山本弘トンデモ資料展
妖魔夜行シリーズ「戦慄のミレニアム」書評(3)


前のページへ このコンテンツの
全一覧ページへ
次のページへ


山本弘問題連絡会掲示板


 こんなにヘンだよ山本弘(アニメ・SF論) Part 2

562名無しさんsage: 2009/10/24(土) 22:42:07
山本は結構アホなことを書くことが多い。
妖魔夜行旋律のミレニアムでは

死体に雪が積もって「路上に枕のようなふくらみがいくつも転がっている。」状態になっていて、

>>殺戮はほんの数時間前に起きたらしく、雪は内側から染み出す血で赤く滲んでいた。

生きた人間を雪に埋めて撃ったんならともかく死体に雪積もってそれはおかしいだろ。
血が暖かいうちは雪が積もらないし雪が積もるなら血は凍りつく
うっすら雪が積もってるならともかく枕みたいになってて今も雪降ってるなか数時間前の血が染み出してるってどんな根性入った血だよ。

脚を切断された母娘を見て

>>カンナでもかけたような完全な平面で、ささくれひとつないのだ。いったいどんな刃物を使えば、人間の肉や骨をこんなきれいに切断できるのだろう?

と驚愕するのだが、脚が5メートルも離れたとこに落ちてるような状況で倒れていて体の上に雪が積もるほど長期間放置されていて切断面がきれいって
地面に倒れた時点で崩れてるだろうし、重力で変形するし、筋肉は縮むし出血するし、人間の脚は人形の脚とは違うんだよ?

そして男の子の死体がないことを不思議がるのだが、
そもそも山奥の100戸ほどの寂れた村で15歳以下の男の子って何人ぐらいいるんだ?
寒冷地だし子供の性別なんて見てわかるってもんでもないだろう?
そんなこと不思議がるものか?

とまあ、読みはじめて13ページでオイオイって感じだ。
563名無しさんsage: 2009/10/24(土) 23:04:24
もうひとつ山本らしいのが

>>別の家には十八歳ぐらいの娘の死体があった。こちらは胸をえぐられている。嫌悪感をこらえながら下半身を調べたが、暴行された形跡はなかった。

嫌悪感を感じなくても、ちょっと着衣の乱れを確認するだけで充分だと思うよ。

しかし、この少尉さん歴戦の勇士らしいんだが、ナイーブ過ぎるよ、軍人には向いてないと思うな。
564名無しさんsage: 2009/10/25(日) 09:00:46
戦ミレラスト近く。巨大な神の立方体が降りてくる。だが地表面にぴったりとは接地できなかったとある。
立方体は昔の人の想像が結晶化した産物で(戦ミレでは人の願が現実化する)底が平らだが
地球は丸みがあるから隙間ができるのだそうだ。
もうアホかと。昔の人間は平らな大地にぴったりなのが平らと思ってたんだよ。
幾何学的に平らなんて知りもしないこと信じてたわけないじゃんw
565名無しさん: 2009/10/25(日) 11:56:31
このチンカス作家は何でそんなどうでもいい細部に拘るのか?
先輩諸氏教えてください
566名無しさんsage: 2009/10/25(日) 21:40:45
>>565

揚げ足取りでプライドを保ってきた報いさ。本筋に目が行かず、どうでもいいことばかり気になるんだよ。
567名無しさんsage: 2009/10/26(月) 00:51:41
>>564
この神の立方体、ニュー・エルサレムについてもおかしなことを言っている。

立方体の角から中心に向かう重力が0.002Gとか言ってるんだが
城壁の内側がほぼ空洞で質量の大部分が外周部にあるのに
外から中に向かう重力なんてあるわけがない。

質量と中心からの距離で地表重力を計算できるのは中が詰まってるからで中が空洞ならそれなりの計算をしてやる必要がある。

同様に
月と比べて質量が1/70で距離が1/50だから潮汐力が1900倍というのもNG
潮汐力の計算はあくまで重心同士を結んだ直線状での近似値で重心同士が充分に離れてないと使えない。

