山本弘トンデモ資料展
2009年度版12−A


このコンテンツの
年度別一覧ページへ
次のページへ

9.11陰謀説が嫌い トピック

Skeptic's Wiki 「911陰謀論 」 2008年09月17日 18:03
ながぴい
ども、
Skeptic's Wikiで「911陰謀論 」の項目の編集を担当しています。
http://sp-file.qee.jp/cgi-bin/wiki/wiki.cgi?page=%A3%B9%A3%B1%A3%B1%B1%A2%CB%C5%CF%C0

あまり、充実していないので、今後いろいろと情報を追加していく予定です。
現在もっとも充実しているのは、「WTC7の倒壊」の項目かな?
http://sp-file.qee.jp/cgi-bin/wiki/wiki.cgi?page=WTC7%A4%CE%C5%DD%B2%F5%A1%A1%A1%CA911%B1%A2%CB%C5%CF%C0%A1%CB

現在、海外ではアンチ911陰謀論サイトが乱立しており、すべての情報を把握できていない状況です。
Skeptic's Wikiのほうからリンクしているサイトだけでも、これだけあります。

http://www.publiceye.org/conspire/conspiracism-911.html
「Post 9/11 Conspiracism」 PublicEye.org, The Political Research Association

http://www.debunking911.com/index.html
「Debunking 9/11 Conspiracy theories and Controlled Demolition Myths」

http://www.911myths.com/
「911Myths... Reading between the lies」

http://www.loosechangeguide.com/LooseChangeGuide.html
「9-11 Loose Change Second Edition Viewer Guide」

http://911guide.googlepages.com/
「9/11 Guide」
デバンキング情報の量としては、ここが一番多いかもしれない。

http://www.debunk911myths.org/topics/Main_Page
「Debunk 911 Myths」

http://www.popularmechanics.com/technology/military_law/1227842.html?page=1
「Debunking the 9/11 Myths: Special Report」
Popular Mechanicsの有名サイト(Published in the March 2005 issue)

http://jp.youtube.com/user/RKOwens4
「RKOwens4」
YouTubeのユーザー。 9/11の歴史的正確性を守るため、陰謀論の露骨なウソをあばくことを目的とする「9/11 Debunked」シリーズの動画をYouTubeで配信している。

http://screwloosechange.blogspot.com/
「Screw Loose Change」
反「911-Truthers」なブログ

http://usinfo.state.gov/media/misinformation.html
「Identifying Misinformation」
USINFO.STATE.GOVのサイト。
さまざまな陰謀論に対するアメリカ政府の反論をみることができる。

http://news.bbc.co.uk/2/hi/programmes/conspiracy_files/default.stm
「The Conspiracy Files」
イギリスのBBC(英国放送協会)のサイト

まあ、これだけ911陰謀論が嫌われてるということでしょう。

このトピで更新情報などをお知らせしていきたいと思うので、
突っ込み、間違いの指摘、ネタ提供など、よろしくお願いします。

コメント(137件)

1 2008年09月17日 18:05
ながぴい
というわけで、
最新の情報としては、
こちらのGoogle VideoでBBCの「Conspiracy Files、911 - The Third Tower」を鑑賞することができます。

http://video.google.com/videoplay?docid=9072062020229593250&hl=en
2 2008年09月18日 01:51
ながぴい
この動画の最後のほうで、
ブッシュ大統領の対テロリズム・チーフアドバイザーのRichard Clarke氏は、こうした大規模な陰謀を政府は実行できないし、そうした機密を隠蔽することもできないと述べている。

これに対し、「Loose Change」の監督のDylan Averyは、Clarke氏が米国政府の陰謀を認めるわけがないと反論しているが、その際、「fuck」という言葉を2回ほど使用している。


WTC7についてこうして検証してみると、軽々しく陰謀論を吹聴することの問題点の1つがはっきりしてくる。陰謀が本当だとすると、その首謀者だけでなく、現場には実行犯がいなくてはならない。しかし、陰謀が現実でないとすると、無実の一般市民が陰謀の共謀者であるという濡れ衣を着せられてしまうのだ。

WTC7に関して陰謀論者の主張をまとめると、陰謀に加担していたのは、CIAやシークレットサービス、シルバースタインやClarke氏だけではない。爆破解体業者のLoizeaux氏はたびたびWTCの爆破解体に否定的なコメントをしているため、彼とその会社こそが爆破解体の実行犯であり、爆破解体の陰謀を隠蔽している人物だと非難する陰謀論者もいる。

FDNYや赤十字も陰謀に加担したとされているが、911テロの際、WTCでは343人の消防官が犠牲になっている。BBCの「911 - The Third Tower」に登場したDaniel Nigro氏のようなFDNYの関係者は911陰謀論に対して強い不快感を表明している。
3 2008年09月18日 01:59
鈴木すずきち
ながぴいさん
いつもお疲れ様です。

下記も画像が充実していて、分かりやすいと思います。
Internet Detective - Loose Change
http://emptv.com/research/loose-change

日本語のサイトとしては
「分解 『911 ボーイングを捜せ』」がかなり網羅的だと思います。
WTCに一機目が突入する直前にWTCの地下で爆発音を聞いた、
とするロドリゲス証言にも一定の解釈を与えています。
http://www.nbbk.sakura.ne.jp/911/index2.html

4 2008年09月18日 17:17
ながぴい
>鈴木すずきち さん、

情報ありがとうございます。
Internet Detectiveのほうはこれから見てみます。
5 2008年09月19日 01:23
ながぴい
Kevin McPaddenという人物が、WTC7崩落直前に、赤十字職員の無線器から爆破解体のカウントダウンと思われる「3、2、1」という音声を聞いたと証言している。しかし、彼の証言は一貫していないという批判がある。

YouTubeの「9/11 Debunked」シリーズの「WTC7 "Radio Countdown" Disproven」
によると、2007年2月、「Loose Change」のDylan Avery監督は、911当日にWTCに派遣されたニュージャージー州の救急救命士だと称する「マイク」と名乗る人物からemailを受け取った。そのメールによると、WTC7の倒壊の直前、無線でカウントダウンが流れていたとのこと。

しかし、911当時、ニュージャージーから派遣された救急救命士は存在せず、Avery氏からの「Loose Change」のファイナルバージョンへの出演オファーもマイク氏は拒否した。よって、このメールはイタズラだろうということになった。McPadden氏が同じような話とともに現われたのは、この数ヶ月後のことである。

McPadden氏の初期の証言は曖昧なもので、カウントダウンをはっきり聞いたとは言っていない。彼自身がカウントダウンのようだと解釈した規則的な音声を、無線器から聞いたとだけ証言している。さらに赤十字職員は「命がほしかったら逃げろと言いたげな表情をした」と、なんだかよくわからない証言をしている。

ところが、その後の証言では、その赤十字職員は「彼らは建物を倒壊させようと考えている」と言い、彼が無線器を抑えていた手を放すと「3,2,1」とカウントダウンが実際に聞こえ、「命がほしかったら逃げろ!」とその職員は叫んだ、とその内容を変えている。さらにそのあとに大爆発が起こったという話も付け加えている。

ニュージャージの「マイク」の話に基づき、McPadden氏がこうした話を思いついた可能性があるようだ。
6 2008年09月21日 00:56
ながぴい
WTC7のほうはひと段落ついたと思うので、
お次はユナイテッド93便について更新していきたいと思います。
http://sp-file.qee.jp/cgi-bin/wiki/wiki.cgi?page=%A5%E6%A5%CA%A5%A4%A5%C6%A5%C3%A5%C9%B9%D2%B6%F593%CA%D8%A4%CE%C4%C6%CD%EE%A1%A1%A1%CA911%B1%A2%CB%C5%CF%C0%A1%CB

陰謀論者によると、93便の乗客の携帯電話からの通話は不可能であり、
それらは音声合成技術によって作られた捏造である、とのこと。

33人の乗客のうち少なくとも10人と、乗員2人が地上と連絡を取った。
ところが、そのうちの多くは機内据付の航空電話(GTE airphone)だったようだ。
「Debunk 911 Myths」の
http://www.debunk911myths.org/topics/United_Airlines_Flight_93_-_Phone_calls
「United Airlines Flight 93 - Phone calls」
にかけられた通話の時刻と内容がまとめられている。
これによると、携帯電話による通話は、Edward FeltとCeeCee Lylesによる2回で、どちらも墜落直前の9時58分、高度は約1500m(5,000フィート)のときのものだった。(その後、飛行機は10,000フィートまで急上昇している) Lyles氏は9時47分57秒から56秒間にわたる通話をGTE airphoneからもかけている。1回目の通話は留守番電話にメッセージの録音を残しただけだったが、2回目には夫と会話をかわしている。
9 2008年09月23日 01:56
ながぴい
93便の乗客の一人、Mark Binghamは母親に電話し、「ママ、マーク・ビンガムだよ!」と名乗った。Bingham氏の母親はその声は息子のものだと証言したが、陰謀論者は、息子が母親に向かって「Mark Bingham」と姓名を名乗るのはおかしい、と主張している。ところが、この疑問に関してはBingham氏の母親自身が答えている。

彼女自身がディスカバリーチャンネルの
「The Flight That Fought Back」
http://dsc.discovery.com/convergence/flight/flight.html
というドキュメンタリー番組で証言している様子を。YouTubeの「9/11 Debunked」シリーズの
「9/11 Debunked: Cell Phone Calls not Faked」
で見ることができる。

その証言によると、若いビジネスマンだったBingham氏は電話で時々「Mark Binghamです」と自分の母親に名乗ったらしい。ハイジャック機内において、Bingham氏は強く冷静を保とうとして、厳格に事務的に「ママ、マーク・ビンガムだよ!」と名乗ったとのこと。
10 2008年09月23日 02:09
木陰トカゲ
おじゃまします。
ツインタワーですがロバートロドリゲスの考察としてこの方のブログは押さえておいた方がいいと思うので貼ります。mixiにもいる方ですが911当日にWTC2にいた人です。
http://blogs.yahoo.co.jp/variableannuit/52302918.html

11 2008年09月23日 02:14
G@回転中
>10: 木陰トカゲ さん

この方は、私のマイミクさんで、911当日は消息が分かるまで本当に心配しました。
この方ミクシーの日記も、常に素晴らしい読み物で、毎日楽しみにしています。

この方に、911に関する本を書けと、ずっとせっついているのですがなかなかうんと言ってくれません。今までに既に書かれた文章を集めただけでも、素晴らしい本になると思っているのですが。

12 2008年09月23日 14:31
ながぴい
>http://blogs.yahoo.co.jp/variableannuit/52302918.html

う〜む、これすごいですね…
G@回転中さんの言うように本にしてほしいところですが、それはなかなか難しいのかなぁ。

しかし、一つの事例にこれだけ詳細な検証をしなくてはならないとなると、
911陰謀論全体については、気の遠くなるような話ですね。
13 2008年09月27日 00:08
ながぴい
他の飛行機からの通話

乗客からの電話があったのは93便だけではない。それ以外の飛行機からも通話があったが、陰謀論者はこれらについてもいろいろとクレームをつけて、どれも捏造されたものだとしている。しかし、もしそうだとすると、ずいぶん大規模な通話捏造工作部隊がいたことになるが、そんなものが存在した証拠は一切ない。「9/11 Commission Report」を参考に、他機からの通話をリストすると以下のようになる。

アメリカン航空11便
http://en.wikipedia.org/wiki/American_Airlines_Flight_11
11便のハイジャックは8時14分ごろに始まったと考えられているが、その約5分後には客室乗務員のBetty Ong(http://en.wikipedia.org/wiki/Betty_Ong)がAT&T航空電話でアメリカン航空南東部予約オフィスに連絡を入れている。彼女とオフィスのNydia Gonzalezとの会話は約23分間続いたが、そのうち初めの4分半ほどが録音されて残っている。その内容はネット上のいろいろなところで聞くことができる。たとえば、YouTubeの「Final 8 Minutes Of Phone Call From Flight 11 On 9/11」
などを参照。8時25分ごろにはもう一人の乗務員Madeline “Amy” Sweeney(http://en.wikipedia.org/wiki/Madeline_Amy_Sweeney)からもボストンのサービスオフィスに何回か航空電話による連絡が入っている。彼女の電話を受けたのは、マネージャーのMichael Woodward氏だった。8時44分ごろの会話で、Woodward氏が窓の外を見るように助言すると、彼女は「我々は低く飛んでいます。とてもとても低いわ。低すぎる」と言い、その後「オーマイゴッド、いくらなんでも低すぎるわ」と言ったが、これが彼女との最後の通話になった。そして8時46分、11便はWTC1に突入した。

ユナイテッド航空175便
http://en.wikipedia.org/wiki/United_Airlines_Flight_175
8時52分ごろ、乗客のPeter Hanson(http://www.sep11memories.org/wiki/Peter_Hanson)が父親のLee Hansonに電話をかけている。同じころ、男性乗務員の一人がユナイテッド航空サンフランシスコオフィスに連絡を入れている。8時59分には乗客のBrian David Sweeneyが自宅の留守番電話にメッセージを残している。その後、Sweeney氏は母親のLouise Sweeneyにも電話している。9時00分ごろ、Lee Hanson氏は息子のPeterから2度目の電話を受けている。電話は突然切れ、Lee Hanson氏は女性が悲鳴をあげるのを聞いた。その後、9時03分に175便はWTC2に突入した。
アメリカン航空77便
http://en.wikipedia.org/wiki/American_Airlines_Flight_77
9時12分、Renee Mayが母親のNancy Mayに電話をかけている。9時16分〜26分のあいだのある時点に、Barbara Olson(http://en.wikipedia.org/wiki/Barbara_Olson)が司法省訟務長官である夫、Ted Olsonに電話をかけている。2度目の会話で夫はBarbaraにツインタワーへの攻撃に関して話したが、彼女は冷静だった。その後、9時37分に77便はペンタゴンに突入した。
14 2008年10月01日 02:06
ながぴい
「WTC1,2の倒壊」にWilliam Rodriguez氏の項目を加えました。
彼の目撃談についてはまだ書いてないので、後日加筆する予定。

William Rodriguez
http://en.wikipedia.org/wiki/William_Rodriguez
はWTC1倒壊の生存者で、自ら救命活動に参加した英雄でもある。
その後、彼は陰謀論を支持する911真相究明運動に参加した。
Rodriguez氏については以下のサイトを参照してください。

「ウィリアム・ロドリゲスの物語」:ブログ「ままならねーことこのうえねー」
http://blogs.yahoo.co.jp/variableannuit/52302918.html

「William Rodriguez」:「911Myths... Reading between the lies」
http://www.911myths.com/html/william_rodriguez.html

「William Rodriguez, Escape Artist」:To a hero of 9/11, the truth is a straitjacket. By Mark Roberts
http://911stories.googlepages.com/home

William Rodriguezは2001年当時、WTC1の管理人だった。彼は各階段のマスターキーを持っていたので、かけつけた消防隊や救急隊のために非常口を解錠することができ、WTC1崩壊直前まで自ら救出活動を行った。

Rodriguez氏はこうした功績により、生まれ故郷のプエルトリコ議会から「国民英雄賞」(National Hero Award)を授与され、2002年にはホワイトハウスに招かれてブッシュ大統領と握手もしている。
http://www.911forthetruth.com/William%27s%20pics/album2/WilliamBush2.html

さらに2006年にはラテン系アメリカ人共同体支援の生涯にわたる偉業により
「ラテン民族栄誉国民賞」(Latin Pride National Award)
http://latinpridenationalawards.com/lpna_web_william.html
を受賞した。

彼はまた911真相究明運動の活動家でもあり、2004年10月、ブッシュ大統領、チェイニー副大統領、ラムズフェルド国防長官、アメリカ合衆国(USA)、FEMA、アメリカ国土安全保障省(DHS)などを含めた156の個人と団体を、「威力脅迫および腐敗組織に関する連邦法」(RICO)に基づき、911陰謀の共謀者として告訴した。
「William Rodriguez v. U.S.A.」
http://rodriguezlawsuit.googlepages.com/home
その内容は、WTCの制御解体やペンタゴンへのミサイル攻撃といった911陰謀論のほぼすべてを網羅するようなものだった。

もちろん、有効な証拠は何一つ提出されておらず、2006年6月26日、USA、FEMA、DHSの3被告に対するRodriguez氏の訴訟を法廷は却下した。残り153の被告については、訴訟を却下してはならない根拠を示すよう、翌月まで猶予期間が与えられた。しかし、Rodriguez氏はこれに応じなかったため、同年7月17日に残りの153被告についても、訴訟が却下された。

