄反射で動くのは、トピを立てたらすぐに書き込むおまえたちだろ。

まず、このあたりで勉強してから、出直してきたら。

喜八ログ
http://kihachin.net/klog/

日本がアブナイ!
http://mewrun7.exblog.jp/

報道写真家から
http://blog.goo.ne.jp/leonlobo

事実を我々全員の手に
http://doujibar.ganriki.net/00menu.html

飄(つむじ風)
http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/

高橋敏男のブログ
http://3620065.at.webry.info/

文明コンサルタント
http://civilization-consultant.com/blog/

園田義明公式HP
http://www.sonoda-yoshiaki.com/

長井利尚 Blog
http://blog.livedoor.jp/toshihisa_nagai/

池田信夫 blog
http://blog.goo.ne.jp/ikedanobuo

にほん民族解放戦線^o^
http://blog.goo.ne.jp/nanbanandeya

ろばみみみ
http://tsu.cocolog-izu.com/a/

藤原直哉のインターネット放送局
http://naoyafujiwara.cocolog-nifty.com/ipodcasting/

独立党
http://dokuritsutou.heteml.jp/

オルタナティブ通信
http://alternativereport1.seesaa.net/

わんわんらっぱー
http://d.hatena.ne.jp/Takaon/

ビル・トッテン コラム
http://www.ashisuto.co.jp/corporate/totten/column/index.html

マスコミに載らない海外記事
http://eigokiji.justblog.jp/blog/

カナダde日本語
http://minnie111.blog40.fc2.com/


連山
http://www.teamrenzan.com/

きっこの日記
http://www3.diary.ne.jp/user/338790/

世に倦む日日
http://critic6.blog63.fc2.com/

超大学生の追究日誌
http://blog.goo.ne.jp/blog-mt-mosquito

晴耕雨読
http://sun.ap.teacup.com/souun/426.html

労働者のこだま(国内政治)
http://blog.goo.ne.jp/sekiseima

黄金の金玉を知らないか?
http://goldentamatama.blog84.fc2.com/

北朝鮮拉致やらせ事件
http://www.geocities.jp/avatar4649/

木村盛世
http://www.kimuramoriyo.com/

議員だけは相続税を脱税できるままにしておこう、という自民党に投票するのはいったいどういう人?
http://blog.goo.ne.jp/tokyodo-2005

アナザー・オルタ通信
http://anotheralt.seesaa.net/
15 2009年06月27日 11:08
へげもん
というか、こんなお笑いネタを引っ張り出して真顔でトピをたてるなんて、やすしはどこまでおめでたい暇人なのか。
16 2009年06月27日 11:08
ザボーガー1号
脊髄反射の特徴

・都合が悪くなると罵詈雑言。その後、新たなトピ立て
・ひたすらコピペ
・自説に都合が良いl記事だけ信じ、決して中身を検証しない
・論破済みの話を、何度でも蒸し返す。
・趣旨と外れた書き込みを延々と行い、自分で訳が判らなくなる。
・最後まで発言すれば勝ち

あんた面白いわwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
17 2009年06月27日 11:18
やすし
アポロ計画が突然中止になり、40年間ちかくも月面着陸がなされていないのも、下記のやり方と同じだね。

都合が悪くなると黙りを決め込むだけ。

意味不明の政策転換

[ 新型インフルエンザ ]

 6月19日今までの政府の対応ががらりと変わりました。検疫は新型インフルエンザ発生前とほぼ同じ状態になり、今まで入れ替わり立ち替わり来ていた“応援部隊”もなくなりました。

 「今までの騒ぎはなんだったのだろう?」
 「きっとお祭りだったんだ」

 これが検疫所職員の間で交わされる言葉です。

 国内体制はといえば、今まで「一般医療機関に行かずに発熱外来へ!」といっていたのが「医療機関へ行きましょう」となりました。

 これだけ大きな政策の変更がある場合はその理由を明確にすべきなのですが、今日現在(6月25日)全く厚労省は言及していません。国内レベルもそのままです。

 悪のバイブル「行動計画」も書きかえるつもりがないままですが、今より毒性が強まったウイルスにおなじ対策を講じれば、今まで以上のパニックと何兆円と言われる経済損失を生みます。

 そして何より「感染症無防備国日本」の知名度をもっと上げることになるでしょう。国がインフルエンザ騒ぎで壊れる前になんとか手を打たねばなりません。

2009年6月25日

http://www.kimuramoriyo.com/ より。
18 2009年06月27日 11:21
へげもん
>「今までの騒ぎはなんだったのだろう?」
>「きっとお祭りだったんだ」

 「今までのやすしはなんだったのだろう?」
 「きっとおバカだったんだ」

いや、今後もきっとそうだ。
19 2009年06月27日 11:34
夢浦忍
>これだけ大きな政策の変更がある場合はその理由を明確にすべきなのですが、今日現在(6月25日)全く厚労省は言及していません。国内レベルもそのままです。

厚生労働省のサイトを見に行ったら簡単に見つかりましたが
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/inful_taisho.html
20 2009年06月27日 11:42
ザボーガー1号
wwwwwwwwwwwwwwww

脊髄反射の特徴

・趣旨と外れた書き込みを延々と行い、自分で訳が判らなくなる。 』
・『自説に都合が良いl記事だけ信じ、決して中身を検証しない』

が、早速出てきましたw
21 2009年06月27日 12:12
山本弘(日)東L-37b
 こんな大ニュースがあったら、それこそ世界中のマスコミが大々的に報じて、新聞紙面には「アポロ月着陸 捏造だった」というでっかい見出しが躍っているはず……とは思わないのだろうか?