至近距離に重量物がある場合、地球上の場所ごとに受ける引力の方向が変わるため相殺される。
上空1000Kmにある質量からは真上に引かれるし、上空1000Kmかつ水平に2000Km離れた地点からは60度傾いた方向から引かれる。

てか380000Kmと7600Kmで計算すると1785倍なんだが月の高度をいくらで計算すると1900倍になるんだろう?
まあ、この辺は使う数字しだいなんだが、割り増しされてる気がしてちょっとやだな。

少なくとも山本は質量を重心の点で計算していいのは重心同士が充分に離れてる場合だけってのがわかってないのは確か。
568名無しさんsage: 2009/10/26(月) 01:49:03
>>567
> 外から中に向かう重力なんてあるわけがない。

薄っぺらであろうと、質量はあるんだから、重力は作用するんじゃないか?
反対側の側面にも当然質量があるんだから、その重力も作用するし。

だから微少であっても中心方向へ向かう重力はあるはず。

逆に表面を突き抜けて立方体の内側に入ってしまうと、どういう方向に重力が作用するかは分からないが、
球体なら中身が詰まってなくても結局は中心方向の力になるはず。
569名無しさんsage: 2009/10/26(月) 01:57:53
って嘘じゃん。中心部に重力は働かないのだから、空洞であっても同じ。
つまり空洞の中に入ってしまえば重力はどの方向からも働かない。
570名無しさんsage: 2009/10/26(月) 02:01:41
でも考えてみたらこれって面白いよね。
宇宙全体が何か卵の殻の内部あるかもしれない。
外側の殻の重力は我々には作用しないから分からないw
572名無しさんsage: 2009/10/26(月) 21:53:10
>>568
うーん、球の内部なら計算したことがあるんだけどな。厚み0の場合だけど。しかも電磁気だけど。
電磁気も万有引力も式の形が同じなので結果は同じ。内部では0。しかし正方形はどうかなぁ。
よく分からん。重力はあるのかも知れん。
しかしだ、書いたように昔の人間が信じてた通りのモノができるのが戦ミレだ。
地面と思うほうに吸い寄せられるっつーか、普通に下向きに重力が働くってもんだろう。
573名無しさんsage: 2009/10/26(月) 21:55:13
>>567
へー、そうなんだ。まー、そういういうこともあるかも。柳田の計算間違いをクソミソに言う割りには
自分も間違うからな。しかし、よっぽど明白に間違いを証明せんと認めんからなぁ、奴は。
608名無しさんsage: 2009/10/31(土) 11:37:10
戦ミレを読んでると山本の甘さというか一般常識のなさというか
普通の人間とのずれを感じることが多い。

敵に捕まったガンチェリーがズボンに縫い付けたものと別に膣内に発信機を隠し持っていたために無事救出されるのだが、
潜入操作をするならともかく、普通に戦ってるときに
万が一敵に捕まった時のために膣内に発信機を仕込んでおくっておかしくね?

さらに、半裸にされて戦闘機にくくりつけられて気づかれないってのも変じゃね?

日本の警察に捕まって拘留される場合でさえ膣内って検査されるのに
悪の組織が敵対する相手を捕まえて身体検査すらしないってどうよ?
てか、妖怪なんだからなんか特殊能力で見つけたりできるんじゃないの?

さらに悲鳴が外に漏れないように結界が張られてるって言ってるのに
内部に潜入されてもまったく気がつかないわけで、
普通こういう悪の妖怪って、敷地内の侵入者に反応したりしない?

人の恐怖の想念から生まれた存在がこうもマヌケってどうなのよ?
609名無しさんsage: 2009/10/31(土) 12:29:33
>>608
> 別に膣内に発信機を隠し持っていたために無事救出されるのだが、

そういう作品なの?すげーな(笑
それはそうと体内から電波って発信できるのかな。
人間の体は誘電体だから、トンネルの中と同じように電波が遮断されるような。

タンポンの紐みたいにアンテナ線だけ体外に出していたのだろうか?w
610名無しさんsage: 2009/10/31(土) 15:11:33
>>609
新発明のエーテル発信機だから大丈夫とかかな?