Rodriguez氏のサイトはこちら
911Keymaster.Com|http://www.911keymaster.com/
15 2008年10月04日 02:30
ながぴい
Rodriguez氏の証言

Rodriguez氏は、旅客機がタワーに突入する以前に、彼のいたB1階より下で爆発が起こったと主張し、それはWTCを倒壊させるための爆弾であったと解釈している。しかし、911真相究明運動への参加前後で、彼の証言には一貫性がないことが指摘されている。

9/11当日の午後に録音されたCNNによるロドリゲス氏の電話インタビュー
「Airplanes Hit The World Trade Center」
http://transcripts.cnn.com/TRANSCRIPTS/0109/11/bn.24.html
を 「911myths…」の「Rodriguez_CNN1.avi」
http://www.911myths.com/Rodriguez_CNN1.avi
で聞くことができる。それは以下のようなものだった。

『私は地下にいた。管理会社のための階だ。そして大きなとどろくような音を聞いた。衝突するような音ではなかった。大量の家具を動かしているような大きな音だった。そして突然、別の轟音を聞いた。そして、男が駆けてきた。われわれの事務室に駆け込んできた。彼の皮膚はすべて剥がれおちていた。全部の皮膚が』

ところが、2006年には彼の証言は以下のように変わっている。
http://nymag.com/news/features/16464/index5.html
『私は下からの大爆発を聞いた。B2かB3階だ。男が階段を登ってくるのを見た。彼の腕の皮膚は剥がれて…、垂れ下がっていた。そして別の爆発を聞いた。それは上からだった。それは最初の旅客機が建物に激突した音だった』

皮膚を焼かれた男性(Felipe David)の出現が、第2の轟音のあとから第1のあとに変わってしまっている。そもそも、地下にいたロドリゲス氏に、いつ飛行機が90階以上の階に突入したか、その時間を正確に知ることができたのだろうか?また、アメリカン航空11便がWTC1に突入したのは午前8時46分のことだが、WTC1が倒壊したのは10時28分のことである。1時間半以上前に地下で爆発のようなものがあったとして、それがWTC1の倒壊とどう関係があるのだろう。WTC1の倒壊は旅客機が突入した階から始まっている。地下からではない。

NISTの報告書や「9/11 Commission Report」には、突入した11便のジェット燃料の一部はエレベーターのシャフトを通じて地下の階まで達したことが書かれている。ロドリゲス氏の経験した轟音などは、ジェット燃料の燃焼に関連した事象であると解釈するのが妥当であろう。
16 2008年10月07日 01:33
ながぴい
ニューヨークのローカル・ケーブルテレビの番組「HardFire」のレポーターRonald Wieckが、
今年の9月11日にWTC付近で「911真相究明運動」の人にインタビューしている映像↓
http://video.google.com/videoplay?docid=938846454505110634&hl=en
「Hardfire GROUND ZERO SEVEN YEARS LATER / RONALD WIECK」

なんか、グランジっぽい若者が多い。(今でもグランジっていうのかな?)
なんで、みんな黒いTシャツなんだ?

けっこう口の達者な人もいるけど、Wieck氏に突っ込まれるとしどろもどろな人も多い。
NISTの報告書読んでない人も多い。アメリカ人なら英語読めるだろうに。
17 2008年10月09日 01:10
ながぴい
93便の墜落現場近くを飛んでいた「謎の白いジェット機」

93便の墜落直後、現場付近では少なくとも6人が「謎の白いジェット機」を目撃している。しかし、その正体は「VF Corporation」というアパレル会社の所有する ダッソー・ファルコン20のビジネス・ジェットだったということがわかっている。このジェット機はシャンクスヴィルの北32キロにあるJohnstown-Cambria空港に着陸しようとしていたところだったが、連邦航空局(FAA)のクリーブランド・センターが、そのパイロットに93便の捜査を無線で依頼した。ジェット機は地上約460メートルまで降下して墜落現場付近を旋回した。煙の出ている穴を発見し、その位置を正確に測るため、その上を飛び越えた。


墜落現場の近くにいた唯一の軍用機は、国家警備隊の非武装C-130H貨物機だけで、この機のパイロットは墜落現場から立ち上る黒煙を目撃している。この貨物機はペンタゴンに77便が突入したのを目撃した貨物機と同一のものであり、ミネソタに戻る途中だった。
18 2008年10月13日 01:59
ながぴい
グリフィン氏がノーベル賞にノミネートされた?!

2008年度ノーベル平和賞に「911真相究明運動」のデイビッド・レイ・グリフィン氏(David Ray Griffin)
http://en.wikipedia.org/wiki/David_Ray_Griffin
がノミネートされたという情報が一部で流れた。

「グリフィン博士と911真相究明運動がノーベル平和賞にノミネート!」:きくちゆみのブログとポッドキャスト、2008/10/07
http://kikuchiyumi.blogspot.com/2008/10/blog-post_09.html
「ノーベル平和賞」:玄のリモ農園ダイアリー、火曜日, 10月 07, 2008
http://moritagen.blogspot.com/2008/10/blog-post_07.html

このように自分から「わたしはノーベル賞にノミネートされた!」と主張する人はたびたび現れる。
こうした話はどの程度信憑性があるのだろう?

ノーベル賞の公式サイトの「Nomination Facts」
http://nobelprize.org/nomination/nomination_facts.html]
を見てみると、以下のように書かれている。

『9月にはそれぞれのノーベル委員会が、次の年の候補者の名前を挙げるよう、数千人の適任者に依頼する。複数の人に一人の候補が推薦されることがあるので、だいたい200〜300人の名前が集まる。候補者の名前は50年後まで明かされることはない』

ノーベル賞は他薦なので、ノーベル委員会が認めた推薦人に選んでもらえれば、誰でも候補者にはなれる。旧ソビエトのスターリンも推薦されたことがあるようだ。さらに『世界中で流れる、今年のノーベル賞にだれそれがノミネートされたという噂はどうなの?』という質問に対しては、つぎのように回答している。

『それはただの噂か、依頼された推薦人が情報をリークしたのでしょう。推薦は50年間秘密にされるので、本当のことがわかるにはそれまで待たないといけません』

今回のグリフィンの件に関しての情報のソースは以下のブログのようだ。
「Dr. David Ray Griffin. Nobel Peace Prize Nominee. Dublin Tonight 8pm」:911Blogger.com
http://www.911blogger.com/node/11255
「9/11 Truth Norway: 9/11 Truth nominated for the Nobel Peace Prize 2008」:911Blogger.com
http://www.911blogger.com/node/18054

ノルウェーの10人の教授または現・元議員による支持があったらしい。グリフィン氏自身によると、元議会のメンバーだったノルウェーの女性が推薦してくれたとのことが、これらが誰だかは明確にされていない様子である。

ノーベル賞の候補者は、50年後までは公表されないというのであれば、自分から「推薦された」と言い出すことにどんな意味があるのだろう?「自作自演」の陰謀論は、今のところ、荒唐無稽な「風説の流布」にすぎない。911陰謀に加担した実行犯や首謀者が逮捕されてその全容が解明された! となれば話は別だろうが、現時点で2008年度のノーベル賞を期待するのは無理がある。
19 2008年10月17日 23:41
ベルイマン
>ながぴいさん

ハハハハ

デイビッド・レイ・グリフィンは、ノーベル賞はおろか、イグ・ノーベル賞さえもとれないでしょう。

万が一ノーベル平和賞が、グリフィンに与えることになるとすると、ヴォンクライストや、エンブリーらも、同時受賞させないといけませんよね。でないと、911陰謀論は、彼らのほうが早かったのですから。

正確に言うと、ノーベル賞候補になったのでなく、ノーベル賞候補になるように他者がノーベル賞委員会に推薦したというだけでしょう。

推薦されたということがもし事実だとしても、グリフィン自身それを他にもらすなどというのは、無節操極まりない話です。
20 2008年10月19日 02:20
ながぴい
93便を撃墜したとされるパイロット

2004年2月、
Alex Jones
http://en.wikipedia.org/wiki/Terrorstorm
のラジオのトークショーに登場した元アメリカ陸軍大佐を名乗るグランプレ(Donn de Grand-Pre)氏は「ノースダコタの防空隊によって(93便は)撃墜された。93便を撃ち落としたパイロットを知っている」と証言した。グランプレ氏によると「9時58分ちょうどに、Rick Gibney少佐が2発のサイドワインダーを発射し、空中で破壊した」とのこと。

その日の朝、Gibney中佐(少佐ではなかった)は実際に(非武装の)F-16を飛ばしていたが、10時45分にノースダコタ州ファーゴを飛び立ち、モンタナ州のボーズマンに向かっていた。ファーゴはシャンクスビルから1100マイル(約1770キロ)離れているので、その前に93便を撃ち落とすのは不可能である。

その飛行の目的は、モンタナ州ビッグスカイで開催されていた会合に出席していたニューヨーク州危機管理局のEdward Jacoby Jr氏をニューヨークに連れ帰ることであった。 Jacoby 氏は帰還後、1万7千人の救急隊を編成して911テロの救助活動にあたらせた。

Gibney中佐はJacoby 氏をニューヨークまで連れ帰った業績が認められ、その後表彰されている。ところが、陰謀論者はこの話をもとに「Gibney中佐の表彰理由が明らかにされていない」といった思わせぶりなことを言っている。

どうやらグランプレ氏の証言はデタラメのようであるが、2004年の
「ビートたけしのこんなはずでは!! 9.11 テロ 4年目の真実」
http://k1fighter.hp.infoseek.co.jp/911Tero/9_11Tero6.htm
では、この話をそのまま放送している。
21 2008年10月21日 02:53
光デパート
はじめまして

こちらのblogで紹介されていましたが
http://d.hatena.ne.jp/LM-7/20081019/1224423017

9・11生死を分けた102分という本が面白そうです。早速注文しようと思います。

内容もさることながら、生還者や死亡者の通信記録から、倒壊直前にフロアが崩壊しつつあることがわかります。これは、衝突による構造破壊と火災による弱化により倒壊したという、公式見解をサポートするものでしょう。blogから該当箇所を抜粋してみます。

(北タワーの証言)
たとえば89階では十数人の人が取り残されていた。3つある非常階段の内、2つはほとんど通行不能で、フロア自体が溶けて崩れ落ちそうだった。

そのころ、第七棟の危機管理センターにいた消防局の代表のジョン・ペルージャは、建築局の技官から衝撃的な報告を受けた。建物の構造破壊が甚大で、両タワーとも不安定な状態になっている。技官は特に北タワーがもう持ちこたえられないのではないかと懸念していた。

南タワーの攻撃後50分近く経った、9時50分頃、80階の角の窓から融けたアルミニウムが流れ落ちてきた。飛行機が融解しているのだった。83階の床が82階の窓を覆うように垂れ下がり、どんどん下に迫ってきていた。上層階からは床が崩れ始めているという連絡が複数寄せられた。
93階にいたグレッグ・ミラノウィッツは父親に電話し、次に父の同僚のマルシア・デリオンに電話した。
「天井が落ちてくる」ミラノウィッツは言った。「天井が落ちてくる」


南タワー崩壊の8分後、10時7分には警察の飛行隊のパイロット、ティム・ヘイズから悪い知らせが寄せられた。
「バッテリーパークシティの近辺にいる者全員に退避を勧告する」ヘイズは言った。「最上階から15階ほど下の部分が真っ赤に光っているようだ。崩壊は時間の問題だ」

午前10時19分にはパイロットのヘイズから次の連絡がなされた。
「報告する。100%確実ではないが──タワーの上部が今、傾きはじめているようだ」ヘイズは言った。
北タワーが南西に傾き、南西の隅が崩れはじめていた。ヘリコプターから北タワーの崩壊が間近だという警告が少なくとも4回にわたってもたらされたが、この警告は警察のチャンネルだけに流された。
22 2008年10月21日 22:39
ながぴい
原著はこちらですね。
http://www.amazon.co.jp/dp/0805080325/
102 Minutes: The Untold Story of the Fight to Survive Inside the Twin Towers

買ってみるべえか。
23 2008年10月29日 13:00
ながぴい
グリフィン博士の来日は海外のデバンカーの間でも話題になっているようです。
http://screwloosechange.blogspot.com/2008/10/scratch-truther.html
「Scratch a Truther....」
http://forums.randi.org/showthread.php?t=125315
「David Ray Griffin in Japan (appearing with anti-semites and UFO believers)」

あちらでは童子丸氏や古歩道氏が反ユダヤやホロコースト否定論者として紹介されており、
そうした人物たちといっしょに講演することを問題視しているようです。
24 2008年10月30日 02:09
鈴木すずきち
あくまで私が観察した範囲でですが、
アメリカ人のナチに対する感覚というのは、
人種差別ハンターイ というような建前的なものではなく、
日本人がオウム真理教に感じるような
不気味さと嫌悪感が入り混じったもののように思います。

ヨーロッパまでわざわざ出かけて行って
ナチスと戦争をして多くの犠牲をだしたという事実は、
それなりにまだリアルな記憶としてアメリカ社会には残っているのでしょう。

他にたとえようがないのでオウムを引き合いに出しましたが、
実感としての嫌悪感が強いということだと思います。

もっともフルフォードの場合は、私の日記にも書きましたが、
毎日変態新聞なみに日本国外向けのみ愚劣さの度合いがアップしているので、
完全に変な人という評価ということのようです。

Fulford Ninjaで検索すると出てきます(笑)
25 2008年10月30日 06:49
光デパート
例のウィリアム・ロドリゲスの記事を書いた本人ですが、電波観察が趣味なので、フルフォード観察は欠かせません。

http://blogs.yahoo.co.jp/variableannuit/MYBLOG/yblog.html?fid=0&m=lc&sk=0&sv=%A5%D5%A5%EB%A5%D5%A5%A9%A1%BC%A5%C9

あと、ご参考に
http://blogs.yahoo.co.jp/variableannuit/52666854.html
26 2008年10月30日 23:10
ながぴい
>鈴木すずきち さん、

おお、たしかに「Fulford Ninja」だと検索いっぱい引っ掛かりますね。
前に「フルフォード 忍者」で検索したときはあまり何も引っ掛からなかった。
この人、日本語と英語で言うこと変えてませんか?

>光デパート さん、

おお!
ご本人さんだったのですね! いろいろとご迷惑をおかけしております。

フルフォードは
http://benjaminfulford.typepad.com/benjaminfulford/2008/09/%E3%83%8A%E3%83%81%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%84%E3%81%A8%E5%86%86%E7%9B%A4%E6%8A%80%E8%A1%93%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6.html
『ナチドイツと円盤技術について』
とか
http://benjaminfulford.typepad.com/benjaminfulford/2008/06/%E5%90%88%E6%88%90%E5%8B%95%E7%89%A9%E3%81%8C%E7%B6%9A%E3%80%85%E7%99%BB%E5%A0%B4.html
『合成動物が続々登場』
が好きです。

ゆんゆんですね。
27 2008年10月31日 00:58
ベルイマン
きくちゆみ信者はいまも、いくらかはいるわけですが、きくちゆみ&911陰謀論拡散に手をかした弁護士がいます。そいつは、毛利正道という長野にいる弁護士ですが、「非戦つうしん」というメルマガを大量にばら撒いていました。

「非戦つうしん」は、週に2回ほど配信して、集会の案内から、イラク戦争などのニュースを10個ぐらいを掲載していろいろなメーリングリストにばら撒いていました。

きくちゆみのブログのニュースや、911陰謀論撒布の記事を昨年の暮れまであきもせず、やっていましたので、ML上で痛烈に毛利弁護士を非難しました。

そのようなさなかでも、昨年5月には「きくちゆみ」を憲法集会に呼んで、毛利弁護士はあたかも平和活動家のように称揚しています。多くの参加者は、きくちゆみがまともな平和活動家として錯覚するでしょう。

まるでオウム真理教の時の青山弁護士のようです。弁護士といえば社会的信用が高いし、きくちゆみにお墨付きをあたえたようなものです。

07年5月さかのぼること1年以上前から、同ML上ではきくちゆみを批判していましたし、毛利弁護士にも、911陰謀論をばらまくインチキ活動家を、やめるように再三投稿しましたけど、昨年の5月に憲法集会のゲストスピーカーとして呼んだのは異常としかいえません。
----------以下引用-------------------

毛利正道   mouri-m@joy.ocn.ne.jp
http://www1.ocn.ne.jp/~mourima/
〒394-0028岡谷市本町2-6-47 信州しらかば法律事務所
tel0266-23-2270 fax0266-23-6642 携帯090-4096-7065
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