>19
>厚生労働省のサイトを見に行ったら簡単に見つかりましたが

 副島センセーも、

>ところが、スペースシャトルというのは、何をやっている計画なのかがはっきりしない。地球の周りをぐるぐる回る以外のことをスペースシャトルというのは、やらない。

 などとたわけたことを書いておりましたっけ。
 スペースシャトルのミッションの内容なんて、調べれば一発で出るのに。
22 2009年06月27日 13:19
やすし
>夢浦忍

くだらないトリックはやめようね。

きみの提示したサイトのどの部分に新型インフルエンザ対策変更の明確な理由が載ってるの。
載ってたら、その部分を抜粋して提示してね。
いるんだな。URLを提示すれば納得してもらえると勘違いするおまえのような馬鹿が。

URLを提示しても誰もきちんとは読まずに引き下がると勘違いするおまえのような馬鹿が。w
23 2009年06月27日 13:23
やすし
>山本弘(日)東L-37b
>スペースシャトルのミッションの内容なんて、調べれば一発で出るのに。

調べる力がないからだと暗に言いたい。
そして、自分は、調べられると誇張したい。

残念ながら、スペースシャトルのミッションの内容や目的は、はっきりしていないよ。

はっきりしていると言い張るなら、おまえが調べた結果をここに提示してみな。w
24 2009年06月27日 13:26
夢浦忍
>きみの提示したサイトのどの部分に新型インフルエンザ対策変更の明確な理由が載ってるの。

一番最初の「基本的考え方」にはっきり書いてあるじゃん
25 2009年06月27日 13:27
やすし
>山本弘(日)東L-37b

「地球の周りをぐるぐる回る以外のことをスペースシャトルというのは、やらない。 」

という疑問点を明確にして、スペースシャトルのミッションの内容や目的をはっきりと提示するんだよ。

メインは、あくまでも、

「地球の周りをぐるぐる回る以外のことをスペースシャトルというのは、やらない。 」

のは、なぜかということだからね。



26 2009年06月27日 13:29
やすし
>夢浦忍

> 一番最初の「基本的考え方」にはっきり書いてあるじゃん

くだらないトリックはやめようね。

書いてあるなら、抜粋できるだろ。

嘘つきは、アポロ計画の始まりだよ。
27 2009年06月27日 13:33
やすし
>夢浦忍

さあ、答えてごらん。

@
検疫は新型インフルエンザ発生前とほぼ同じ状態になり、今まで入れ替わり立ち替わり来ていた“応援部隊”もなくしたわけ。

A
今まで「一般医療機関に行かずに発熱外来へ!」といっていたのが「医療機関へ行きましょう」となったわけ。

28 2009年06月27日 13:37
山本弘(日)東L-37b
>はっきりしていると言い張るなら、おまえが調べた結果をここに提示してみな。w

 ほい、ここ。

http://iss.jaxa.jp/shuttle/flight/

>メインは、あくまでも、
>「地球の周りをぐるぐる回る以外のことをスペースシャトルというのは、やらない。 」
>のは、なぜかということだからね。

 地球の周りをぐるぐる回る以外のことを、ずいぶんいろいろやっておりますが。
29 2009年06月27日 13:40
やすし
>山本弘(日)東L-37b

「地球の周りをぐるぐる回る以外のことをスペースシャトルというのは、やらない。 」 のは、人間が宇宙船に乗ってバン・アレン帯を通過できないからだよ。

そんな状態で、月になんか行けるわけないよな。

ブッシュは、まず、過去の月面着陸の捏造を国民に謝罪しないといけないと考えた。

立派じゃないの。

しかし、彼の側近たちは、彼の言葉を、他の彼の言葉とごちゃ混ぜにして迷語録に入れることによって過去の月面着陸の捏造を隠蔽しようとしたわけだ。
30 2009年06月27日 13:42
ぷらら/寺井の夏
それすらも陰謀なのに…
そんな簡単に信じたらいかんて。やすし揺れるハート
31 2009年06月27日 13:43
夢浦忍
あー、めんどくさ。

@
>海外からの感染者の流入を止めることはできず、今後とも、患者発生が続くと考えられる。

つまり、既に国内で感染者が発生してるから検疫で海外からの流入を防ぐ段階は既に終わったってこと。

A
>秋冬に向けて国内での患者数の大幅な増加が起こりうるという観点に立ちつつ、以下の方向を目指す
>医療機関の負担を可能な限り減らし、重症患者に対する適切な医療を提供

患者が大量に発生する事態が想定されるから、一部の発熱外来だけで対処するんじゃなくて、医療機関全体で対処する
32 2009年06月27日 13:47
やすし
>山本弘(日)東L-37b
>地球の周りをぐるぐる回る以外のことを、ずいぶんいろいろやっておりますが。

だから、何をやっているのかここに書けよ。

スペースシャトルのミッションは、地球の周りをぐるぐる回りながらやっているわけだろ。

そうでなかったら、しばし地球の軌道から離脱して月に行って、またもどってくるなんてこともたまにはあっていいだろ。

あれだけ長期間宇宙に滞在できるなら、月の周りを回ってきてからもどってくる計画も立ててもよいはずだ。

別に、月面に降り立つわけでもないからね。

それすらできないということは、人間が宇宙船に乗ってバン・アレン帯を通過できないからだよ。
33 2009年06月27日 13:47
ザボーガー1号
脊髄反射のサンプルその2

・論破済みの話を、何度でも蒸し返す。
・最後まで発言すれば勝ち

あんた、まんまだねぇ〜〜
34 2009年06月27日 13:51
夢浦忍
>そうでなかったら、しばし地球の軌道から離脱して月に行って、またもどってくるなんてこともたまにはあっていいだろ。