実際タンポン型なんでアンテナを紐をアンテナにしてるのかも知れない


もうひとつ気になるのは
「ニューヨーク州とその周辺だけで、過去一年間に十五歳以下の男の子二〇〇人以上が消えている。」
ってニューヨークっていつからこんなに治安の良い街になったんだ?

さらに実際にはニューヨークだけじゃなくて世界中で行方不明者が出ていて
その数なんと1万人を超えていると皆が口をポカンと開けて驚くわけだが、

ちなみに日本の場合、年間に届出される捜索願は10万件以上
そのうち1万人以上は所在を見つけることもできないわけで
届出のない分を考えるとはるかに多いでしょう。
15歳以下の少年がどの程度の割合かまではわからないが

世界中で年間一万人なんていくらなんでも常時行方不明になってるだろう。
611名無しさんsage: 2009/10/31(土) 16:57:00
>>610
へー。
昔「第3の選択」って番組があって、世界中から科学者が行方不明になっていて、
それを調査していくと、米ソの極秘火星移住計画にたどり着くって話だった。
それを意識してるとか(笑
612名無しさん: 2009/10/31(土) 17:02:58
発信機である以上は何かを発信してるわけだから、傍受だってできるんじゃないの?
電磁波からパルスまで、ありとあらゆる波を傍受できる盗聴妖怪ってどうよ。
613名無しさんsage: 2009/10/31(土) 18:46:31
>>609
> 人間の体は誘電体だから、トンネルの中と同じように電波が遮断されるような。

携帯電話の周波数なら5ミリの水で圏外だ。だが、周波数を低くすれば可能となってくる。
潜水艦でも一応電波通信しているからね。ただし波長が長いので1文字に5分とか必要。
さらに問題なのは発信する側は、適当な長さのアンテナが必要ということだ。

> タンポンの紐みたいにアンテナ線だけ体外に出していたのだろうか?w

体外に出せば短くて済む。しかしすぐに発見される。体内に納めればアンテナの長さが足りない。
どうすりゃいいんだ?超音波は…音は遮蔽されてるだっけ。
あ〜やめやめ。何とかしてくれ柳田!
614名無しさん: 2009/10/31(土) 20:14:07
>>608
>普通こういう悪の妖怪って、敷地内の侵入者に反応したりしない?

こういう理屈を考えてみた。

妖怪は電子機器に疎い。
人間だったら監視カメラや盗聴マイクの設置で敵の侵入に備えるぐらいのことはするけど、古い妖怪ほどその知識がないと。
これは通信技術の発展がここ100年ほどに集中したせいもあるだろう。
敵にも味方にも、通信関係の妖怪がいないのがその証明。
妖怪チームが馬鹿みたいに奇襲を受けまくっているのだって、通信傍受とかで敵の行動を察知するという考えがないからじゃないのか。
妖怪にもテレパシーを使えるやつはあまりいないわけで、結局は人間が作った携帯電話や通信機で情報交換するしかない。
となれば、普通に傍受で敵の動向をつかめてしまうだろう。
60年前の日本海軍だって、米海軍の通信を傍受することでその動向をつかめていたわけだからね。
615名無しさんsage: 2009/10/31(土) 23:06:48
>>614