国内情報  非戦つうしん233-2  もくじと本文  07.5.8
2-14◎戦争の真実を伝えて改憲を阻む  「諏訪ビッグ・イベント」で決意新た   
 2007.5.3 諏訪憲法集会  毛利正道
人口21万人の長野県諏訪地方では、3日、「祝・第60回憲法記念日 諏訪ビッグ・イベント」が、諏訪地方憲法集会を成功させる会(平出美代子会長)主催・諏訪9条の輪共催で開催されました。平出会長は、「民意に反する改憲を可能にする国民投票法案の強行を決して許してはいけません。大きな声を上げましょう」と挨拶。
この秋に当地で上演される前進座「銃口」の主演女優上沢美咲さんが駆けつけ、「演劇に自分の人生を掛け、精一杯演じています。私が女優の夢を実現できたのも、平和な世の中があったればこそ。私たち若い世代は、戦争を体験していないから平和の尊さがわからないところがある。自分で判断できる力を持ちたい」、はつらつと語りました。日中戦争に2回送り出された大宮一朗さん(90才・諏訪市)は、「私は、この手で敵兵を6人殺した殺人者です。今もって忘れることができない」と演壇をたたいて訴え、「戦争を繰り返さないため、9条を守り世界に広めていきたい」との言葉に重いものを感じさせました。
きくちゆみさんは、「平和の創り方 一人ひとりがメディア(伝え手)になろ」と題し、イラク戦争などの映像をふんだんに使って情熱を込め記念講演。「アメリカは、建国以来200回の対外軍事行動を行っているが、その多くは秘密裏かつ謀略的になされている。しかも、アメリカの主要メディアは軍産複合体と繋がっており国民には戦争でいかにひどい犠牲が生じているか伝えることなく、戦争政策への国民の支持を得続けようとしている。日本でも戦前における嘘の大本営発表・謀略の『満州事変』や、現在もイラク自衛隊の戦争行動の隠蔽が
なされているとおりであり、まさに、『戦争の最初の犠牲者は真実である』。憲法9条は一度手放しては元に戻せない。そうさせないためには、私が世界の心ある人びとが発信している戦争の真実を知らせる映像を広めてい
るのと同じように、多くの皆さんが真実をまわりの人びとに広める努力をしていただきたい」と語りました。いつもよりもたくさん用意していただいた書籍・DVDも、殺気的雰囲気のなか、主だったものはほぼ完売となりました。
 終了後、「ショックで、本当にふるえてきました。私のできることをしていかなくては」、「絶対に、一人ひとりがこの想いを繋げて、真実がなにかを見極めて伝えていきたい」、「 知らないってこわいこと、 自分が母親になろうとしている今 とてもリアルに感じる 。平和を守るために頑張りたい」、「日本は、今まさに戦争か平和かのせめぎあいの只中にある。自分もメディアにならねば」「若者から、90才までの3名の話が絶妙に響きあっていた」 などの感想・決意が語られ、4日の地元3紙はいずれも、「六百人が来場した」と大きく報じました。

http://www1.ocn.ne.jp/~mourima/07.5.3kenpou.pdf   祝 第60回憲法記念日 諏訪ビッグ・イベントの様子 記念講演きくちゆみ07.6.3更新
28 2008年10月31日 20:36
ながぴい
こういうの見てると、
彼らのいう「平和運動」ってどれだけ現実味があるんだろう?
と思えてきますね。

現状を正しく分析できずに、どうやって戦争やめさすんだ?

アメリカ一人を悪者にしても、何かが解決するわけでもなかろうに。

きくちゆみ氏の10/30のブログを見てみると、
http://kikuchiyumi.blogspot.com/2008/10/blog-post_30.html
>東スポが報道しました!
>こういう形で新聞に掲載されたのは、初めてかもしれない!

と喜んでいるようなのですが、
東スポがど〜ゆう新聞なのか、わかってないのでしょうか??
29 2008年10月31日 22:30
かずちゃん
かずちゃんです。

11月3日にはなんとか参加してみようと思います。
それにしても、陰謀論者のオンパレードでいったいどんな「真相究明」が可能だというのでしょうか?
30 2008年11月03日 19:55
ベルイマン
3日、911真相究明国際会議TOKYOのいち早い戦果をききたい。

真相究明フォーラム大阪は、炎上した。

TOKYOも炎上したるか。

まもなく8時だんべさ。でも時間通りは、たぶんおわんないべ。
31 2008年11月03日 22:44
かずちゃん
あまりの自己中ー的な運営に嫌気が差してかえってきた。

きくちゆみの冒頭の発言は「ボーイングを捜せ」「ルース・チェンジ」の再上映(それもダイジェスト版!)と、あいもかわらずろくに読まない「公式説は・・・ですが、実際は・・・です」という説明。

わzわざスペインから招いた童子丸とかいうおっさんは、関西弁丸出しの説明(それも、わzわざパわーポイントを使って「事実だ!事実だ事実だ!」というようなスローガンの大見出し!化学的・物理学的な実証ほとんどなし!

グリフィン氏の説明も、結局公式見解の納得いかない部分を提示するだけで、s実証性のある話はナシ。

会場からの質問も、途中で打ち切り、やーれやれ・・・。
32 2008年11月03日 22:52
ながぴい
東京のほうには南雲和夫さんも参加されたようですね。
http://blog.goo.ne.jp/dabamyroad/e/6b776244414a4a06ae7298ca8b1fbe89
「第2回9.11真相究明国際会議を傍聴してー二度と来るか!」
33 2008年11月04日 00:54
鈴木すずきち
きくちゆみ、
ひょっとしてほっといてもいいんじゃないかという気がしてきました。

チェイニーの遠縁の親戚であるオバマが大統領になって、
彼が主張しているようにイラクから撤退し、
かつアフガニスタンに米軍が集中して、
ビンラーデンが殺害ないし逮捕されるような事態になったら・・・
この週末の会議に参加した皆さんは
どんな顔してどんな議論をはじめるんでしょうか?

なかなか楽しみです。

オバマは核軍縮も主張していますし・・・
34 2008年11月04日 01:05
ながぴい
鈴木すずきちさん、

おお、だいぶ楽観的になってますね。
もうブラッドリー効果はなさそうだ、ということですか。
35 2008年11月05日 02:16
鈴木すずきち
>ながぴいさん

人種云々という切り口からすると、
マケイン本人はかなりフェアに選挙戦をすすめたと思います。

ところが、
サラ・ペイリンとかがオバマ=テロリストみたいなことを散々言ったので、
「黒人だから投票しない」という本音をもっている人たちにとっては
「テロリスト(シンパ)だからオバマを支持しない」という言い訳も
ちゃんとできたと。

ですからブラッドリー効果的な部分はすでに今日現在の
マケインの支持率に織り込まれているような気がします。

で、選挙戦の本当の対象である浮動票層に対しては、
非常に効率的にあつめた巨額の選挙資金で
つまらないレッテル貼りを相対化するくらいのメッセージを
オバマは伝えることができたんじゃないでしょうか。

ところが250億円くらいマケインより余計に集めて使わないと
それができなかったわけで、
この圧倒的な金額差が隠れたブラッドリー効果だという気はします。
36 2008年11月05日 07:24
ながぴい
ブラッドリー効果の代償が250億円てな安くはないなあ。
オバマがんばれ。

結果は今日のお昼頃わかるのかな?

さてどうなるでしょう。
37 2008年11月06日 21:46
ながぴい
NISTのWTC7に関する報告書の簡単な紹介は「日経アーキテクチュア」(2008年10月27日号)の技術フォーカス(p.82〜83)に掲載されている。

http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/article/building/news/20081008/526969/
「火災による鋼製梁の膨張が原因、9.11テロで崩れたWTC7ビル」 瀬川 滋、ケンプラッツ、2008/10/08
38 2008年11月06日 21:48
ながぴい
Michael Hessの証言

バリー・ジェニングス氏と一緒にWTC7の内部に閉じ込められていたMichael Hess氏もBBCにインタビューを受けているが、「Conspiracy Files」では放送されなかった。
そのインタビューを
http://news.bbc.co.uk/2/hi/programmes/conspiracy_files/7676159.stm
「Trapped in the 'Third Tower'」
で見ることができる。

Hess氏によると、WTC7から脱出しようとして6階まで下りて来た時、非常灯が消えて真っ暗になった。さらに大量の煙と埃で階段はいっぱいになり息ができなくなった。そしてスプリンクラーが突然働き出し、建物が地震のように揺れだした。その時、Hess氏は地下で爆発が起こったと思ったが、現在では崩れ落ちてきたWTC1の北側がWTC7の南側に当たったためだということを知っている、と述べている。
39 2008年11月06日 22:35
ツナかん
ながぴいさん
すずきちさん

どうもです。
いつも楽しく読ませていただいてます。

さてさて、トピ違いは承知なのですが、
陰謀論者の日記を巡ってて面白いものを見つけたので
お知らせします。
 ↓

500名超!大盛況の911究明国際会議の報道をかき消した
(大阪地検特捜部が不自然に動いた)音楽の天才の逮捕劇
http://archive.mag2.com/0000154606/index.html

真相究明会議がマスコミに取り上げられないのが不満なようで。
40 2008年11月07日 01:12
ベルイマン
>真相究明会議がマスコミに取り上げられないのが不満なようで。

東スポに開催予定は、取り上げてくれたのに、会議内容は、東スポも書いてくれないのですかね。冷たいね。

あす11月7日発売の週刊金曜日には、多分記事としてちょっと載ると思います。
なにしろ成澤宗男編集員がいますので。

だれも週刊金曜日のほかの者は、異議をとなえないのでしょうか。
41 2008年11月07日 15:57
ベルイマン
11月7日発売の週刊金曜日には、大阪・東京真相究明会議の報告出てません。来週号かな。もう出すな。
42 2008年11月08日 02:27
ながぴい
93便についての項目を更新しました。

広範囲に飛散していたのは紙や布などの軽い破片だった。

「ビートたけしのこんなはずでは!!」では、航空機事故を検証している元全日空パイロットの石橋明氏が登場し、通常の航空機墜落事故の場合、残骸は一か所に集中し、広範囲に広がることはない。しかし、飛行機が接地する前に破壊されれば、広範囲に飛散することは考えられるとしている。番組によると、墜落現場から直線距離で約13kmも離れているニューバルチモアでは芝生に紙くずが落ちていた。

93便の破片はそんな遠くまで広がっていたのであろうか?

実際に遠くまで飛散していたのは紙や布などの軽いもので、飛行機の重い部品は一か所に集中していた。乗客の遺体は墜落現場の約0.28平方キロメートルの範囲で見つかっている。エンジンのファンが墜落地点から93便の飛行方向だった南に約270メートル離れた貯水池の底から見つかった。しかし、飛行機事故の専門家であるMichael K. Hynes氏は、「エンジンが地面の上を転がったりして移動するのは不自然ではない」としている。時速800キロ(秒速約220メートル)以上の高速度で地面に激突すれば、破片が300メートル程度飛び散ってもおかしくはない。

紙や小さな薄い金属片は、2.4キロ離れたインディアンレイク湖でも見つかっている。13km離れたニューバルチモアでは紙屑が見つかっている。墜落の際に吹き上げられた軽い破片がその後、この程度の距離を風で運ばれていてもおかしくない。93便がミサイルで撃墜されていれば、もっと重たい破片が広範囲に広がっていただろう。その日、風はインディアンレイク湖とニューバルチモアの方角に時速約17キロで吹いていた。
43 2008年11月15日 00:28
光デパート
トピ違いでしたら申し訳ございません。

私の書いた「ウィリアム・ロドリゲスの物語」ですが、陰謀論の皆様の反論が無く寂しく思っていました。たった一件だけ、コメントがあったのが、なつかしやパナウェーブの人から。いやあ、blogってのは意外な出会いがあって面白いですね。

ところが最近、ご本尊阿修羅が取り上げてくれました。感謝感激です。
http://www.asyura2.com/08/wara4/msg/382.html
さあ、お楽しみあれ。

ところでこのsmacという方は、kikulogに来ては意味不明の書き込みをして逃げていくあの人ですかね。
44 2008年11月15日 02:17
ベルイマン
>光デパートさん

「ウィリアム・ロドリゲスの物語」は、別のMLで紹介させていただきました。911陰謀論者にも、激震が入ったようです。

とくに、きくちゆみが2年前の開催、第1回「真相究明国際会議」のメインゲストでしたからね。

あの第1回の911陰謀論の根拠がもろくも崩れたので、(といっても、もともともろかったわけですが)。

ことしのグリフィン博士も、大阪でカウンターパンチをくらって、きくちゆみらにとっては思わぬ誤算でした。

911陰謀論者たちは何言っても絶対認めようとはしませんが、新しく陰謀論にはまる人が大幅に少なくなっているように感じます。

UFOブームが去ったときみたい感じとでも言えましょうか。

光デパートさん貢献大。
45 2008年11月15日 03:12
ベルイマン
WTC7ビルは、死者が一人も出なかったこともあり、現在再建され営業を開始しています。

ビル再建に当たっては
1)避難通路を倍のひろさをとってある。
2)構造面で、大幅に強度をアップし、火災や爆破でもこわれにいくくしてある。

そうです。

でも問題があって、何しろいわくつきの場所であるだけに、入居が50%しかないそうです・・・・と言うのがシルバースタイン氏の悩みだそうです。

このような番組を2年前ぐらいに見ました。その後、新WTC7ビルの様子はどうなのか。ご存知の方があったら書いてください。


47 2008年11月15日 13:00
光デパート
ながぴいさん

この話、トピ違いではないでしょうか。もしよろしければ、続けたいのですが。というのも、皆様のお知恵を借りたいことがあるのです。

阿修羅の反論はまあ、笑い話です。いかに本文とリンク先のソースを読んでいないのかが、よくわかります。しかし、ちゃんと読めば、反論はできるのです。つまり、不明な点、よくわからない点をつくことができるのです。

幸いにも陰謀論者の方々は「ソースを読む」という習慣が無いので気づかないのですが、私としてはまだあのエントリは不完全なものと思っています。

今は原稿書きで忙しいのですが(コミケ近いので)、トピ主に許しが得られれば、近日中にお知恵を借りたいと思います。

ベルイマンさん

恐れ入ります。もし読むことが可能ならば、メッセージ等でそのメーリングリスト先を教えていただきたく。

ロドリゲスのエントリを書いた動機は、彼に対する批判のためではありません。WTC1のエレベーター前で、多くの人が焼かれていたことが、日本ではあまり知られていないことにショックを受けたのがきっかけです。その場で焼け死んだ人を見た目撃談もあります。火傷で苦しんで数週間後に死んだ人もいます。

私の知人(日本人)も、その時WTC1のロビー(エレベーターフロア)にてあやうく焼かれるところでした。ところが、WTC2の44階という、エレベータードアだらけのフロアにいた私は、吹き飛ばされましたが焼かれませんでした。

この疑問が、エントリを書くモチベーションとなっています。不思議な感情ですが、被害を受けなかった、死ななかったという罪悪感でしょうか。WTC1とWTC2、被害の違いはどこにあったのか、自分的に完全な答えは出ていません。まだ、エントリは更新し続けています。
48 2008年11月19日 01:25
ながぴい
>この話、トピ違いではないでしょうか。
>もしよろしければ、続けたいのですが。
>というのも、皆様のお知恵を借りたいことがあるのです。

ぜんぜんかまわないので、続けてください。

49 2008年11月19日 05:58
光デパート
ありがとうございます。では同人誌入稿が済みましたら。
50 2008年11月19日 08:49
ながぴい
93便の項目を更新。

*電話が捏造だったと主張することについて

911真相究明運動の扇動者の一人であるデイビッド・レイ・グリフィンはその著書「Debunking 9/11 Debunking」の中で、電話捏造がどのように行われたか語っている(89〜90ページ)。

電話捏造は電話線やその他の連絡線が引かれた音響スタジオで行われた。そこでは音声オペレータに、ハイジャックがどの段階にあるかわかるようにスクリーンで表示がなされていた。さらに、本物らしく聞かせるために音響効果用のテープをそろえたエンジニアも待機していた。ヘッドセットをつけた訓練されたオペレータが、音声変換装置を通じて実際の電話連絡を行った。

もし、これが本当ならば恐ろしいことだが、その証拠は一切ない。
さらにグリフィンは次のように述べている。

確認しておくが、我々の多くは、たとえ軍隊で命令されたとしても、乗客の配偶者や家族にこうした電話をかけることができるとは、想像できないだろう。我々と同じ市民がそのようなことをするとは信じられない。しかし、ツインタワーの数千人やペンタゴンにいた数百人を殺すことに加担するのも信じられないことだ。ところが、あとの章で示すように我々の仲間の市民の一部がこうした殺人に加担したことを証拠は示している。こうした行為に比べれば、直接人を殺すわけではないニセの電話をかけることなど、さほど難しいことではないのだ。