>あれだけ長期間宇宙に滞在できるなら、月の周りを回ってきてからもどってくる計画も立ててもよいはずだ。

「山手線がたまには新幹線を通って博多まで行ってもいいだろ」と同レベルのトンデモ発言だ(大笑)
35 2009年06月27日 13:59
やすし
>夢浦忍

ほほう、おまえが書いてあると主張する部分は、> をつけた部分というわけだね。

@
検疫は新型インフルエンザ発生前とほぼ同じ状態になり、今まで入れ替わり立ち替わり来ていた“応援部隊”もなくしたわけ。

>海外からの感染者の流入を止めることはできず、今後とも、患者発生が続くと考えられる。

「つまり、既に国内で感染者が発生してるから検疫で海外からの流入を防ぐ段階は既に終わったってこと。 」

というのは、

夢浦忍という馬鹿のかってな解釈であって、おまえの抜粋した部分は、単に、検疫の効果がなかった。無駄だったと書いてあるのだよ。
しかし、無駄だったからもうやめますとは書いてない。
だから、真実を隠蔽しようとしていることになるわけだよ。
こんなことすら、きさまには理解できないのか。

A
今まで「一般医療機関に行かずに発熱外来へ!」といっていたのが「医療機関へ行きましょう」となったわけ。

>秋冬に向けて国内での患者数の大幅な増加が起こりうるという観点に立ちつつ、以下の方向を目指す
>医療機関の負担を可能な限り減らし、重症患者に対する適切な医療を提供

「患者が大量に発生する事態が想定されるから、一部の発熱外来だけで対処するんじゃなくて、医療機関全体で対処する 」

というのは、夢浦忍という馬鹿のかってな解釈であって、おまえが抜粋した部分は、そもそも意味不明なんだよ。

夢浦忍よ。

くだらない自分の解釈は書かなくてよいから、「医療機関へ行きましょう」となったが、どうして、医療機関の負担を可能な限り減らすことになるのか説明しろ。



36 2009年06月27日 14:01
やすし
>夢浦忍
> 「山手線がたまには新幹線を通って博多まで行ってもいいだろ」と同レベルのトンデモ発言だ(大笑)

おまえ、船や飛行機に乗ったことないのか。

線路を走る電車と船や飛行機、宇宙船などは違うだろ。おまえ、ほんと、ばーか。w
37 2009年06月27日 14:09
へげもん
36:
>線路を走る電車と船や飛行機、宇宙船などは違うだろ。

いや。宇宙船に限っては、むしろ電車に近い。
線路は別名、軌道というが、当然ながら電車は軌道から外れることは出来ない。
宇宙船の飛ぶコースも軌道というが、こちらも軌道から外れることは出来ない。
その意味で、35の比喩は実によく現実を例えている。
38 2009年06月27日 14:09
夢浦忍
船や飛行機、宇宙船でも同じだろ。どんな乗り物だって、設計した時点での性能は発揮できない以上、目的外の使用は普通はやらない。

内海用の遊覧船で太平洋渡ってアメリカまで行けるわけないじゃん。
39 2009年06月27日 14:17
なかた
やっぱね、アメリカ軍がエリア51にね、水平発射式のシャトル「ナイトメア」を開発していてね、密かに悪いことをいっぱいしているんだよ
40 2009年06月27日 14:18
ROCKY
>「山手線がたまには新幹線を通って博多まで行ってもいいだろ」と同レベルのトンデモ発言だ(大笑)
上手いですね。私もどこかで使ってみたいくらいに適切な比喩です。理由は37でへげもんさんの言われるとおり。
41 2009年06月27日 14:38
山本弘(日)東L-37b
>スペースシャトルのミッションは、地球の周りをぐるぐる回りながらやっているわけだろ。

>そうでなかったら、しばし地球の軌道から離脱して月に行って、またもどってくるなんてこともたまにはあっていいだろ。

>あれだけ長期間宇宙に滞在できるなら、月の周りを回ってきてからもどってくる計画も立ててもよいはずだ。

 アポロ司令船 5.3t
 アポロ機械船 25t
 アポロ月着陸船 16.5t
 計46.8t

 さらにこれらを地球軌道から離脱させて月軌道まで打ち出すのに、サターンロケットの3段目が使われる。

 S-IVB 重量 120.47t
http://apollomaniacs.web.infoseek.co.jp/apollo/sv_s4b.htm

 ちなみにこの重量の大半は燃料。50t以下しかないアポロ宇宙船を月に送るのに、100t以上の燃料が必要であるというわけ。

 それに対し、スペースシャトルのオービターは、

 空虚重量 68.6t
 最大ペイロード 25t

 アポロ宇宙船より重いのに、余分に積めるのは25t。
 つまりシャトルを改造してペイロードベイにぎっしり燃料を詰めこんでも、とうてい月には行けない。
42 2009年06月27日 14:48
山本弘(日)東L-37b
 もうひとつ、やっちゃんがまだ気がついていないこと。
 冒頭であなたがリンクを貼った「ブッシュ大統領、会見でアポロ計画は捏造だったと謝罪」という記事のカテゴリーは、「ありそうな嘘日記」なの。

http://ifthereislie.269g.net/category/200839.html

>そのまんま東氏は会見で「ロリコン好きにも安心して住める宮崎県にしたい」と語るなど県知事への意欲は相当なもの。

>「だって、ジェームズ・ボンドがいるのは英国でしょでしょ。ロシア政府もカジノ・ロワイヤルを観て研究して、優秀なエージェントを育ててみたい」と話した。

>東京大学は、研究のために双子の受験者を優先的に入学させてきたという事実がある。別にこれは秘密でもなく、公けにされている事実である。「東大付属」「双子」でググれば、すぐに発見できる。
>表向きの理由として、双子の成長の違い、IQの違いなどを研究するためなどと言っていますが、実はこの研究、もちろんそんな事のためだけに行われている訳ではない。
>この研究の目的は、双子に存在すると言われるテレパシーの存在の発見なのだ。