しかし、アメリカ政府が911同時多発テロを自作自演したという証拠はなく、その実行犯として逮捕された一般人もいない。電話捏造を担当する工作部隊があったという証拠もない。

乗客からかかってきた電話は、その家族や友人が聞くことができた最後の声だったのである。ろくな証拠もないのに、それがニセモノだったなどと主張するべきではない。
51 2008年11月19日 20:00
ながぴい
つぎの一文もつけたしました。

音声合成技術の開発者の一人であるGeorge Papcun氏もこうしたオペレーションは不可能だとしている。
http://911guide.googlepages.com/voicemorphing
「George Papcun, Creator of Voice Morphing Technology, Speaks Against Conspiracy Theories」
9/11 Guide

まず、大量の音声サンプルが必要になるが、それだけではない。死に直面するような事態において、乗客が家族に対してどんなことを言うか想定しないといけない。ペットの話をするだろうか?子供や愛する人に何を言うだろうか?政府の秘密工作員が乗客のピロートークを盗聴していた、とでも陰謀論者は考えているのだろうか?
52 2008年11月21日 19:02
ながぴい
Mark Robertsのサイトにあったリストをもとに、
陰謀論以外の911関連書籍のリストをアップしました。

http://www.amazon.com/dp/037541486X
「The Looming Tower」 
by Lawrence Wright、Knopf (August 8, 2006)

http://www.amazon.com/dp/0060584696
「Perfect Soldiers」 
by Terry Mcdermott、HarperCollins (May 3, 2005)

http://www.amazon.com/dp/1594200076
「Ghost Wars」 
by Steve Coll、Penguin Press HC, The (February 23, 2004)

http://www.amazon.com/dp/0805076824
「102 Minutes」 
by Jim Dwyer、Kevin Flynn、Times Books; 1st edition (December 23, 2004) 
邦訳として
「9・11生死を分けた102分」
http://www.amazon.co.jp/dp/4163674306/
(三川 基好 訳、文藝春秋)がある。

http://www.amazon.com/dp/067003116X/
「Report from Ground Zero」 
by Dennis Smith、Viking Adult; 1st edition (March 18, 2002)

http://www.amazon.com/dp/0743270401
「Nine Months at Ground Zero」 
by Glenn Stout、Charles Vitchers、Robert Gray、Joel Meyerowitz、Scribner (April 25, 2006)

http://www.amazon.com/dp/0891419055/
「Firefight」 
by Patrick Creed、Rick Newman、Presidio Press; 1 edition (May 27, 2008)

http://www.amazon.com/dp/1416559256/
「Touching History」 
by Lynn Spencer、Free Press (June 3, 2008) 

http://www.amazon.com/dp/0060099097/
「Among the Heroes (Flight 93)」 
by Jere Longman、Harper Paperbacks (August 5, 2003)

http://www.amazon.com/dp/0307276635/
「Without Precedent」 
by Thomas H. Kean、Lee H. Hamilton、Vintage (April 24, 2007)  
9/11独立調査委員会の委員長と副委員長による著書

http://www.amazon.com/dp/0743260457/
「Against All Enemies」 
by Richard Clarke、Free Press (September 14, 2004)  
ブッシュ大統領の対テロリズム・チーフアドバイザーのRichard Clarkeの回顧録

53 2008年11月22日 12:48
ながぴい
なお、陰謀論の支持派は「陰謀論者」(conspiracy theorist)と呼ばれることを嫌い、911事件の真相を究明する者の意味で、自らをトゥルーサー(truther)
http://www.urbandictionary.com/define.php?term=truther
と名乗ったりするが、否定派からはtroofer
http://www.urbandictionary.com/define.php?term=troofer
などと揶揄されている。

また、彼らの言う真相(truth)は真相ではないので、本当の真相と区別するため、わざわざTruth
http://www.skepticwiki.org/index.php/9/11_Glossary#Truth
とTを大文字にして書かれる場合もある。

さらに911陰謀論を支持することは、ホロコースト否定論(Holocaust denial)と同列に考え、911否定論者(911 denialist)と呼ばれることもある。
アメリカにおいては、自国の政府に関することなので愛国心とも絡み、911陰謀論をめぐる議論はどうしても感情的になる場合がある。
54 2008年11月22日 13:02
ながぴい
「eSkeptic」の記事「How Skeptics Confronted 9/11 Denialism」
http://www.skeptic.com/eskeptic/08-06-04.html#feature
によると、911陰謀論はアメリカではだいぶ沈静化しているようだ。

この記事の日本語訳をブログ「ABYSSの空間」の
「懐疑論者はいかにして911陰謀論と向き合うか」(2008/11/22)
http://www.kanshin.com/diary/1632462
で読むことができる。
55 2008年11月22日 16:41
ながぴい
「NIST Releases Final WTC 7 Investigation Report」
http://www.nist.gov/public_affairs/techbeat/tbx2008_1120_wtc7.htm
によると、

2008年11月20日、WTC7に関するNISTの最終報告書
「NIST NCSTAR 1A: Final Report on the Collapse of World Trade Center Building 7」
http://wtc.nist.gov/NCSTAR1/PDF/NCSTAR%201A.pdf
(pdfファイル、9.7MB)が発表されました。
57 2008年11月23日 20:42
ながぴい
Daniel Nigro氏の証言

911 Guideの「Chief of Department FDNY (ret.) Daniel Nigro Addresses Conspiracy Theories」
http://911guide.googlepages.com/danielnigro
に、ニューヨーク市消防署署長だったDaniel Nigro氏の証言が公開されている。
9月11日の午後早く、WTC7が倒壊するのではないかとNigro氏は考え、建物内部とその周りからの退避命令を下した。この命令から約3時間後にWTC7は崩壊したが、この決断を下した理由は以下のようなものであった。

1.911以前に超高層ビルが倒壊したことはなかったが、WTC1と2の 倒壊から、衝突と火災により超高層ビルでも倒壊することが予想できた。
2.WTC1の倒壊により、WCT7の下階の一部が損壊していた。
3.WTC7の下階には大広間があり、数少ない支柱の上にWTC7は建てられていた。
4.消火活動に十分な水がないまま、WTC7の多数の階で火災が起こっていた。

さらにNigro氏は、陰謀論にはなんの価値もないとしている。
58 2008年11月28日 00:12
ながぴい
ペンタゴンを撮影したビデオは85本もない

ペンタゴンに77便が突入した時のビデオとされるものは現在全部で4つほど公開されている。そのうちの2つは、Judicial Watchが米国情報公開法(FOIA)に基づき入手し、そのサイト「Defense Department Releases Two Videos of Flight 77 Crashing Into Pentagon」
http://www.judicialwatch.org/flight77.shtml
で公開している警備カメラのコマ送りの画像である。

残念ながら、この画像には77便の機体は、はっきりとは写っていない。しかし、これが現場に一番近い場所から撮影されたもののようだ。

これ以外に公開されたビデオとしては、同じくJudicial WatchがFOIA請求で入手した、次の二つがある。(YouTube)
「Judicial Watch 9/11 Doubletree Video」
http://jp.youtube.com/watch?v=bapUohJn1E8
「Judicial Watch September 11 Pentagon Citgo Video
http://jp.youtube.com/watch?v=2LJvFjsl6zk
どちらも鮮明な画像ではなく、77便も写っていない。

WTCのあるニューヨークと比べて、観光地ではないペンタゴンではビデオ撮影している人も少なかっただろうと考えることができるが、陰謀論者は、FBIがペンタゴン周辺から押収した防犯カメラなどのビデオテープは全部で85本あり、それらをFBIが隠蔽していると主張している。(4本は公開されたので、残りは81本)

「PULL IT (ボーイングの行方)」の「ペンタゴンの監視カメラのビデオ」
http://www.nbbk.sakura.ne.jp/911/cctv/cctv.html
のページには、合衆国地方裁判所コロンビア特別区支部の文書「Jacqueline Maguire捜査官の供述書」
http://www.judicialwatch.org/archive/2006/doubletreeaffadavit.pdf
の抄訳が掲載されている。これによると、それらのビデオテープのうち56本には何も写っていないとのことで、残りの29本をMaguire捜査官自身が見てみると、それらのテープのうち16本にはペンタゴンの事件現場は写っていなかった。残りの13本のうち、12本は、突入後のペンタゴンを写しているだけだった。

つまり、ペンタゴンに突入する瞬間の77便が写っているビデオは、Judicial Watchが公開している画像しかないのである。まだ公開されていない残りのビデオには、陰謀論者が言うように、本当に何か写っているのだろうか?

実を言うと、85本のうちほとんどはペンタゴンとは関係ないものだとされている。その多くはニューヨークのWTCやフロリダ州で撮影されたビデオらしい。どうやら、当時FBIが証拠として押収した911テロ事件関連のビデオが85本あったというだけの話で、ペンタゴンへの77便突入関連のものが85本あるという話ではないようだ。

「PENTTBOM.com」 by Scott Bingham
http://penttbom.com/
でも、FOIA請求で入手したビデオ10本のうち8本ほどが公開されているが、どれもWTC関連のもので、ペンタゴンのものはない。PENTTBOM.comではFBIが押収した85本のうち64本にFOIA請求をかけているので、徐々に他のビデオも公開されていくことになるかもしれない。
なお「PENTTBOM」
http://en.wikipedia.org/wiki/PENTTBOM
とは「Pentagon/Twin Towers Bombing Investigation」の略であり、FBIが使用する911テロ事件捜査のコードネームである。
59 2008年12月03日 01:24
ながぴい
911陰謀論者は、メディアが報道する画像などの中から、矛盾点や不自然な点を見つけだし、それを陰謀の根拠とするが、陰謀論を支持するような証拠はない。陰謀の首謀者や共謀者とされる人物や団体が、「威力脅迫および腐敗組織に関する連邦法」(RICO)などに基づき告訴されたことはあるが、いずれも裁判所に証拠不十分などの理由で棄却されている。
http://en.wikipedia.org/wiki/911_conspiracy_theories#Court_cases
「911 conspiracy theoriesのCourt casesの項目」 From Wikipedia, the free encyclopedia

911陰謀論は証拠がないだけでなく矛盾も多い。
陰謀論に対する大雑把な反論をここにまとめておく。

ツインタワー(WTC1, 2)はボーイング707が突入しても崩壊しないように設計されていたので、制御解体が行われたのだと陰謀論者は主張する。しかし、それならなぜ崩壊しないはずのビルをわざわざ制御解体する必要があったのだろうか?イラク戦争開戦の口実がほしいだけなら、旅客機を突入させるだけで十分ではなかったのか?さらに旅客機が突入してもいないWTC7まで制御解体するのは、単にリスクを広げるだけなのではないか?そもそも、超高層ビルが3棟も制御解体されたというのに、点火用のプラグやケーブル、コードといった証拠物品が一切押収されていない。しかも旅客機突入からビル倒壊までWTC2は56分後、WTC1は1時間42分かかっている。さらに最初の突入から8時間以上たってからWTC7は倒壊した。なんでこんなに時間を空けてから制御解体したのか、なんの合理的説明もない。

ペンタゴンに突入したのがアメリカン航空77便ではないとすると、77便はいったいどこへ消えてしまったのだろう?ペンタゴンからは77便の乗員乗客(テロリストも含む)の遺体も見つかっている。ペンタゴン以外の場所で77便やその一部が発見されたことはいない。どこからか遺体がペンタゴンに持ち込まれたという証拠も一切ない。

ユナイテッド航空93便も乗客の反攻により墜落したのではなく、撃墜されたのだと陰謀論者は主張する。実際に93便については撃墜命令が出ていたが、間に合わなかったことがわかっている。なぜわざわざ墜落を捏造する必要があるのだろう?しかも、飛行中の飛行機から携帯電話による通話は不可能であり、乗客から家族にかけられた電話はすべて捏造であったと陰謀論者は主張する。しかし、93便が撃墜されたという証拠も、電話が捏造されたという証拠も一切ない。そもそも不可能なはずの電話をなぜわざわざ用意周到に捏造する必要があるのだろうか。その他のハイジャック機からも電話はかかってきており、すべてを捏造するのはとても可能とは思えない。

ジャーナリストのマット・タイッビ氏(Matt Taibbi)は911陰謀論の非論理性を痛烈に批判する記事
「THE LOW POST: The Hopeless Stupidity of 9/11 Conspiracies」
http://www.rollingstone.com/politics/story/11818067/the_low_post_the_hopeless_stupidity_of_911_conspiracies
をRolling Stone誌に書いている。

AztecCabalの『マット・タイッビ「9/11陰謀論の望みゼロのバカさ加減」』(2007-09-20)
http://d.hatena.ne.jp/Gomadintime/20070920/p3
でその邦訳を読むことができる。
60 2008年12月05日 18:47
ながぴい
「New collapse footage of WTC7 and North Tower - Nov 2008」

最近になって出てきたWTC1とWTC7の倒壊の様子を捉えたビデオだそうです。

こちらで同じビデオを見れます。
http://www.veoh.com/videos/v16415132HnA38zEp
http://www.veoh.com/videos/v16415017FADebtjf
61 2008年12月06日 01:08
ながぴい
YouTubeの「Major General Stubblebine Speaks Out」
で、米ソ冷戦時代に画像解析を専門に行っていたと称する元陸軍少将のアルバート・スタッブルバイン氏(Albert Stubblebine)が、旅客機の大きさに比べて、ペンタゴンに開いた穴の大きさは小さすぎると証言している様子を見ることができる。

この件に関しては「PULL IT (ボーイングの行方)」の『A=スタッブルバインによる「分析?!」』
http://www.nbbk.sakura.ne.jp/911/albert.html]
を参照してください。

実を言うと、このスタッブルバイン元少将は超能力マニアの間ではそこそこ名の知れた人物である。
「実録・アメリカ超能力部隊」(ジョン・ロンスン著、文藝春秋)
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4167651637
という本の冒頭で、スタッブルバイン少将が超能力により壁を通り抜けようとして失敗する様子が紹介されている。
(鼻を壁にぶつけてしまったらしい)

アメリカ軍部やCIAの超能力研究では「スターゲート計画」(Stargate Project)
http://sp-file.qee.jp/cgi-bin/wiki/wiki.cgi?page=%A5%B9%A5%BF%A1%BC%A5%B2%A1%BC%A5%C8%B7%D7%B2%E8%A1%A1%A1%CAStargate+Project%A1%CB
が有名だが、スタッブルバイン少将はこの計画に参加していた超能力者に、パナマ共和国の独裁者だったマヌエル・ノリエガの行動を透視させようともしていた。

スタッブルバイン元少将は「Patriots Question 911」という団体のメンバーであるが、ここのリストを見てみると、アポロ14号の乗組員だったエドガー・ミッチェル氏(Edgar Mitchell)もメンバーであることがわかる。ミッチェル氏もアポロ14号内で超能力実験を行ったことで有名である。
http://sp-file.qee.jp/cgi-bin/wiki/wiki.cgi?page=E%2E+%A5%DF%A5%C3%A5%C1%A5%A7%A5%EB%A4%CB%A4%E8%A4%EB%A5%A2%A5%DD%A5%ED14%B9%E6%A4%CE%C4%B6%C7%BD%CE%CF%BC%C2%B8%B3

類は友を呼ぶということなのかもしれない。
また、ミッチェル氏は「アメリカ政府は宇宙人が地球に来ているという事実を隠蔽している」という陰謀論の肯定派でもある。
http://asios-blog.seesaa.net/article/103736219.html
ASIOS公式ブログの「エドガー・ミッチェル健在」
62 2009年04月04日 10:43
ながぴい
*イスラム圏における陰謀論

イスラム文化圏では「911テロはイスラエルの情報機関[モサドが実行した」という陰謀論(ユダヤ陰謀論)が人気を博している。
「[テロリストの軌跡」
http://www.amazon.co.jp/dp/4794211376/
によると、911テロ主犯格のモハメド・アタ(Mohammed Atta)の父親モハメド・エルアミール・アタも記者会見で「テロはモサドのしわざに違いない。息子のパスポートを使ってやつらがやったんだ。息子はどこかで監禁されている」と主張した。

2001年9月24日のエジプト週刊紙「アルオスボウア」には「アラブ人とイスラム教徒が無実であることの証拠」というタイトルの記事が載った。この記事の内容は、貿易センタービルに勤務する4千人のユダヤ人が、9月11日には出勤しなかったとか、101人のユダヤ人がハイジャック機への搭乗をキャンセルした、などというユダヤ陰謀論そのものであった。

さらに同紙は12月3日には「事故機は、外部からの信号でコントロールされて世界貿易センターなどに突入していたことが判明した」という特ダネを報じている。

ユダヤ人が事前にテロのことを知っていたというのは、根拠のない噂であり、実際にはユダヤ人の犠牲者も大勢いたことがわかっている。
イギリスのBBCの「[The Conspiracy Files 911(40分30秒〜)」
http://video.google.com/videoplay?docid=6680224505086911340#40m30s
でもユダヤ陰謀論は否定されている。この番組では実際にサウスタワーで犠牲になったユダヤ人Andrew Zucker氏の妹であるCheryl Shames氏が登場して陰謀論を批判している。

http://www.aish.com/societyWork/society/9111_Heroes_and_Memories.asp
「9/11 Heroes and Memories」 
by Jonathan Mark, Courtesy of The Jewish Week, Published: Sunday, September 10, 2006

4000人のユダヤ人がその日仕事を休んだという話が最初に報告されたのは、レバノンのヒズボラ(Hezbollah)が放映する衛星テレビ番組「Al-Manar」であった。 4000人という数字の出所は9月12日のJerusalem Postに掲載された「エルサレムの外務省は、攻撃の際に世界貿易センターとペンタゴンのそばにいた4000人のイスラエル人の名簿を受け取った」という不正確な内容の記事であろう。

実際に911テロの犠牲になったユダヤ人の数は200人程度だと考えられ、この数字はニューヨーク地域に住むユダヤ人の人口に対する比率(約10%)に近い。911テロの犠牲になったイスラエル人は5人とされる。

http://web.archive.org/web/20021104190710/http://www.jpost.com/servlet/Satellite?pagename=JPost/A/JPArticle/ShowFull&cid=1031666147075
「Five Israeli victims remembered in capital」 
By GREER FAY CASHMAN, Sep. 11, 2002, Jerusalem Post
63 2009年05月06日 10:04
ながぴい
WTCテロの詳細についてちょっと加筆。(多分まだ書きかけ)
細かい数字の間違いなどありましたら、お知らせください。
____

9月11日当日、午前9時以前にWTC1には約8,900人、WTC2には約8,600人がいたとされる。アメリカン航空11便(American Airlines Flight 11、乗員11人乗客76人)
http://en.wikipedia.org/wiki/American_Airlines_Flight_11
が時速約700キロで北タワー(WTC1)に突入したのは、午前8時46分30秒のことであった。11便は25度程度傾いていたため、その被害は93〜99階におよんだ。

ユナイテッド航空175便(United Airlines Flight 175、乗員9人、乗客51人)http://en.wikipedia.org/wiki/United_Airlines_Flight_175
がWTC2に突入したのは、9時2分59秒のことであった。その速度は約860キロであり、175便は38度傾いていたため、その被害は77〜85階におよんだ。

突入の際に両機は外部と中心の支柱の一部を切断した。WTC1では、35本の外部支柱と6本の内部支柱、WTC2では33本の外部支柱と10本の内部支柱が切断されたと推定されている。さらにその他の支柱の耐火性絶縁材をはぎ取った。11便と175便は、それぞれ1万ガロンと9,100ガロン程度のジェット燃料を積んでいたが、それを何階にもおよぶ広範囲にばらまいた。一部はエレベータ・シャフトをつたわり、地下にも達している。激突直後に建物の外にそのまま飛び出し、火球となって燃え上がった燃料は、そのうち約15%(WTC1)と10〜25%(WTC2)と推定されている。

WTC1の92階以上には1,355人がいたが、生存者はいないとされる。少なくとも111人が火災の熱に耐えきれず、建物の外に飛び降りて死亡した。最初の飛び降りが目撃されたのは8時52分ごろである。91階以下にいた7,545人は助かったが、107人が犠牲になった。

旅客機突入時、WTC2の77回以上には637人おり、旅客機突入の破壊をまぬがれたA階段をつたって脱出できたのはそのうちわずか18人であった。76階以下にいた4800人のうち11人が犠牲になった。

燃料は1100〜1200℃で燃焼するが、この温度は鋼鉄が融解する温度の1510℃よりも低い。しかし、鋼鉄はその強度の約50%を600℃で失い、980℃で90%以上を失う。ジェット燃料はすぐに燃え尽きたと考えられているが、それ以外の可燃物に引火し、燃焼温度は最高で1000℃に達したと推定されている。

YouTubeの動画「9/11 Debunked: World Trade Center Fires Were Sufficient」
では、火災により弱まった床を支えるトラスがたるみ、外壁を内側に引っ張り込んでいる様子を見ることができる。

「9・11生死を分けた102分」(文藝春秋)
http://www.amazon.co.jp/dp/4163674306/
によると、タワー内に閉じ込められた人々からも電話がかかってきており、南タワー倒壊の直前には、105,106階から「床が崩れ落ちている」といった連絡があた。93階のグレッグ・ミラノウィッツ(Greg Milanowycz)
http://back-spin.blogspot.com/2006/09/remembering-gregory-milanowycz.html
は「天井が落ちてくる」と連絡している。

このようにしてツインタワーは旅客機が突入して火災が発生した階よりも上の自重を支え切れなくなり、WTC2は午前9時59分、WTC1は午前10時28分に倒壊した。
64 2009年05月24日 09:06
ながぴい
Top Ten Photos 9/11 Conspiracy Nuts Hate
だそうです。

興味のある人はどうぞ
http://layscience.net/node/124
65 2009年05月24日 09:09
ながぴい
http://www.sciencenews.org/view/generic/id/44046/title/The_inner_worlds_of_conspiracy_believers
 ↑
The inner worlds of conspiracy believers

こちらは陰謀論者さんたちの心理について調査した論文が出たというニュース。
66 2009年06月20日 10:02
ながぴい
最近の911陰謀論者は、
『次から次へと疑惑をまくしたてるが、誰が真犯人か?などという核心についての仮説を立てるようなことはせず、自ら検証するという態度も取らない』
という論法を使うようになった。

「ブッシュの陰謀だ!」とか「闇の組織の仕業だ!」と結論をはっきり言ってしまうと、
「ぷぷぷ、やみのせかいせいふだってよ(笑)」
「じゃあ、ハイジャック機に誰が乗ってたの?」
「いつどうやって誰が制御解体用の爆発物を、誰にも気づかれずにしかけたの?」
「77便はどこ行った?」
などとさんざん突っ込まれてしまう。

そういうことにならないように、したたかな陰謀論者の論調はつぎのようなものになることが多い。

『いいえ、私は知りません。私は調査機関の人間じゃないんだから当り前でしょ。私は単に質問をしてるだけなんですよ。質問しちゃいけないんですか?陰謀だとも言ってません。911テロ事件には、これだけおかしな点があるんですよ。その後のイラク戦争も含めて大勢の人が亡くなってるんですよ!なにも疑問に感じないほうがおかしいでしょ?なにが起こったかなんて誰にもわかりませんよ。公式見解なんて信じるのはどうかしてます。だから我々は再調査を要求してるのです』
67 2009年06月22日 01:25
鈴木すずきち
確かに、「仮説を出せ」というと
‐10〜100トンのサーマイトがこっそり仕込んであって…
‐純粋水爆で…
‐エネルギービームで…
‐突入した航空機は実はホログラムで…
‐でも突入した飛行機のホログラムには膨らみがってそれは爆弾で…
‐ペンタゴンが空を飛んだんです。

てなキチガイが湧いて出ます。

デカルトだかレヴィ・ストロースだかの、
「正しい質問があるだけ」
「正しい答えでなく、正しい質問をみつけることを重要視しなさい」
っていう言葉の意義深さがよくわかりますね。
68 2009年09月08日 21:23
ながぴい
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=953447&media_id=20
米顧問辞任、9・11対応の調査嘆願に署名(読売新聞 - 09月07日 10:58)

http://www.cnn.co.jp/usa/CNN200909060010.html
米大統領特別顧問、ネット署名問題で辞任

http://www.cnn.co.jp/usa/CNN200909070010.html
ジョーンズ氏辞任、「大統領命令なし」と上級顧問

http://voices.washingtonpost.com/44/2009/09/06/van_jones_resigns.html
White House Adviser Van Jones Resigns Amid Controversy Over Past Activism
69 2009年09月09日 19:09
ながぴい
めっけ。

いっぱいあんな。
消える前に見とこ。

National Geographic Science & Conspiracy Part 1
70 2009年09月14日 22:45
ながぴい
阿修羅に以下のような反論が出たので、ぼちぼち更新していきます。

>検証するする詐欺サイト「Skeptic's Wiki」の望みゼロのバカさ加減www 「ナノサーマイト」編
http://www.asyura2.com/09/warb0/msg/635.html

>ニセ検証サイト「Skeptic's Wiki」の望みゼロのバカさ加減「WTC7の自由落下」編(2ちゃんねる))
http://www.asyura2.com/09/warb0/msg/642.html
71 2009年09月27日 10:54
ながぴい
最近のアンケート調査らしいのですが、
http://www.publicpolicypolling.com/pdf/PPP_Release_National_9231210.pdf
Q4
Do you think President Bush intentionally allowed the 9/11 attacks to take place because he wanted the United States to go to war in the Middle East?

Yes ............................................................ 14%
No ............................................................. 78%
Not Sure......................................................... 8%

だそうな。
72 2009年09月30日 00:42
モンキーDタフィー
コメント失礼します。

陰謀論を嫌う人、好む人いると思います。この9.11に関しての陰謀説がこれほど議論されているのはアメリカ政府が納得のいく会見をしていないからなのではないでしょうか?

ちゃんと政府が説明をすればこのような無謀な陰謀説はでてこないとおもいます。

でここで思うのは、アメリカ政府はなにか隠しているのではと疑問がでて当然だと思います。


そこでWTCの崩壊が制御解体だとかペンタゴンが飛行機ではなくトマホークによるものだとかという陰謀は間違えだと思うのですが、これはどうですか?アメリカ政府はこのテロ攻撃を事前に知っていて黙認したのでは?アメリカにはCIAなど世界でも最強の情報機関や技術があるのにこれほど大がかりなテロをなにもつかんでなかったなんて信じられません。

それと飛行機がハイジャックされたときコースから外れる旅客機の異常をいち早く確認して政府機関に報告すると思うのですがどうですかね?普通のハイジャックなら要求もあるので犯人から連絡がこない状態なら普通戦闘機を発進させて迎撃待機命令を93便のように出してるはずでは?

これも根拠のない陰謀なですが、現実問題このテロでイラクへの戦争が正当化されたのは事実なんですよね・・・大量破壊兵器もでなかったし・・・

この陰謀が真実か偽りかは明かされることはないと思います。

アメリカ政府が全力で隠すのが当たり前です。そうじゃないと陰謀とはいいませんしねwww

メディアは操作されるものです。どれが真実かなんて本当はわからないんです。
我々人間は自分達の生活に影響のない事には無関心でいまやっているニュースが真実を報道しているのかなって大抵の人は深く考えないと思います。

でももし自分が当事者なら報道が間違っていたら違うだろって反論するんです。でもそこには政府の力などがあり裁判でも真相は葬られるんです。で偽りが真実へと捻じ曲げられる事があります。

陰謀を否定されるのはいいのですが、その否定する証拠が政府の発表したものやメディアで伝えられた事はもう捻じ曲げられている可能性があるので力をなさないです。そもそも政府が隠ぺいしたという陰謀に立ち向かうのにメディアや公的機関の発表は信用にあたいしないとするべきです。

てか我々陰謀やいや違う真実だなど言っても決してこの手の事件の真相なんてわからないんです。調べようがないしもし真相に近づこうなら命の危険さえあります。もう我々の手におえる陰謀ではないんです。なので議論している人たちは自分の仕事のためです。陰謀論を唱えてテレビや講演会や本を書いたりしてね、金儲けですよw

所詮真相を暴こうなんて思ってないってことですw
73 2009年09月30日 01:22
鈴木すずきち
"相対化""不可知論(もどき)"ってなんでも説明できますね。
「なんでも説明できる」って、
つまりは「何も具体的に説明していない」ってことだけどな。
74 2009年09月30日 01:42
鯨海粋候
>モンキーDタフィーさん

>ちゃんと政府が説明をすればこのような無謀な陰謀説はでてこないとおもいます。

このような恥ずかしい事を書き込む前に、説明されているかいないかをちゃんと確かめましょう。
「アメリカ政府が納得のいく会見をしていないからなのではないでしょうか?
」なんて、いつまでたっても自分の考えに合致しない限り「納得できない」といい続ける狂信者を納得させることは不可能です。
根拠なく感性だけで「納得できない」という人に付き合い続ける事に意味はありません。
75 2009年09月30日 03:12
モンキーDタフィー
>ヒゲ隊長@暇人さん

恥ずかしい?確かめましょうって一市民が政府がおこなった公式会見を確かめる事ができたら苦労はしないんですよね〜w

それに政府を疑ったいるのに政府の会見をどう確かめるですか?すべて跳ね返されるじゃないですか?ただの陰謀論だってね!

それに真実に近づこうなら圧力や脅迫などで抑えられるのが落ちです。


だからみんな方向をかえて訴えるしかなくそれが爆破解体やミサイルなどの違う陰謀になっているのでは?それだと具体的な説明がなされないという理由になります。

今現在陰謀と言うのも進化して公然たる陰謀(open conspiracy)たるものになっているんだよね。

それは我々人間は自分たちの生活で精一杯で戦争やテロなどが起きても、さほど深く気にしなけど戦争反対!テロは絶対許すななどは発言はするけど、具体的な解決策などは出てこない。そして時の流れにまかせるっていう流れが今までの世の中です。そしてある人がこれは政府のたくらんだものだって言い出したら陰謀論だろって周りの人に相手にされないのが落ちですよね?それが本当の陰謀者が望んでいて結果なんです。

だからもう陰謀(国家や権力者達の)を公然とできる時代になってしまったのです。

みんなはメディアは言論の自由があって真実を伝えると思ってるけどメディアは昔っからもう操作されてるんです。


最後に9.11が発生した当初はまだ悲しみと怒りで世界中はイラク戦争に好戦的になっていって陰謀なんてまったく出てきませんでした(出てたかもしれないけどかっきされる)だが今まで政府が主張してきた大量破壊兵器はなく戦争も長引き国際世論が疑問を持ち始めたころから陰謀論が頻繁にでてきているっと事は国民が政府に大して不信感が芽生えたからではないでしょうか?それに対して陰謀なんてくだらんという人はそれこそ操り人形化してしまってるのではないかと思います。

政府の言うことを鵜呑みするのはどうかと思いますよ。

そして話輪戻って、ビルの崩壊やペンタゴンなどの物理的現象については俺は関心はありませんので会見はあまり気にしてないですwそれより政治的裏側がきになります。

現に自分も今日本政府と裁判(12年間)で戦ってますが一向に真実を語ってくれません。いくら証拠をたたきつけてもはじき返されます。それが権力ってものです

最後にこのコミは陰謀説が嫌いとあるのでことわりを一言!

俺は間違った陰謀説は嫌いです!俺は真実が知りたいだけなんです。だから陰謀論をこのように検証してくださる事にはすごいありがたみを覚えます。



76 2009年09月30日 03:24
鯨海粋候
なるほど、いろんな意味で本物ですねw

日本国では思想と信仰の自由は保障されていますので、それはご自由にどうぞ。

モンキーDタフィーさんの理論だと、「アメリカ政府は宇宙人を隠してる」とか「日本政府は忍者を雇用してる」とか「世界経済は秘密結社に牛耳られている」とか疑っても具体的な説明がなされないという理由になります。
無敵万能の理論を持ち出されては議論になりません。
77 2009年09月30日 04:04
モンキーDタフィー
無敵万能ですかw

俺はそんな変な陰謀は信じてませんww

宇宙人?忍者?秘密結社?

ただ政府はそんなに信用に値するだけの価値があるかっていう事です。

なんだってねつ造できるんですよ!アメリカ政府の力を甘く見ないほうがいいと思います。

アメリカはある意味独裁国家なんですよ。合衆国憲法なんて飾りですよ・・・
78 2009年09月30日 06:40
ながぴい
1.アメリカ政府は911テロ事件について何か隠している。
2.政府やマスコミの言うことを必ずしも信用すべきではない。

この2つの考え方は特に間違ってないと思います。
ところが、

3.アメリカ政府は、なんだってねつ造できるんですよ!