>「日本列島をもっと太平洋の東側に近づけよう」
そんな冗談としか言えない計画が、政府の極秘期間で秘かに研究されている。
>もちろんこれは、いつまで経ってもあほーな事しか言えない朝鮮半島の二国にホトホトがっかりしたところからはじまった計画である。
>計画によれば、この事業において解決できる問題は、
>1.日本海は実質無くなるので、あほーな韓国の東海論はなくなる
>2.韓国の異常な嫉妬心が中国に向けられる
>3.ノドンの射程から逃れられる
>などのナカナカのメリットがあると計画では予想している。

 こういうのもみんな信じちゃうんですかね、やっちゃんは。

43 2009年06月27日 17:29
妙子(偽)
もうさ、次にやっちゃんがトピ立てたら、「以後レス禁止」とでも書き込んで相手にしないほうがいいんじゃないか、という気がしてきます。寂しさで往生させたほうがよくないかな。うさぎのように(いや、うさぎが寂しさで死ぬ事はないというのはわかっていますが)。

私を含めてつい反応してしまうから難しいだろうとは思うけど。
44 2009年06月27日 18:07
夢浦忍
>41
それ前にもやすしくんに指摘したけど、「ロケットがでかけりゃ性能がいいのか」の一言でスルーされました。
45 2009年06月27日 18:21
AGU@(・´ェ`・)
>しばし地球の軌道から離脱して月に行って、またもどってくるなんてこともたまにはあっていいだろ
知恵袋でも似たような質問してた人がいたので参考までに。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1027131365
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q147023134

オービターを月まで送りたかったら、
軌道上で新たな大型ブースターとドッキングとか?(テッカマンみたいだ)
それはそれで見たい光景ではありますねい♪
46 2009年06月27日 20:55
ROCKY
地球を周回し再突入する設計のオービターを、わざわざ月まで遠征させる意味はないでしょうね。地球・月間ではまったく意味のない翼を持って回ることになりますし。
アポロのカプセルは、月から第二宇宙速度で減速せずに地球の大気に突っ込むよう設計されていますが、オービターは第一宇宙速度に若干足りない速度で再突入するようになっています。だからこその断熱タイルで、もし月往復軌道からそのまま再突入するのであれば、もっと他の耐熱システムをそなえていなければならないでしょう。
また月から地球に戻る際に第一宇宙速度近辺まで減速するのであれば、地球から月に行く時と同じくらいのデルタVが必要になります。そのための推進システムを月まで持って行かねばならず、地球軌道から発進するための推進システムがさらに大型化します。
47 2009年06月27日 21:17
やすし
>山本弘(日)東L-37b
>「ブッシュ大統領、会見でアポロ計画は捏造だったと謝罪」という記事のカテゴリーは、「ありそうな嘘日記」なの。

本気で月面着陸を否定するとおまえみたいな気ちがいどもが必死に反論してくるから、ありそうな嘘日記と逃げているだけで、このブログの作者を含めて多くの人々がありそうだと考えていることには変わりないだろ。

アメリカが今後月に人間を送り込むためには、まず、アポロ計画の真実、つまり、月面着陸の捏造について世界の人々に謝罪するしかない。

いくら極秘に月に人間を送り込もうとしても、何回も失敗し、多くの人命を犠牲にしなければならないから、その時に過去の成功が嘘であったことが判明する。

要するに、NASAの嘘つきどもは、過去の捏造を謝罪してからしか前に進めないわけだ。

ところで、山本弘よ。

地球の周りをぐるぐる回る以外にスペースシャトルの連中が何をやっているのかここに書けよ。
URLを示したらその資料を提示したことにはならないぞ。

夢浦忍のように、勝手な解釈で書いてあると主張する馬鹿もいるから、具体的に何をやっているか、ここに資料から抜粋するか、書いてみな。
48 2009年06月27日 21:21
やすし
>夢浦忍

返事はまだかね。

@
検疫は新型インフルエンザ発生前とほぼ同じ状態になり、今まで入れ替わり立ち替わり来ていた“応援部隊”もなくしたわけ。

>海外からの感染者の流入を止めることはできず、今後とも、患者発生が続くと考えられる。

「つまり、既に国内で感染者が発生してるから検疫で海外からの流入を防ぐ段階は既に終わったってこと。 」

というのは、

夢浦忍という馬鹿のかってな解釈であって、おまえの抜粋した部分は、単に、検疫の効果がなかった。無駄だったと書いてあるのだよ。
しかし、無駄だったからもうやめますとは書いてない。
だから、真実を隠蔽しようとしていることになるわけだよ。
こんなことすら、きさまには理解できないのか。

A
今まで「一般医療機関に行かずに発熱外来へ!」といっていたのが「医療機関へ行きましょう」となったわけ。

>秋冬に向けて国内での患者数の大幅な増加が起こりうるという観点に立ちつつ、以下の方向を目指す
>医療機関の負担を可能な限り減らし、重症患者に対する適切な医療を提供

「患者が大量に発生する事態が想定されるから、一部の発熱外来だけで対処するんじゃなくて、医療機関全体で対処する 」

というのは、夢浦忍という馬鹿のかってな解釈であって、おまえが抜粋した部分は、そもそも意味不明なんだよ。

夢浦忍よ。

くだらない自分の解釈は書かなくてよいから、「医療機関へ行きましょう」が、どうして、医療機関の負担を可能な限り減らすことになるのか説明しろ。
49 2009年06月27日 21:34
ににった
>>47
このブログの作者を含めて多くの人々がありそうだと考えていることには変わりないだろ。