となると、
ほんまかいな?
という話になる。

いくらアメリカ政府だって、万能ではないんだから、
できることとできないことがある。

その線をどこに引くかってことなんだと思うんですけどね。
79 2009年09月30日 11:26
KAZ
>恥ずかしい?確かめましょうって一市民が政府がおこなった公式会見を確かめる事ができたら苦労はしないんですよね〜w

ググレ

>だからもう陰謀(国家や権力者達の)を公然とできる時代になってしまったのです。

だからもう政府の公式発表ぐらい簡単に検索出来て読める時代になってしまったのです。
80 2009年09月30日 14:02
ベルイマン
>モンキーDタフィー

>なんだってねつ造できるんですよ!アメリカ政府の力を甘く見ないほうがいいと思います。

だったら、2008年9月のリーマンブラザーズの破綻を、なぜ止めることが、できなかったのかい。

あれで、米国の国際的地位は、かなり落ちたんだが、あれも陰謀かい。

モンキーDタフィーさんよ。だいたい、「陰謀」というなら、ちゃんと自分で考える陰謀を、ここからここまでとちゃんと説明せよ。

>72、>75、を読んでも、抽象的な話ばかりで、よくわからん。

まあ、そんなことだから、日本政府を相手にやっている裁判にも勝てんわ。国家賠償裁判でもやっているのかね。

あのな、2001年9月当時、アルカイダが米国内で、なんらかのテロをやるとは予想されていて、ぴりぴり警戒しまくっておったのじゃ。

まあ、やるとしたら爆弾テロや、毒ガスをまく。あと炭素菌をまく、上水道に、毒物を入れる。航空機を爆破する。・・・・とかじゃ。

まさか、定期旅客機をのっとる・・・従来のハイジャックと違って、・・・・・定期旅客機をみずから、操縦して、WTCビルに突っ込むなど、CIAもFBIも考え付かんことだったのだ。
81 2009年09月30日 19:33
モンキーDタフィー
まずリーマンに関してはブッシュ政権がイラク戦争など戦闘長期化などの批判で政権交代が確実しされていた事とでここでリーマンを救ってもなんも自分たちには利益にならないと踏んだんでしょう。まず不景気になって困るのは国民だけでお偉いさん達にはどうってことないんですから!

そしてテロ組織が米国内でテロをたくらんでいるのはあのアメリカですからわたってて当然です。それもかなり具体的に知っていたんでしょう。飛行機を使って攻撃を仕掛ける事それにだいたいどこを狙っているかもね。

そして大統領はその朝フロリダのほうにいたとなっていますがそれはホワイトハウスも標的リストに載っていたからです。

そして大統領はニューヨークの攻撃は見過ごす事にしてホワイトハウス(自分の家)だけ空軍に撃墜命令を出して93便を撃ち落としたんです。

これによりアフガニスタン&イラクへの侵攻が正当化されまたまた黒い歴史が刻まれたんです。

それに伴いアメリカでは愛国者法(反テロ法)たる違憲の法律を作り独裁国家登竜門をクリアしたことになるんです。

ご自身で合衆国憲法をお読みになってはいかがですか?そうするとアメリカがこれまでやってきたことが違憲行為で大統領が半独裁的な権限を持ち始めているって気付くはずです。

なので連邦政府信用ならんのです。それを信じてみなさんように悲劇的な事件ですね残念ですお悔やみ申し上げますってなんて言えません。陰謀なんて唱える人は犠牲者に対しての冒とくといいますが、疑問に思う事をなんで訴えてはいけないのかわかりません。と言いますとみなさんは「いいえ疑問は全然抱いていただいていいんですよ。でもただ陰謀だといっているだけでその陰謀説の疑問にはお答えにならないし証拠についても曖昧で信憑性に欠けるんです」と帰ってきます。

それは陰謀説は仮説をいくつも建てるんです。そして政府の報告書をうのみにしている人たちにもう一度よく考えてと問いかけをしているんです。そんなにすぐ報告書を信用してはいけないよ。よく読んで納得がいかない部分があるならぶつけるべきですとね。それが陰謀論を唱える人たちの本当の狙いなんではないですか?だから陰謀論を唱えてる人たちの説の疑問を問いかける前に政府の報告書に対しての疑問を政府にするべきだと思います。

まったく疑問がないという人がいたならそれはそれでその人の意見を聞きたいです。いないと思いますが・・・


最後に政府あいての裁判がどれだけ大変かは知らないようですが、賠償ではなく謝罪と事実を認めてもらう裁判です。だがその事実を認めると国家の信頼が落ちるので絶対に認めたくない事柄です。日本の警察組織を崩壊させるかもしれないことになるので日本政府が絶対に認めないつもりです。政府の本音です。
82 2009年09月30日 20:24
KYM.ax
すみません、お話しの途中申し訳けないんですが……。
9.11テロの、一般公開されている公式報告書(official report)というと、冒頭参考文献にもあるように、
米政府の公式文書「911調査委員会最終報告書」、
アメリカ土木工学会発行「ペンタゴン・レポート」(The Pentagon Building Perfomance Report)、
FEMAの「WTC報告書」(World Trade Center Building Performance Study:Data Collecton,Preliminary Observations,and Recommendations)、
があるわけですが、この三つ全文、和訳しているサイトはないでしょうか?
もしありましたら、英語に弱い私のために、ご紹介戴けるとありがたいのですが。
911テロ米政府陰謀説を肯定するにも否定するにも、この米政府の公式報告書を、まず読んでから、の事だと思いますので。
83 2009年09月30日 20:33
ながぴい
>この三つ全文、和訳しているサイトはないでしょうか?

そういった便利なサイトはないですね。

「The Pentagon Building Performance Report」について解説しているサイトとしては、
「ペンタゴンに突入したボーイング」がありますけど。
http://www.geocities.jp/finalflight77/index.html

911調査委員会最終報告書は日本語版ダイジェストがあります。
http://mixi.jp/view_item.pl?reviewer_id=2075962&id=1042998

ただし、このレビューにも書いたように、
誤訳が多いような感じがするので、
できるならば、原文を読んだほうがいいと思います。
84 2009年09月30日 20:37
KYM.ax
あ、すみません。
米政府の、というのは連邦政府独立調査委員会のことです。
またFEMAは、米国連邦緊急事態管理局のことです。
それとWTC報告書には、NIST(国立標準技術研究所)のものもあるんですよね?
これももし和訳サイトがあれば、宜しくお願いします。
85 2009年09月30日 20:50
KYM.ax
すばや!
>083
レス前後してしまいました。
有り難うございました。

なんにせよ、「米政府の公式発表はない」なんていう人はまだしも、「とにかく捏造なんだから読む価値なし」なんていう人は、もう何を言っても無駄、お話しにならないんですからね。
86 2009年09月30日 21:02
鯨海粋候
「巨悪を相手に真実を求める俺格好いい!」って単純なヒーロー幻想に酔ってなきゃ生きていけない人がいます。
そういう人にとって、敵は「絶対に勝てない」巨悪であるという結論からスタートするので、全ての情報をそこに帰結するよう集めて推理する癖があります。

結論ありきなので議論なんかできません。
87 2009年09月30日 21:19
ツナかん
>WTCの崩壊が制御解体だとかペンタゴンが飛行機ではなく
>トマホークによるものだとかという陰謀は間違えだと思うのですが、

 ここまで言いいながら陰謀論に染まってる人も珍しいなぁ。
 
 
88 2009年09月30日 21:32
KYM.ax
>887
『間違え』の前に『あながち』と入れるのを忘れていたとか?
89 2009年09月30日 21:35
モンキーDタフィー
www面白いですね「真実を求める俺カッコいい!」

絶対勝てないのにかっこいいなんて思わないんですけど・・・

勘違いしているかもしれませんが、俺は陰謀論者の肩をもつこともなければ反陰謀論者の肩をもっているわけではないんです。ただ互いの貶しあいがどうも低レベルっていうかただ相手を馬鹿とか異常者とか妄想とかとい言ってますがそれは子供の喧嘩ですかね?どちらにも言えることなんですけどね

この一連の陰謀論によっていろいろ検証されていろいろ報道やら書物などがでて一般人でもなぜWTCが崩壊したのかそのメカリズムがわかってよかったじないですかw

このように馬鹿馬鹿しい陰謀論だって世のためになっているんです。そうじゃなきゃ政府は必要最低限の報告で終わらせたでしょう。だからそんなに存在価値がない人のように蹴散らすのはよくないと俺は思うんです。

でも合衆国大統領(行政長官)が独裁者的な権限を持とうとしている事についての陰謀論もなくなにも追及されないのはこの事より危険だと思いますよ。
90 2009年09月30日 21:46
モンキーDタフィー
>87

その物理的陰謀論は実証されている通り間違いです。俺もそんなバカな事は思ってませんし陰謀論に染まってもいません

ちなみに9.11の陰謀論で代表的なのが
1.すべてアメリカの計画(自作自演)物理的陰謀(当初から胡散臭い)
2.実際にテロ組織が企画実行したけど政府が黙認した(政治的陰謀)
3.まったくテロの情報を入手できてなかった(責任逃れ陰謀)

このなかで一番ないと思う陰謀は自作自演説なんですが人気があった。
だか俺はそんなことよりあとの二つの方が信憑性が高いと思っただけですよ。
91 2009年09月30日 21:49
ながぴい
>このように馬鹿馬鹿しい陰謀論だって世のためになっているんです。

バカバカしい主張は単にバカバカしいだけです。
そういったことを根拠にしていると、追及の矛先がずれて、
真に追及されるべきことが追及されずに終わる危険性があります。

アメリカ政府を批判したければ、陰謀論がなくても十分できるはずです。
根拠のない風説を流布して相手の評判を落とそうとするのは、公正なやり方だとは思いませんね。
92 2009年09月30日 21:55
ツナかん
>そして大統領はニューヨークの攻撃は見過ごす事にして
>ホワイトハウス(自分の家)だけ空軍に撃墜命令を出して93便を撃ち落としたんです。

 そ、そうだったのか…
 あのおっちゃんやオバちゃんは嘘つきだったのか…
  ↓
 http://www.youtube.com/watch?v=kxsmhnZeM6w
93 2009年09月30日 21:59
モンキーDタフィー
アメリカ政府を批判したければ、陰謀論がなくても十分できるはず。

って批判したらそこで陰謀論になってしまいませんかね?そもそも陰謀論っていう言葉がよくないんだと思います。俺も使ってるのであらためないと思います。

批判論や反論というべきでしょうね。

真に追及されるべきことが追及されないとは最初に時点では誰もわからないんではないでしょうか?

だからいろいろ反論がでたのでは?それがのちに馬鹿馬鹿しい陰謀論だったって証明されたって事だとおもいます。

そのなにはちゃんと真に追及されるべき事柄も入っていたはずです。

なので未だに自作自演説を訴えてる人たちは確かにおかしいとは思いますが・・・
94 2009年09月30日 22:01
ながぴい
>2.実際にテロ組織が企画実行したけど政府が黙認した(政治的陰謀)
>3.まったくテロの情報を入手できてなかった(責任逃れ陰謀)

ちなみにこの2つは両立しないってのはわかりますかね。
入手できていない情報は黙殺はできません。
単に入手できていないだけ。
95 2009年09月30日 22:15
モンキーDタフィー
>92

93便については譲れないですね!F16による防衛のたに撃墜されたと思います。
電話などは本当だったでしょう、だが乗客が不時着される前に攻撃されたと思います。

近くに米軍きがいたのは確かですし乗客が操縦かんを握って争いながら降下させていたのらな不自然な動きをしていたと思いますので米軍機は危険を感じミサイルを撃ったと思うよ。てかそれが命令がくだってればふつうそうします。

当初は政府も撃墜したと発表するつもりだったと思います、だが乗客らの電話のやりとりの事を聞いてこっちのほうば国民に好印象が残る政治的判断をしたと思います
96 2009年09月30日 22:25
モンキーDタフィー
>94

はい両立してません

でもこの二つに関してどちらも政府内部じゃないとわからないことです。
だからみんなは一番めの自作自演(物理的で目に見えてる現象)を陰謀のネタにして大きくなったんだと思います

それにあとの二つは議論しても結論はでないし無限ループになることが明白なので。

黙殺は情報が入手できたら可能ですが、入手できなかったらできませんが、これもまたアメリカはあれだけの情報量がありながらあんだけ大きな損害をあたえられたのかと政府が無能だと国民が思うでしょう、それに他国からはテロをやりやすいのではと標的になりやすくなります。

そのことを恐れこのテロ攻撃に関しては事前に察知していましたけど予期せぬ攻撃パターンで頑張ったけど阻止できませんでしたと国民の許しをえようとしたともとらえられるということになります。

FBI、やCIAや国土安全保障省などの役人も責任を逃れられる事になりますのでね
97 2009年09月30日 22:34
ベルイマン
>モンキーDタフィー氏

>81

こういうのって、「理由の後付け」って、なんでもつけられるだよね。

ブッシュは、フロリダに居たわけだから、ホワイトハウスに、93便を激突させても、より反テロ感情をあおることができるのだから、93便をぶつけるほうがいいんじゃないか。ぶつける、ぶつけない。どっちも、ブッシュ陰謀の証拠理由にはならんよね。

また、93便がミサイルに撃ち落されたのなら、旅客機のような機体なら、空中分解すると思いますけど、そのような目撃証言はありません。そのような証拠もありません。住民の証言では、機体は裏返しになるようにして、木のかなたに消えて、墜落したといってますが、これもブッシュが、金わたして嘘の証言をさせたんかね。

もし、ジェット機の迎撃で、93便を撃ち落したら、「撃ち落しました」と発表するはず。それによって、第4のテロ攻撃を阻止できたわけですから、「撃墜」を隠す理由はありません。


>ツナかん氏

んま、911陰謀論へ徹底反撃したもんだから、最近は正統派の911陰謀論者は、すっかりすくなくなりましたね。モンキーDタフィー氏ような、まだら911陰謀論者がときどき出現してくるくらいです。


>このように馬鹿馬鹿しい陰謀論だって世のためになっているんです。

ああ、なんて味わい深い言葉だろう。1寸の虫にも、五部の魂。バクテリアだって、細菌だって全部いなくなったら、人間生きていけません。
98 2009年09月30日 23:03
鯨海粋候
>このように馬鹿馬鹿しい陰謀論だって世のためになっているんです。

そうだね、「僕は事実を知ってるんだ!」っていう妄想に縋らないと生きていけない様な虚弱な性根の人には陰謀論が必要でしょうね。
99 2009年10月01日 00:13
モンキーDタフィー
はい!そこなんですよ!外道みたいな言い方するのはどうかと・・・

>そうだね、「僕は事実を知ってるんだ!」っていう妄想に縋らないと生きていけない様な虚弱な性根の人には陰謀論が必要でしょうね。

真実を知っているなんて言ってないけど・・・こような可能性があるかもねっていうのが反論ではないですか?

そして俺は両方意見を読んで上で思ったことがあります。


93便に関して言いますと、テレビインタビューでミサイルの音を聞いた、実際戦闘機に乗っていたパイロットについてもある日本のテレビ番組でみました。もちろんそれも反対派からは間違っているとか実際の目撃証言はこれだと叩きつけて撃墜がなかったと主張します。

乗客が墜落させたのが真実と主張する人たちのインタビューにはそれを証拠づける内容になっています。

ふと疑問に思うのは、政府が撃墜を隠す必要性がないとか、そのまま目的を達成した方が効果的じゃないかとか、電話の隠ぺいはリスクが大きすぎるので現実的ではないと言うのなら、ミサイルの音を聞いた人のインタビューもボイスレコーダーの疑問に関する取材や3分間の謎などを捏造するのもリスクあると思いませんか?パイロットの事も調べればすぐにわかることをいちいちつくりあげるのもおかしいと同じように思います

そんなリスクをしょってまでも公共放送をつかいますか?番組のイメージを失墜される危険があるのですよ。

凡人は思うのですがどうですか?

このようにイタチごっこなんですよ・・・全員が納得いくなんてありえないんです。それを強制的に納得させようとすること自体が間違っていると思います。そしてそれを自分より浅はかだと考えるのは言語道断です。

いいじゃないですかどんな反論も議論も!講演会開こうが本を出版しようがね!それが民主主義なんではないですか?もしそれを嫌うのであればそれは民主主義を否定する事になるんですよ。

陰謀論を振りまく人たちがうざいと思うのはご自身の心の中でとどめといたほうがいいと思います。皮肉を言うのはダメです。

もちろん間違いをだたすのはいいのですが、頭ったら押さえつけるような事は人間としてしてはいけません。

それでも納得のいかない人には自分が考えてる事はその方には合わないと思って素直に聞いてあげるのが礼儀です。相手も自分の意見を聞いてくださってるですからね。そしてお互いに譲歩し合える部分を模索しながら結論がでてくると思いますよ。

100 2009年10月01日 00:41
ツナかん
>そしてお互いに譲歩し合える部分を模索しながら結論がでてくると思いますよ。

 ここには同意いたします。
 モンキーDタフィーさんの考えを私なりにまとめてみますと、
 
 ・アメリカ政府はアルカイダの計画を事前に察知していたが、
  93便だけは撃墜し、他はほったらかした。

 このような感じになるかと思います。
 
 さて、目撃証言から話し合いましょうか。
 93便に関しては目撃証言が結構ありますが
 どれも「ミサイルで撃墜された」とは言っていません。
 モンキーさんの言う事が正しいとすると、目撃者は
 すべて嘘をついているということになりますが
 それでよろしいですか?
 まずここを確認させて下さい。
101 2009年10月01日 10:41
モンキーDタフィー
> ツナかんさん

93便だけが唯一墜落の瞬間が映像では残ってない事件ですよね?