なんだ、「ありそうだと考えてる」だけで、事実じゃないんだ(´・ω・`)
50 2009年06月27日 21:36
やすし
>ROCKY
>地球を周回し再突入する設計のオービターを、わざわざ月まで遠征させる意味はないでしょうね。地球・月間ではまったく意味のない翼を持って回ることになりますし。

おまえには、40年前に月へ行ったと主張するアメリカという国の有人宇宙船が、過去40年間ちかく、一度たりとも月まで遠征することなく、幾度と無く地球を周回していることがおかしいと言っている意味が理解できないのか。

要するに、このことは、アメリカという国の有人宇宙船はが過去にも現在にも地球を周回する能力しかないということを証明し、アポロ有人宇宙船が月に到達したことが捏造であったことを証明しているのだよ。
51 2009年06月27日 21:39
やすし
>なんだ、「ありそうだと考えてる」だけで、事実じゃないんだ(´・ω・`)

アポロ有人宇宙船が月に到達したということも、一部の気違いどもが「ありそうだと考えてる」だけで、事実じゃないよ。

40年前に月へ行ったと主張するアメリカという国の有人宇宙船が、過去40年間ちかく、一度たりとも月まで遠征することなく、幾度と無く地球を周回していることは、アメリカという国の有人宇宙船が過去にも現在にも地球を周回する能力しかないということを証明し、アポロ有人宇宙船が月に到達したことが捏造であったことを証明しているのだよ。


52 2009年06月27日 21:46
へげもん
50:
その理屈だと、「日本にはかつて、40kmかなたまでとどく大砲を積み、同等の威力の砲弾を弾き返す装甲を持った戦艦があった」というのも、日本政府による捏造だということになるな。
いわゆる、「大和・武蔵は実在しなかったんだ論」だ。
何しろ、戦後60年以上、そうした巨大戦艦は一隻も建造されなかったんだからね。
さ、遠慮せずこの疑惑をミリオタ諸氏にぶつけてみたまえ。
53 2009年06月27日 21:49
妙子(偽)
とりあえずやっちゃんは日本語が読めて、書いてあることが理解できるようになってから出直したほうがいいでしょう。

まぁ、こんなのに何言っても無駄というのはわかってるけど。
54 2009年06月27日 21:53
ににった
>51
なるほどねぇ。確かに、どちらも「ありそうだと考えてる」よね。

ところで、どうしてブログが嘘だと分かってるのに紹介するの?

嘘を紹介されると、何を言っても「また嘘なのかなー」って思っちゃいそうです(>_<)
55 2009年06月27日 22:00
神 雅紀
>さ、遠慮せずこの疑惑をミリオタ諸氏にぶつけてみたまえ。

坊ノ岬沖に沈んでいる船体を見せてあげますよ。
もちろん重りをつけただけの素潜りで

やっちゃんがこういう書き込みすのは「目的」があるからするんでしょ。
アメリカさんだって目的もなく月に人を送ったりしないんだよ。
わかったかい坊や。
56 2009年06月27日 22:03
やすし
>へげもん
>「大和・武蔵は実在しなかったんだ論」だ。何しろ、戦後60年以上、そうした巨大戦艦は一隻も建造されなかったんだからね。

くだらない屁理屈はよせよ。大笑

それ以上の、ハイレベルのことがなされていればよいわけだ。
トマホークというミサイルを積載した鑑定があるだろ。
戦後日本の戦艦大和よりもはるかに優秀な戦艦が建造されている。いまさら、40kmかなたまでとどく大砲なんて意味無いだろ。

ところが、宇宙開発においては、月面着陸が歴史上最高の偉業だが、これは嘘っぱちで、過去40年間に行われたことは、月面着陸よりもレベルの低いミッションばかりだろ。
57 2009年06月27日 22:05
やすし
訂正 w

トマホークというミサイルを積載した鑑定があるだろ。

トマホークというミサイルを搭載した艦艇があるだろ。
58 2009年06月27日 22:07
へげもん
56:
>それ以上の、ハイレベルのことがなされていればよいわけだ。

アポロは使い捨ての宇宙船。スペースシャトルは何度も打ち上げられる宇宙船。
それ以上の、ハイレベルのことがなされている。
国際宇宙ステーションも、スカイラブよりはるかに高度だしね。

>月面着陸よりもレベルの低いミッション

火星無人探査は、有人月着陸よりはるかにレベルが高いんだがね。
59 2009年06月27日 22:09
Gomi
では超音速で巡航する旅客機はいかがですかな(笑) いま亜音速の旅客機しか旅客機はないですなぁ…

もちろん、コンコルドなんて捏造に決まってますともわーい(嬉しい顔)
60 2009年06月27日 22:12
やすし
これがラムズフェルドたちアメリカ人の発想なんだよ。

サダム・フセインとアメリカ政府とのイラク戦争「終結」後に、イラクに乗り込んだカーラール社は、「フセインの悪行によって、戦争を行わなければならなかった」として、アメリカ政府の戦争による出費を、イラクのアメリカに対する「債務=借金」と計上し、その借金返済と「称し」、イラクの石油施設等々を「接収・強奪」して行った。
http://alternativereport1.seesaa.net/ より。

「フセインの悪行によって、戦争を行わなければならなかった」というのは、真実か ?