そして目撃証言はどれも曖昧ですよね?撃墜を見たという証言はありませんってミサイルの音を聞いたって言うものはありました

墜落現場手前8マイル付近から点々と機内物が落ちている事も事実です

風は当日飛行の進行と同じ追い風だという気象データが示してます

それに低空飛行していたとか逆さになって林に消えたとかって言うのもありました


戦闘機らしき別の飛行物体も目撃されてます


なので93便に関してはどちらの意見も決定的な決め手となる証拠がないって事です


知っているのは93便の乗客しかいないかも知れません


でここからは現状でおこりえる可能性の話です


墜落現場は人口も300人にもみたない田舎で撃墜ポイントとしては最終地点だった


戦闘機のミサイルは熱探知なので旅客機のエンジンに命中したそのさい客室の一部に穴が空き機内の紙やら金属辺などを吐き出しながら飛行した可能性はあります

で機内では電話などのやり取りから乗客がコックピットをテロリストから奪いとろうとしていた事は事実だと思います


でも乗客は出来れば不時着させるつもりだったかも知れません

操縦桿を乗客が握っていたのならテロリストはもう乗客によって行動不能もしくは死亡していたと考えるべきです


それなのに逆さ状態で墜落したって事は操縦桿をめーいっぱい押し付けて墜落の瞬間まで押しつづけたことを意味します


このような行為は自爆覚悟のテロリスト的行為です


そうなるとやっぱりエンジン負傷によるコントロール不能になり逆さで墜落したって言うのが自然です


そして撃墜はないと言う可能性もあります

その場合の状況はテロリストは乗客の抵抗によってコックピットないで争いになり目標到達が困難とテロリストパイロットは判断しテロリスト自ら地面にめけて操縦桿を押しつづけたと言うのが自然です


もし自分ならどうします?

犯人から操縦桿を奪ったら!

もちろん飛行機なんて操縦したことないのは当然ですが、人間の心理的にいってどうにか助かる可能性が少しでもある方に持っていくものなので垂直落下の様にはならないはずです!!


と言う考えです


102 2009年10月01日 11:06
山本弘
>で機内では電話などのやり取りから乗客がコックピットをテロリストから奪いとろうとしていた事は事実だと思います



>操縦桿を乗客が握っていたのならテロリストはもう乗客によって行動不能もしくは死亡していたと考えるべきです

 この論理の飛躍が理解できない。
「操縦桿を乗客が握っていた」という根拠は?
 ボイスレコーダーには、墜落の直前までテロリストの声が入っているので、墜落した時点ではまだテロリストが操縦桿を握っていた可能性が高いのだけど。

http://www.jiji.com/jc/v2?id=20090909september_eleven_terror_attacks_09
103 2009年10月01日 11:49
モンキーDタフィー
それは述べたとうりテロリストが握っていた可能性もありますと書いたけど?でも中には乗客が奪い取ったっていう人もいますけど?どちらを信用すればいいんですか?ボイスレコーダーの音声は遺族の中でも疑問に残る部分も存在している事もあるので一概にはいえないと思います。

で前にも述べましたが撃墜の可能性、そしてテロリストが乗客の抵抗にあいやもえず墜落させた可能性どちらも有りうると述べたつもりです。

結論は93便は撃墜だろうとテロリストによる自爆だろうと乗客は死んでしまったって事実は確実です。それをアメリカ政府は伝説だの戦争のスローガンにすることがおかしな事なんです。

このような事が二度とないように考えることが一番大事で撃墜がなされたかなされてないかは問題ではないんです。でもみんなは現実に起きてしまったことをね意見の違いなどでもめては遺族に申し訳ないとおもうよ。

お互いに譲歩しあうということはお互いがまず事実だと思っている事をまず考えること。そうするとこの事件では互いに事実と確信しているのは犠牲者がいるって事ですよね?

ならこのような事が二度と起きないためにはどうすればいいのかを議論するのが一番効率がいいのではないですか?

でも現実にはアルカイダが悪い中東のやつらは極悪人だとかいってアメリカは報復という名の侵攻をやりまったく問題を解決しようとしてないのが問題ではないんでしょうか?

そう考えるとこの大惨事の要因はアメリカに帰すると思いますよ。
104 2009年10月01日 15:03
山本弘
>で前にも述べましたが撃墜の可能性、そしてテロリストが乗客の抵抗にあいやもえず墜落させた可能性どちらも有りうると述べたつもりです。

 あなたはこう書かれていますよ。

>81
>そして大統領はニューヨークの攻撃は見過ごす事にしてホワイトハウス(自分の家)だけ空軍に撃墜命令を出して93便を撃ち落としたんです。

>95
>93便については譲れないですね!F16による防衛のたに撃墜されたと思います。

 明らかに「撃ち落としたんです」「撃墜されたと思います」と断定されてますね。95を書いてから意見を変えたのですか?

>93便に関して言いますと、テレビインタビューでミサイルの音を聞いた、実際戦闘機に乗っていたパイロットについてもある日本のテレビ番組でみました。

>墜落現場手前8マイル付近から点々と機内物が落ちている事も事実です

>戦闘機らしき別の飛行物体も目撃されてます

 失礼ですが、あなたはSkeptic's Wikiのこのページをちゃんと読まれてますか?

http://sp-file.qee.jp/cgi-bin/wiki/wiki.cgi?page=%A5%E6%A5%CA%A5%A4%A5%C6%A5%C3%A5%C9%B9%D2%B6%F593%CA%D8%A4%CE%C4%C6%CD%EE%A1%A1%A1%CA911%B1%A2%CB%C5%CF%C0%A1%CB

>2004年2月、Alex Jonesのラジオのトークショーに登場した元アメリカ陸軍大佐を名乗るグランプレ(Donn de Grand-Pre)氏は「ノースダコタの防空隊によって(93便は)撃墜された。93便を撃ち落としたパイロットを知っている」と証言した。グランプレ氏によると「9時58分ちょうどに、Rick Gibney少佐が2発のサイドワインダーを発射し、空中で破壊した」とのこと。
>その日の朝、Gibney中佐(少佐ではなかった)は実際に(非武装の)F-16を飛ばしていたが、10時45分にノースダコタ州ファーゴを飛び立ち、モンタナ州のボーズマンに向かっていた。ファーゴはシャンクスビルから1100マイル(約1770キロ)離れているので、その前に93便を撃ち落とすのは不可能である。
(中略)
>どうやらグランプレ氏の証言はデタラメのようであるが、「ビートたけしのこんなはずでは!!」ではそのまま放送されている。

>FBIの証拠品収集チームの責任者ボブ・クレイグ(Bob Craig)氏によると、墜落前の飛行経路下で93便の破片は見つかっていない。

>93便の墜落直後、現場付近では少なくとも6人が「謎の白いジェット機」を目撃している。しかし、その正体は「VF Corporation」というアパレル会社の所有する ダッソー・ファルコン20のビジネス・ジェットだったということがわかっている。
105 2009年10月01日 15:16
モンキーDタフィー
ですから譲歩して一方的な意見はいけないと改めたのです


そのサイトは読みました

だから疑問に思ったんです

調べればわかる戦闘機のパイロットの話をでっちあげて公共のテレビ番組で流すリスクを考えると無謀ではと思うのです

それも地方で一部にしか放映してない小さな番組じゃなく全国放映ですよ!


全日空の元パイロットの証言も捏造するのは無理かと思います…

106 2009年10月01日 15:27
Yoshitaka@火東ヘ50b
>1.すべてアメリカの計画(自作自演)物理的陰謀(当初から胡散臭い)
>2.実際にテロ組織が企画実行したけど政府が黙認した(政治的陰謀)
>3.まったくテロの情報を入手できてなかった(責任逃れ陰謀)

真珠湾陰謀論に近い物があるような気がします。
どちらにしても、3は陰謀ではなく単なる無能を隠しただけじゃないかなぁ。


「テロの兆候はあったが、どこにどのように攻撃するかはわからなかった」
ってあたりの理解になぜたどり着かないのか不思議です。

あと、日常的にテロ情報が入っているとどの情報が本当で、どの情報がウソなのかはさっぱりわからないでしょう。安全側に倒すと、市民生活に影響が大きい(911後のテロ対策がかなり大きな影響があった)ので、むやみにやることもできなかったでしょうな。


大型機を対空ミサイルで撃墜したらどうなるかというのを考えれば、残骸が見つかっていないのはおかしいです。
小型の戦闘機でさえ炎上するものの原形をとどめたまま墜落するのです。いわんや大型機をや。
107 2009年10月01日 19:17
鯨海粋候
これだから陰謀論者は…。
自分で言ってて軸がぶれまくってるのわかりませんか?


>なんだってねつ造できるんですよ!アメリカ政府の力を甘く見ないほうがいいと思います。

>全日空の元パイロットの証言も捏造するのは無理かと思います…

自説に都合のいいように「なんだって捏造できる」と言ってみたり、「捏造するのは無理」と言ってみたり…。



そもそも異なる2つの意見があって、その片方が明らかに間違いである場合は間違ってない方に歩み寄る必要なんかないんですよ。
「俺は『1+1=4』だと思う。だが君らは『1+1=2』だという。そこでお互い歩み寄って『1+1=3』ということにしてはどうだろう。」とか言ってるのと大差ありません。
このどんな意見でも中立に判断するなんてのを推し進めると、最終的にはアメリカの科学教育のように「ID論も進化論と同様に教えるべし」なんて間違った結果になります。


少なくとも自己矛盾くらいはしないように議論できるようになってください。
108 2009年10月01日 20:20
モンキーDタフィー
いやいやそれはそちら側も同じでは?公式会見が本物でそれ以外はねつ造だといっていて、公式会見が疑わしいと思う人は公式会見がねつ造だといっている同じじゃないですか?
お互い都合のいいほうが正しくって都合が悪いのは正しくないっていってるじゃないですか?もちろん本当に間違ってるものもありますけど・・・完全に相対的になってるんじゃないですかね・・・

そこでいろいろ前の陰謀論とその陰謀論を論破した根拠ある調査?を見直しました。

まずWTC1,2関しましては爆破解体説の可能性は完全には否定されていないのが現状です。火災と飛行機の激突による衝撃と熱による鋼鉄の強度低下によるものだというこれだと上層部が崩れるのは仕方なかったと思われる。でもそれだけが原因であんなに木っ端みじんになる崩壊はしないと思う。
それにたいして日本の学者がシュミレーションによってこの状況を再現した報告書がありました。それによるとWTC2に飛行機が激突した際、旅客機の左エンジンがコアの柱を数本切断、そのほかに機体によってコアの柱は切断や損傷を受ける
その後火災によって数階部分が変形する。

コア柱が切断されたことで下層階ではものすごい衝撃が伝わる。それも下から何回も突き上げられるほどの衝撃。それによってコアと外壁をつないでいるハリ(床を支える役目)が断裂する。そのことでタワーは不安定になる。もはやハリと中心の柱とはもう断裂している状態です。そして熱によって衝突階付近の角の柱が上層の重荷に耐えかねて折れ曲がり上層部が傾くその瞬間に捻じれように崩れ始める。そして下層階はもやはハリは耐力を失っているため上からの崩壊を食い止めることができず綺麗に崩壊した。
そして中央のコアと分裂してしまったハリのおかげで中央へと力が流れて比較的コンパクトに崩壊したこれがタワー崩壊の原因だと思います。これは俺はなるほど解体ではないと思った瞬間でした。かなり筋が通ってるのでこれは拍手ですww

そしてWTC7なんですがこれはいくら読んでも理解できません・・・誰か教えてください・・・

これも火災とタワーの瓦礫の損傷で崩壊したって言われてもはいそうですかってはいかないでしょ?なぜかと言いますとそのほかにもWTC3.4.5.も致命的な打撃をうけてますまして7とは比べもににならないぐらいですが、崩落はしてますがまだビルとして原型があります。それなのに7は綺麗に1,2のように崩壊してます。

もし1.2のように同じ現象が起きたならそのビルのコアとなりうる柱と外壁へとつながるハリが分断されていて上から均等に力が加わるような事が起きない自然ではおこらないと思います。で7は瓦礫によってタワー面は損傷を受けてました。火災も起きてました。でこれで思うのはビルは片側にバランスはずれていたことになり崩壊するのならタワー方面に倒れかかるように崩壊するのが自然のながれではないでしょうか?まして垂直に崩壊なんて物理的に不可能です。

そして7の火災がひどかったという証拠の写真もあるのですがなにか不自然な感じするのはおれだけでしょうか?7ビル片側側面だけからしか煙が出てないこととビルの淵にそって綺麗に煙がもぼっているのが合成っぱいのです

でこの写真からも損傷はあるもののあんなに見事に崩壊するほど致命的とも思えません・・・阪神大震災の時にはあれよりひどいビルがたってましたしそのごもあのような崩壊はありません。自然崩壊としたら歴史上初の現象で物理学の基礎が変わる可能性もありますよ。

どうかWTC7の崩壊だけでも教えてください。
109 2009年10月01日 21:19
ながぴい
ほらほら、だんだん陰謀論者の本性がでてきましたね。

75で

>ビルの崩壊やペンタゴンなどの物理的現象については俺は関心はありませんので会見はあまり気にしてないですw

とか言っておきながら、

>どうかWTC7の崩壊だけでも教えてください。

と言い出すとはこれいかに?

93便の話がしたければ、93便の話をしてください。
都合が悪くなったからといって、論点をずらしてごまかさないように。
110 2009年10月01日 21:31
George@(=ω=.)
>108
>いやいやそれはそちら側も同じでは?公式会見が本物でそれ以外はねつ造だといっていて、公式会見が疑わしいと思う人は公式会見がねつ造だといっている同じじゃないですか?

ぜんぜん違いますよ。

○○とは思えない
××の可能性も否定できない
▽▽っぽい
□□なのが自然だ

とか、モンキーDタフィーさんの発言って根拠もなにもないただの感想文じゃないですか。
111 2009年10月01日 22:30
ながぴい
>108
>自然崩壊としたら歴史上初の現象で物理学の基礎が変わる可能性もありますよ。


どうしてこういうことを軽々しく言うんだろうね。
これじゃ、何事に対しても軽率な考え方しかしていないと自ら表明しているようなもの。

物理学の基礎が変わるかどうかは、物理学者が決めることであって、
常識的に考えても、素人がどうこう言っても仕方のないことです。

「物理学の基礎が変わった」ということで、
世界中の物理学者のコンセンサスが取れれば、
たしかに物理学の基礎が変わったのかもしれないけど、

今、勝手にそのような個人的感想を表明しても、
にちゃんねるに大量に書き込まれた無意味な御託以上の意味はありません。
112 2009年10月02日 00:26
モンキーDタフィー
そう思う根拠はこのれまでいろいろな人が示してるけど、それはデタラメどとか陰謀論だとかですべて吐き捨てられてるじゃないですか〜それをまたここでいちいち説明してもはいはいで終でしょ?


前の書き込みで93便は自分の中での結論は出したつもりです!


物理学は高校レベルしかないですがそれでは不十分ですかね?

学位ぐらいとらないと発言はしてはいけないのですか?

別に学会じゃあるまいし…

そこまで馬鹿にするのが好きなら政府の発表で理解できた頭が良い人に我々のような高校レベルの知識しかないものたちに詳細を教えて下さいよ!


頭が悪い人に説明したってわからないよって言う逃げ台詞はダメですよ!


なんでみんなはもっといろいろ世の中でおきている出来事をいろいろな方面から見ようとしないんですかね?


この世の中のシステムがそもそもそうなのですがね…

好奇心をみんなもった方が物の見方が変わるよ!地球外生命体、超能力、などみんなに言わせれば妄想だといいますけどじゃみんなはすべてを把握しているんですか?宇宙を人類の事もこれまで出来事をそれをすべて知っているのなら反論はしませんよ!

俺らが無知でしたと引き下がるよ!でもこの世の中はまだまだ未知な事ばかりです!