このときに暗躍したのがラムズフェルドたち。

アポロ計画のときに暗躍していたのもラムズフェルドたち。

そんなアポロ計画を真実と信じる馬鹿な山本弘らの日本人たちというわけだな。
61 2009年06月27日 22:13
夢浦忍
こいうのを無敵君とかテンムーというんでしょうか。
62 2009年06月27日 22:16
やすし
>へげもん
>アポロは使い捨ての宇宙船。スペースシャトルは何度も打ち上げられる宇宙船。それ以上の、ハイレベルのことがなされている。 国際宇宙ステーションも、スカイラブよりはるかに高度だしね。

>火星無人探査は、有人月着陸よりはるかにレベルが高いんだがね。

おまえが勝手に主張するだけじゃないのか。
ここで、その理由を具体的に説明してみな。

月面着陸よりハイレベルのミッションがなされているのに、月面着陸はなされていない。

これをどう説明する。
63 2009年06月27日 22:21
夢浦忍
つうか、やすしくんに説明してもどうせ理解できないから説明する意欲失せる。

そこまで計算してバカを演じているんだったらたいしたもんだが、たぶんただの天然だろうなあ。
64 2009年06月27日 22:22
神 雅紀
>56
>いまさら、40kmかなたまでとどく大砲なんて意味無いだろ。

アイオワ級戦艦は1990年代まで現役で湾岸戦争でも活躍しましたが?

確かに艦対艦でのドツキあいならミサイルの方が有効ではある。
しかし、艦砲による短時間での面制圧力が有効な場面ならミサイルは出る幕がない。
道具はその用途に合わせて使うもんだ。
65 2009年06月27日 22:24
やすし
>Gomi
>では超音速で巡航する旅客機はいかがですかな(笑) いま亜音速の旅客機しか旅客機はないですなぁ…

月面に降り立ったことになっているのは、何人だ ? そいつらが嘘をついていても、他の誰も確かめようがない。

コンコルドに乗ったのは何人だ ? そいつらが嘘をついていても、今からでも、誰かが確かめることはできる。

全然ちがうだろ。

屁理屈はよせ。www
66 2009年06月27日 22:34
夢浦忍
とっくに全機体が退役した現在、どうやってコンコルドの存在を確かめられるんだよ(笑)
67 2009年06月27日 22:43
神 雅紀
コンコルドは

エールフランス
パリ-ニューヨーク
パリ-ダカール-リオ・デ・ジャネイロ

ブリティッシュ・エアウェイズ
ロンドン-ニューヨーク
ロンドン-ワシントンD.C.
ロンドン-バルバドス
ロンドン-バーレーン-シンガポール(バーレーンからはシンガポール航空との共同運航)
ロンドン-ワシントンD.C.-ダラス・フォートワース(ワシントンD.C.からはブラニフ航空との共同運航)

の7航路で定期運行されており、搭乗人数はのべで万人オーダーに達しますけど、その全てが嘘つきと?
68 2009年06月27日 22:45
神 雅紀
訂正
微妙なニュアンスの問題ですが
「運行されており」→「運行されていたので」
に改めます。
69 2009年06月27日 23:33
夢浦忍
>67-68
「今からでも、誰かが確かめることはできる。」に対するツッコミね。
70 2009年06月27日 23:40
神 雅紀
やっちゃん以外には無意味な補足
コンコルドは2003年11月26日に全機退役しました。
ツルのマークのコンコルド、見てみたかったなぁ。
71 2009年06月28日 00:08
ガ・チャー・de・畜生
>56
>いまさら、40kmかなたまでとどく大砲なんて意味無いだろ。

意味が無いもなにも、現在の先進国陸軍の次世代自走砲は軒並み40km近い射程距離があるんですが。

http://ja.wikipedia.org/wiki/99%E5%BC%8F%E8%87%AA%E8%B5%B0155mm%E3%82%8A%E3%82%85%E3%81%86%E5%BC%BE%E7%A0%B2
http://ja.wikipedia.org/wiki/AS-90
http://ja.wikipedia.org/wiki/PzH2000%E8%87%AA%E8%B5%B0%E6%A6%B4%E5%BC%BE%E7%A0%B2
http://ja.wikipedia.org/wiki/2S19%E3%83%A0%E3%82%B9%E3%82%BF-S_152mm%E8%87%AA%E8%B5%B0%E6%A6%B4%E5%BC%BE%E7%A0%B2


>トマホークというミサイルを搭載した艦艇があるだろ。

つーか、そのトマホークを搭載した艦艇に40kmどころかそれ以上の距離まで届く大砲を搭載したり搭載しようとしてるんですがね、トマホークをバカスカ撃てるアメリカ海軍は。

http://www6.atwiki.jp/namacha/pages/142.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BA%E3%83%A0%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%AB%E3%83%88%E7%B4%9A%E3%83%9F%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%AB%E9%A7%86%E9%80%90%E8%89%A6#.E7.A0.B2
72 2009年06月28日 00:18
ザボーガー1号
皆さんねぇ、相手し過ぎ。

やすしもみどりも構ってちゃんなんだから、
無視すればイイんですよ。

http://homepage3.nifty.com/hirorin/agla08.htm

前も貼ったけど、ここ見て対処法を勉強しましょう!
73 2009年06月29日 12:19
山本弘(日)東L-37b
>地球の周りをぐるぐる回る以外にスペースシャトルの連中が何をやっているのかここに書けよ。
>URLを示したらその資料を提示したことにはならないぞ。

 どうやらやっちゃんは絶対に人が貼ったリンク先を読まないらしいんで、ここにコビペしておこう。
 前回のディスカバリー号のミッションの要約。

http://iss.jaxa.jp/iss/15a/mission/summary/

>スペースシャトル「ディスカバリー号」によるSTS-119(15A)ミッションでは、国際宇宙ステーション(ISS)の最後のトラスである、右舷側のS6トラスを打ち上げ、ISSに設置しました。そして、S6トラスの太陽電池パドル(Solar Array Wing: SAW)が展開され、クルー6人体制に必要な電力をISSに供給する準備が整いました。

>このミッションには若田宇宙飛行士が搭乗し、第18次長期滞在クルーのサンドラ・マグナス宇宙飛行士と交代して、日本人として初めてISS長期滞在クルーとなりました。若田宇宙飛行士は、ISSのロボットアーム(Space Station Remote Manipulator System: SSRMS)の運用を担当し、S6トラスの取付けや船外活動の支援などを行いました。

>また、JAXAによる生命科学実験、「両生類培養細胞による細胞分化と形態形成の調節(Dome Gene)」が、ディスカバリー号と「きぼう」日本実験棟船内実験室にて実施され、若田宇宙飛行士は、実験サンプルの取付け作業などを行いました。

>STS-126(ULF2)ミッションで運搬・設置された水再生システム(Water Recovery System: WRS)の尿処理装置(Urine Processor Assembly: UPA)の故障していた蒸留装置(Distillation Assembly: DA)がSTS-119で運んだ新品と交換され、機能検証が行われました。この結果、UPAは正常に動作するようになりました。

>ミッション中、3回行われた船外活動では、S6トラスのS5トラスへの結合やSAWの展開準備、また、STS-127(2J/A)ミッションへの準備として、P6トラスのバッテリ交換準備やCETA(Crew and Equipment Translation Aid)カートの移動などが行われました。

>また、STS-126(ULF2)ミッションに引き続き、宇宙ステーション補給機(H-II Transfer Vehicle: HTV)の準備作業として、「きぼう」船内保管室外壁へのHTV用近傍域通信システム(Proximity Communication System: PROX) GPSアンテナの残りの1基の設置、SSRMS先端のエンドエフェクタ(把持手)の潤滑作業も行われました。

>なお、今回のミッションは当初2009年2月に実施される予定でしたが、ディスカバリー号のメインエンジンの水素ガス加圧ライン流量調節弁(Flow Control Valve: FCV)の健全性確認に時間を要したため、打上げ時期が2009年3月に延期になりました。

 明らかに地球をぐるぐる回る以外のことを、いろいろやっておりますな。
 やっちゃんの定義では、トラックで資材を現場に運んで家を建てても、科学者が実験をするために電車で研究所に通っても、「トラックで往復してるだけ」「電車で往復してるだけ」になっちゃうんだろうなあ。
74 2009年06月29日 19:21
やすし
>山本弘(日)東L-37b
>明らかに地球をぐるぐる回る以外のことを、いろいろやっておりますな。

確かに明らかに地球をぐるぐる回りながらやれることを、いろいろやっておりますな。 大笑

本当に40年前に月に人間が行ったのなら、宇宙飛行士たちの行動範囲はもっと広くなっていないと変だよね。

こちらは、本当に40年前に月に人間が行ったのなら、また月へ行ったり、水星に近づいて水星の観察をしたりと、地球をぐるぐる回りながらやれること以外のこともやっていないと変なわけで、いつまでたっても地球をぐるぐる回りながらやれることしかやっていないのがおかしいと言っているの。

この程度の理屈すらあんたには分からないの。もう一度、大笑
75 2009年06月29日 19:29
りびけん
い、いきなり水星ですか。
76 2009年06月29日 19:58
夢浦忍
スペースオペラに出てくるロケットじゃあるまいし。
77 2009年06月29日 20:21
へげもん
>本当に40年前に月に人間が行ったのなら、宇宙飛行士たちの行動範囲はもっと広くなっていないと変だよね。

アポロ計画と同額の予算をNASAにつぎ込み続けていれば、今頃は有人火星基地ぐらい出来てたでしょう。
ケネディが議会に承認させた予算が220億ドル。当時のレートで約8兆円。
スペースシャトルの単年度予算は40億ドル。現在のレートで4000億円。
1/20の予算で同じことをしろと?

>水星に近づいて水星の観察をしたりと

水星に行って何するんだか。
78 2009年06月29日 21:17
tera1967
ROM専でしたが、疑問に思ったので質問です。無知ですみませんが、現職のオバマ大統領のコメントが無いのは何故でしょう?
ブッシュの政策を結構批判してたけど、オバマはアポロ計画の話をしてましたっけ?。
79 2009年06月29日 21:24
へげもん
78:
なぜオバマが?
アポロ計画はブッシュの任期より30年近く前に終わってますけど。
80 2009年06月29日 21:39
tera1967
>>79 へげもんさん
タイトルを読んでです。そもそもブッシュが謝罪するなら、オバマも何かコメントするだろうと。
81 2009年06月29日 21:41
へげもん
80:
タイトルは単なるジョークです。謝罪などしてません。
詳しくは、このトピの最初の方をご覧ください。
あ、「やすし」のコメントは飛ばして結構ですよ。ゴミですから。
82 2009年06月29日 21:44
神 雅紀
>80:tera1967さん
ブッシュ元大統領が謝罪したと言う話はリンク先のブログ主が創作したウソなので
オバマ大統領がこの件でコメントしたことはありません。

まぁ、なんでしたらブログのリンクをくっつけて、このコミュを紹介するメールをオバマ大統領に送ってみてはどうでしょうか?
運がよければ何らかのアクションがあると思いますよ。
83 2009年06月29日 21:47
tera1967
>>81 へげもんさん
トピ主の中身はともかく、調べればすぐにわかるような嘘を堂々と書き込んでいるので脳内でどのような整合をとるのか興味を持った次第です。
84 2009年06月29日 21:55
tera1967
>>82 神 雅紀さん
83 に書いた通りですのでオバマはコメントするわけないとわかっていますが、あまりの電波っぷりに質問してみたくなりました。まともな答が帰ってくるとも思ってもいませんがw
85 2009年06月29日 22:01
へげもん
なるほど。安心しました。
しかし、ここのトピ主は自分に都合の悪い質問は完全無視なので、返事はもらえないでしょう。
あー、でも思いっきりデンパな返事が来たらオモシロイかも。
86 2009年06月30日 08:59
山本弘(日)東L-37b
>い、いきなり水星ですか。