それなのにそれは絶対ないとか馬鹿馬鹿しいとか言うのは逆に良くないと思います!
113 2009年10月02日 00:43
ながぴい
学位を持っていようが、学会だろうが、
「物理学の基礎が変わる可能性もあります」
なんて大それたことをいう人間はめったにいないというだけのことです。

「この世の中はまだまだ未知な事ばかり」なので、
人間は一番確からしいことを頼りに生きていくしかないのです。
可能性だけを考えれば何でもありになってしまう。
可能性の高いものを残し、可能性の低いものから排除していくしかないのです。
それがわからないのは情報リテラシーのできていない情報弱者だということですね。
悪い奴に騙されないよう気をつけて生きていってください。

>好奇心をみんなもった方が物の見方が変わるよ!

たとえ、見方が変わったとしても世界が変わるわけではありません。
現実は厳しいですね。
114 2009年10月02日 01:01
ながぴい
あ、103の

>ならこのような事が二度と起きないためにはどうすればいいのかを議論するのが一番効率がいいのではないですか?

という意見には賛同しますね。

ブッシュ政権に関しては、
1.イラクが直接アルカイダを支援していた証拠はない
2.イラクには大量破壊兵器がなかった
のに、911テロを口実にイラク戦争を始めたことについては、
批判されても当然でしょう。

しかし、根拠のない陰謀論には賛同しません。
証拠がなければ、それは単なる風説の流布です。
そうしたデマは「このような事が二度と起きないためにはどうすればいいのか」の邪魔をするものだと思います。

ブッシュ政権がろくでもない政権だったのは事実かもしれませんが、
アメリカを憎むがゆえにテロを起こした宗教的原理主義者がいたことも事実だと思います。
115 2009年10月02日 01:18
ベルイマン
>モンキーDタフィー

ながぴい氏へ、いつでもアク禁してやっていいですよ。
116 2009年10月02日 07:51
George@(=ω=.)
>112
>そう思う根拠はこのれまでいろいろな人が示してるけど

示せていないですよ。
117 2009年10月02日 08:31
山本弘
>好奇心をみんなもった方が物の見方が変わるよ!地球外生命体、超能力、などみんなに言わせれば妄想だといいますけどじゃみんなはすべてを把握しているんですか?宇宙を人類の事もこれまで出来事をそれをすべて知っているのなら反論はしませんよ!

1.みんな好奇心を持ってるからこそ、「9.11陰謀説ってあるけど、あれは本当のところどうなのかなあ?」と調べてるんじゃないですか。
 好奇心がなかったら、そもそもこんなコミュに参加しない。

2.「地球外生命体」を「妄想」と言ってる人って誰でしょう? 宇宙のどこかに地球人以外の知的生命が存在する可能性については、科学者もみんな認めてるはずですが。

3.確かに僕らはこの宇宙や世界のことをほとんど知らない。
 でも、「僕ら」の中にはあなた自身も含まれていることをお忘れなく。
 そして、知識の量は人によって違う。建築学の分野の専門家の方が、素人より圧倒的に知識量が多い。当然、専門家の方がはるかに正しい判断を下せる。

【知識量大】             【知識量小】
 宇宙のすべての知識>>>>>>>>専門家>>>>>>>>>>素人

「みんなはすべてを把握しているんですか?」なんてのは、自分と専門家の知識量を同列に置こうとする詭弁にすぎません。
 建築学の専門家が「制御解体じゃない」と言ってるのに、初歩的な知識もない素人が反論するのはおかしい。
 たとえて言うなら、チェスのルールも知らないような素人が、名人の打つ手に「それはおかしい」と文句をつけるようなもんです。
118 2009年10月02日 09:25
Yoshitaka@火東ヘ50b
>>112
>
>物理学は高校レベルしかないですがそれでは不十分ですかね?
>学位ぐらいとらないと発言はしてはいけないのですか?
>別に学会じゃあるまいし…

理系の大学・大学院を出た身からすると物理学がまともに実用になるのは大学レベルからです。
精密な議論ができるのは大学院レベル。
高校レベルだとちょっとお話にならない。

発言するのはかまわないけど、高校レベルだと自覚しているのなら、その自覚に応じた謙虚さは持つべきでしょう。
119 2009年10月02日 10:54
かずちゃん
たとえば「きく●●み」のような人は、疑惑の証拠として何かというと「You Tube」の映像を持ってきて、「こんなことがありえるのでしょうか?」とか「・・・が映っています(ミサイルでしょうか?)」などとことさら疑問符をつけて問題視していますよね(これはもしかしたら、反論されたときに、「自分は公式発表に疑問をぶつけているだけで、別に自作自演を自分から積極的に主張している(あるいは擁護している)わけではない」と言い訳をするための煙幕にしているようでもあるが)。

映像などは、いくらでも「加工」がきく。まして動画サイトであればなおさらであり、それらは「証拠」にはならない(心霊写真やら何とか写真をテレビで解説している「霊能力者」と同じ)。

ところが、実際にはみんなスティーブン・ジョーンズがこういった、あるいはリチャード・ゲイジがこういった、などと第三者の主張をやたら持ち出して「真相究明会議」などを催すから、たちが悪い(自分の著作やブログでは、「9.11はマスコミのいうような事件じゃない!」とかさんざんかきなぐっているのにね)。

物理学や建築工学者の研究をほとんど無視して、宗教哲学者をわざわざ日本に呼び寄せるという神経は理解できない。まず彼らの研究を広く自分で研究して「公式見解はおかしい」と主張するならわかるが、ろくに「公式見解」の主張を吟味もしないでああだこうだという神経はまったく理解不能。あまりに先行研究に対して謙虚じゃなさ過ぎる!
120 2009年10月02日 11:27
PON太@FreeTibet!
108:>上層部が崩れるのは仕方なかったと思われる。でもそれだけが原因であんなに木っ端みじんになる崩壊はしないと思う。


WTC以外での類似事例として…。

▼詳細は下記でも確認出来る。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E8%B1%8A%E7%99%BE%E8%B2%A8%E5%BA%97

これ5階建て。手抜き工事なども有ったわけだが5年間は営業していたが
度重なる要因から、特に4F−5Fの強度を失い30秒足らずで
全フロアーが壊滅。


これも、陰謀なんですかね。


え? 大きさとか構造が違う?_?


阪神地域の建物とNYの建物も違うと思うのだが…。
121 2009年10月02日 12:05
kani館
> そして7の火災がひどかったという証拠の写真もあるのですがなにか不自然な
> 感じするのはおれだけでしょうか?7ビル片側側面だけからしか煙が出てない
> こととビルの淵にそって綺麗に煙がもぼっているのが合成っぱいのです

同日同時刻の同じ場所から煙の出てない画像が一つでもあれば議論の余地もあるでしょうけどそんな画像ありましたっけ?
アレだけの事件で各国のTVクルーが取材してたんだから全部に同じ合成をするのは不可能だとほぼ断言していいと考えるんですがどうでしょう。
122 2009年10月03日 11:39
鈴木すずきち
>モンキーDタフィーさん

のりおくれてしまいましたが、
#72に対して、事実からなにがわかるかだけ指摘しておきます。

>アメリカ政府はこのテロ攻撃を事前に知っていて黙認したのでは?
>アメリカにはCIAなど世界でも最強の情報機関や技術があるのにこれほど大がかりなテロをなにもつかんでなかったなんて信じられません。

「知っていて防がなかった説」を否定するには
"不作為が存在しなかった証拠"という
ややこしいものを提示することになりますから
原則的・明示的に否定することはできないと思います。
ですから信じ続けるのはご自由です。

ただ、911をイラク攻撃に無理矢理こじつけた張本人である二人、
ラムズフェルド国防長官とウォルフォウィッツ副長官は
航空機がペンタゴンに激突した瞬間にペンタゴンの建物の中にいました。
http://www.historycommons.org/timeline.jsp?timeline=complete_911_timeline&day_of_9/11=donaldrumsfeld

ですから普通に考えれば、
テロの日時と攻撃対象と攻撃方法を
彼らが事前に知っていたとは考えにくい。

このような事実にかかわらず
米国政府が「知ってて防がなかった」と主張するのであれば、

「当時のブッシュ政権は中東攻撃の口実を確保するために
テロを知っていて防がなかった。
ところが、イラク戦争を開始した張本人ラムズフェルドとウォルフォウィッツ
はなぜか知らなかったのでテロの瞬間にペンタゴンの中にいて
殺される可能性があった。」
と主張していることになります。
 
支離滅裂な主張だと思いますが、何を信じるかはご自由です。

挙句、「なんだってねつ造できる」はずのアメリカは
大量破壊兵器保有のいいがかりで戦争をはじめたわりに
イラクで大量破壊兵器を"発見"していません。

それこそ、イラク政府要人を戦争で皆殺しにして口封じをしておいて
炭素菌をひとびん"発見"すればいいだけなのに。
科学技術と資金力があってなんでも捏造できて
アメリカ国民に対しては捏造しまくりのはずなのに、
サダム・フセインに対してはなにも
捏造せずに正直というのもまったく支離滅裂です。

モンキーDタフィーさんの
"脳内アメリカ政府"のあり方をご自分で整理された方がいいでしょう。
123 2009年10月03日 13:46
かずちゃん
そうですよね、こういう見解がもっとも納得できるものだと思います。

>それこそ、イラク政府要人を戦争で皆殺しにして口封じをしておいて
炭素菌をひとびん"発見"すればいいだけなのに。
科学技術と資金力があってなんでも捏造できて
アメリカ国民に対しては捏造しまくりのはずなのに、
サダム・フセインに対してはなにも
捏造せずに正直というのもまったく支離滅裂です。

 これは以前、ある方が超能力批判の際に述べていた原則に通じるものだと思います。
「ああいうことができるのなら(あるいは起こるのなら)、なぜこういうことはできないのだろう?(起こらないのだろう?)」と。
 米国内で、とんでもない「自作自演」をやっておきながら、肝心のイラク国内では大量破壊兵器持込の「証拠」のでっちあげをなぜできないのかー陰謀論者にはこうした合理的な思考ができないのでしょうか。
124 2009年10月24日 23:40
ながぴい
おたのしみください。
わーい(嬉しい顔)
125 2009年10月28日 12:23
ベルイマン
雪という素材にも問題があるが、縦・横の比率が、問題だね。どー見ても、高さがあきらかにたりないぞ。

できれば、雪を使って実際のWTCの、4分の1の幅15m高さ100mのものを作るぐらいの根性をみせて欲しかったな。それを作れたら、それだけでも、すごくえらいぞ。
126 2009年10月28日 22:38
KAZ
なるほど!
爆破では衝突後の数時間に渡ってWTC1、WTC2が持ちこたえた事を説明出来ないと証明した画像なんですね、いやー納得しました、hahaha
127 2009年10月29日 00:09
鯨海粋候
高層建築物の構造計算を知らない馬鹿は無邪気でいいですねぇ…。
雪だるまくらい簡単に高層建築が出来るならタワーマンションなんか今の10分の1以下の工期とコストで作れるのにね。
128 2009年10月29日 00:31
ながぴい
124の動画はおそらくジョークだと思います。
多分…

アホくさいことを真剣にやってるのはこの人でしょう。
http://video.google.ca/videoplay?docid=-459844559898426929#23m50s
Richard Gage、来日するらしいですが、
日本でも段ボール箱のパフォーマンスやってくれるのでしょうか?
129 2009年10月29日 00:45
鈴木すずきち
>ながぴい先生
Richard GageのAE911Truthですが、
一応今日現在で963人賛同者がいます。
http://www.ae911truth.org/signpetition.php

「地球温暖化に懐疑的な天候学者の署名が3000人集まった!(人数その他いい加減)」
っていうふれこみの署名で、
お天気キャスターとかがまざっててかつ、
署名した覚えのない人がけっこういた…
っていうのがありましたが、あれとはちょっと違う感じですね。
顔出しのひともいるし、それぞれのコメントがでっちあげっぽくないし。

トップページに書いてあることは、
もう言い古されたことばかりなんですが・・・
130 2009年10月29日 19:38
ながぴい
う〜ん、
こういう数字にどれだけ意味があるのか、わしにもわかりません。

そんな人数いるわりには、この組織の活動も低調ですね。

ちなみに911の再調査をニューヨーク市に求めてた
NYCCANの署名活動は8万人の署名を集めたと豪語してたけど、
結局ぽしゃっちゃったみたいで、
アンチtrooferブログわーい(嬉しい顔)「Screw Loose Change」ではボロカスに言われてますね。
http://screwloosechange.blogspot.com/search/label/NYC-CAN
131 2009年10月31日 23:32
鈴木すずきち
今日みたら、963人が、956人に減ってました。
減っているということは、
個々の登録者は自分の意思で(一度は)登録したのかな・・・

ただ変なのは、AE911Truthが
AIA(American Institute of Architects)の
ヴァージニア州地域コンファレンスにブースを設置して参加するとのことで
サイトで参加資金の寄付を募っていて必要とされるUS$9450.00はもう集まっている。

でも、AIAのイベントカレンダーみても
そんなイベントないんですよね…
http://info.aia.org/aia/aiaevents.cfm
132 2009年11月01日 16:46
ながぴい
AE911TruthがAIAに参加したってのは、
もう終わった話じゃなかったかな?

Screw Loose ChangeではMay 05, 2009にその模様を映した動画がアップされたよう。
その動画、今はもうリンク切れだけど。
133 2009年11月03日 13:18
ベルイマン

まともな目的の平和、環境、科学などイベント・学会に、911陰謀論者などトンデモ論者がまぎれこみ、自分たちは、正統なお墨付きをもらったかのような偽装はあとをたたない。

また、イベントに来る人々は、まじめな人が多いので、一部だが真に受けてしまう人がいる。

昨年の幕張の9条世界会議の、出展ブースに、きくちゆみらが平和省プロジェクト名で参加し、カンファレンス部屋では、「ルースチェンジ」や「「ボーイングをさがせ」などのDVDを上映して911陰謀論を主張していた。

9条世界会議では、きくちゆみの主張など蚊帳の外であったが、脇の甘いイベント主催者の場合、トンデモ論者にもぐりこまれる可能性は常にある気をつける必要があるな。

また、トンデモ論については警鐘を鳴らし続けることが肝要じゃ。
134 2009年11月03日 16:49
O-Ken
「まともな目的の平和、環境、科学などイベント・学会」とは言えない場所かもしれませんけど、
アースデイとかBボーイパークとかにも、9.11陰謀論を主張するグループがブースを出してたりするらしいですね。
普段「政治」や「科学」にあまり関心のないギャラリーには驚きを持って受け入れられるし、
そのまま真に受けてしまう、という人も案外少なくないのかもしれません。
135 2009年11月03日 20:55
ベルイマン
>O−Ken  さん

むかしは、といっても20年まえほどのアースディは、純朴に環境問題にとりくんでいる団体が多かったようですが、今のアースディはすっかり、イベント自体が目的化して、いわゆるお祭りになっているようです。

運営はすっかり洗練されてきましたが、「環境問題とかやってま〜〜す」的な参加が多くなって、いわゆる健康食品や、スピリアルなどなんでもあり〜〜。911陰謀論など排除するなどというセグメンテーションは、およそ期待できないと思えます。

>Bボーイパーク

は何?思いましたが、POP系の音楽祭なんですね。知りませんでした。

それから、平和学会なども、きくちゆみ、成澤宗男など参加してますし、同会員の長崎大の戸田清センセイは、きくちゆみと9・11事件は謀略か―「21世紀の真珠湾...」 デヴィッド・レイ グリフィンの翻訳をやっています。
平和学会は、911陰謀論に、無警戒です。

平和学会の事務局(多分)の須田 稔氏も、911陰謀論には、ゆるいようです。「世界貿易センタービルのマスターキーが告げる!」のブックレット出してます。
136 2009年11月03日 23:01
鈴木すずきち
>ながぴい先生
今日は952人に減ってました。

ブースの募金は"Nov09"向けに行っていて、
最初みたときは目標達成率が95%くらいだったんですが、
先日101%までいってました。
…で、今見たらFreedom of Information Actにもとづく
情報公開請求費用として$4000を目標とした募金が新たに
はじまってます。

なんというか、興味深いです。
137 2009年11月08日 22:13
ベルイマン
リチャード・ケイジのホームページを見ると、自分の出たラジオ番組、911陰謀論のDVDを売るコーナーがあって、こいつも911陰謀論で、金もうけをたくらむいやしいヤツなのね。

このコンテンツの
年度別一覧ページへ
次のページへ

殿堂入り作品一覧へ 奇説珍説博物館
トップページへ
部門別トンデモ特別賞へ