>スペースオペラに出てくるロケットじゃあるまいし。

 おそらく、やっちゃんの頭の中の物理学では、宇宙は無重力だからロケットをちょっと噴射するだけでスーッと水星にまで行けちゃうんでしょう。
 脱出速度とか質量比とかいう言葉はご存知ないと思われます。

>ザボーガー1号さん

 いや、ここでやっちゃんやみどりさんの言い分のお相手をすることに意味はありますよ。
 後からこのコミュに入ってくる人、アポロ捏造論にハマりかけている人に、アポロ捏造論者というのはどれほどデタラメか、その格好のサンプルを示せるわけだから。
87 2009年06月30日 12:20
りびけん
雑駁なことを書きますのでごめんください。
---
ひょっとして、有人宇宙探査がどちらかというと基礎科学のほうに入ることを理解していない人が多いんじゃないかと思うんですよ。応用科学が金儲けの方向に向かうことに異論はないと思うのですが、こちとらたとえば「月に行って石を拾ってきた」って鐚銭一文にもなりません。行くだけ無駄。どちらかというと「男の子の夢」の世界。むしろ「鉄道オタクがプレートを集めてる」というのとたいして変わらん。対して応用科学ならば、農薬だの医薬だの、いっそPCとネットワークの進捗を見れば「儲かるから資本投下」という機序は明らかだと思うんですよ。

『ジェイムスン教授シリーズ』でも『コブラ』(大好き)でも『スターウォーズ』でも、宇宙旅行にほいほい行けて移動時間もそんなにはかからないことは前提になっています。その前段階として映画『トータル・リコール』なんかでは「カネねえから火星に行けねえ」(あ、『コブラ』の第1話もそうだ)というのもありますが、僕らが生きている「今」はさらにその前。残念ながら地球の重力圏にとらわれてうごうごしています。それがなにか?

やすしさんの「水星に近づいて水星の観察をしたり」については、いろいろと苦労して予算ぶんどってマリナー飛ばしたりとかいう歴史を無視している時点で、先人への不敬を感じるんです。あるいは「確かに明らかに地球をぐるぐる回りながらやれることを、いろいろやっておりますな」については、地球をぐるぐる回りながらやるミッションについてなに言ってんだこいつとも思いました。正直なところですのでご寛恕のほど。だいたい反論になってねえよ阿呆。

この際なので、人類が月に行ったかどうかなんてどうでもいい。判りやすく「1970年までに」って言ったバカな(←褒めてます)大統領がいたこと、それに応えて努力した人たちがいたこと、命懸けで宇宙船に乗り込んだ人たちがいたこと、は間違いない。

いいかげんな論拠で否定していいことではないことはお判り、いただけませんでしょうか。
88 2009年06月30日 12:27
りびけん
ごめんなさい、『ジェイムスン教授シリーズ』について嘘を書いてしまいました。
反省します。
89 2009年06月30日 12:27
みくに

 こういう事こそ、是非キチンと検証して頂きたいですよね。
 『行った』派の方々は、当時に行けるだけの技術があったイコール間違いなく宇宙に行った、という論調になりがちですので。
90 2009年06月30日 12:54
へげもん
>是非キチンと検証

もう何回も検証されて、FAQまで出来ているのに、トピック一覧すら見ないでこれですからねぇ。

FAQ・質問する前にまずこれを読んでください
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=41112345&comm_id=409661

>当時に行けるだけの技術があったイコール間違いなく宇宙に行った

違います。

「当時、月に行けるだけの技術があった」
および
「当時、月面シーンなどを地上で合成する技術はなかった」
この二つから
「間違いなく月に行った」
となるのです。
91 2009年06月30日 12:55
りびけん
89番、みくにさん。

「だって行ったんだもん」と見えるについて、否定はしません。
「だって行ってないんだもん」について論証をお願いしたいんですよ。

行った証左として「行けるだけの技術があった」と言っているひとは、たぶんいません(あたりまえですね)。「行ったと捏造できる技術はなかった」というほうの論証だったらいくらでもあります。

もう「キチンと検証」できているものと思うのですよ。
反証をお願いします。
92 2009年06月30日 13:23
otakutalker@土め19b
ていうか、そもそも「映像」の検証だけじゃなくて、是非「当時行った時の現存する記録や証拠」を検証してから月面着陸を否定して欲しいものなのですが。
とりあえず基本の「月の石」からだけでも。

…ちなみに、大槻教授による捏造説の鵜呑みなんていう恥ずかしい真似はしないようにね。
93 2009年06月30日 13:41
へげもん
>大槻教授による捏造説の鵜呑み

鵜呑みではないようですね。いろいろ、大人の事情があるようで。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E6%A7%BB%E7%BE%A9%E5%BD%A6#.E7.99.BA.E8.A8.80
>ただし、月着陸そのものが捏造であるかどうかについては「唯一の物証である月の石が捏造だ」と断言しているにもかかわらず、「科学者である立場上、社会的制約もあるから、どうしても(月着陸が捏造とは)言えない」と、明言を最後までしなかった。

前のページへ このコンテンツの
年度別一覧ページへ
次のページへ

殿堂入り作品一覧へ 奇説珍説博物館
トップページへ
部門別トンデモ特別賞へ