妖怪が自分たちが疎いと分かっていれば、それなりの知識を持つ人間を拉致ってきて働かせるんじゃ
ないかと思うんだけどね。脅して働かせるか大金をちらつかせるか、まあ、どっちでもいいが。
携帯のセキュリティの甘さくらいは機械に疎い人間の老人なみの妖怪だって、いずれ気づくはずだ。
だとすると、拉致った技術者に軍用通信機をセッティングさせるくらいのことはするだろう。
あれはガチガチにスクランブルかけるから、傍受しても内容は分からんはずだ。
位置の特定はされるかも知れんが。なら常に移動しながら通信するか。
って書いてるけど、こういうことに気づかない山本が悪いんだけどさ。
何で俺らが山本のために脳内補完せにゃならんのか。まあ、面白けりゃ悪くはないけど。
616名無しさん: 2009/11/01(日) 00:20:16
>>615
妖怪の不得意分野で人間の技術者が活躍する場面っていいじゃん。
これ一つで話ができちゃうよ。
もったいないw
617名無しさん: 2009/11/01(日) 00:29:29
>>615
さらに理屈を考えてみる。
そもそも妖怪たちは、大きな集団で行動をとったことがないから、そのときに生じるデメリット(通信を傍受される危険)を経験としてわかっていなかったのかもしれない。
一応戦ミレって妖怪史上初でしょ?
618名無しさんsage: 2009/11/01(日) 11:18:00
>>617

なるほど。その場合なら、デメリット知らないから、弱点丸出しになるかもね。
ただ、その場合、大集団として行動するかどうかが問題だ。
個人行動になるんじゃないの。つまりゲリラ的。これって優位な大集団には適した戦法なんだよね。
ナポレオンもスペインとロシアでこれで負け、ヒトラーもソ連でしてやられた。
大体悪党ってのは、ばらばらで動くのがうまい。
敵味方双方個人戦になれば対等だが敵側は個人的に基本スペック優秀なわけだからマズイんじゃ?
619名無しさん: 2009/11/01(日) 11:38:43
>>618
戦ミレでは世界の妖怪が一ヶ所に集まって、戦争前の壮行会みたいなのを開いてた。
そして案の定奇襲を食らってた。
ああいうのって計画段階でも通信バリバリするからばれて当然。
620名無しさんsage: 2009/11/01(日) 11:47:42
>>619

いや、だから大集団というか大集会開くって考える山本がアホだと言ってるんだw
もう負けさせるためにわざと敵をアホ認定している。奴がトンデモ叩く常套手段だ。
まず叩きたい奴をアホと認定する。で、アホだからこういうことを言うという論理。
そんなアホな敵つか妖怪ならとうの昔に滅ばされてるよ。
621名無しさんsage: 2009/11/01(日) 15:41:10
その大集会の場面でもおかしなことが多いのよね

天使の襲撃を警戒して巡回してるんだけど、メンバーがおかしい。
敵として想定している天使は、「姿を消すことが可能」、「飛行可能」なのである。
にもかかわらず巡回チームには透明を見破る能力者も飛行能力者もいない。
それどころか主要なメンバが遠距離攻撃能力を持たないものばかり。

話の中では天使がだました人間の操る戦闘ヘリが攻撃してきたから気がついたけど
天使が直接来ていたら、まったく何の役にも立たない見回りだった。

さらに戦闘ヘリ相手でもまったく歯が立たずに手も足も出ないはずのところで
予定になかった味方として新型の天使が登場することで何とか撃退することに成功する。

妖怪の仲間には、進入を察知する結界を張ることのできるメンバ
真実の姿を映し出したり、第三の目で透明化を見破るメンバ
飛行して直接対峙できるメンバ
強力な飛び道具で攻撃できるメンバ

などなど、見回りにむいてるメンバがいくらでもいるのに
サヴェッジバイト、ロードレイザー、パワーフェアリーと
地上での近接戦闘しかできないメンバに巡回させてなにがしたいんだと

で、当然のごとく何もできないまま、上空をスルーされて
「やばい!」とか「間に合わない!?」とか言うのだが、

危険を知らせるためのトランシーバや携帯すら持ってないわけ?

敵を発見する能力もなく、敵と戦闘または足止めする能力もなく
敵を発見した際に危険を知らせる手段を持たないものを
周辺のパトロールと呼んでる時点でコイツ達もうだめだとしか言いようがない。
622名無しさん: 2009/11/01(日) 16:50:33
それにしても天使側の戦術が妙に冴えてるよな。

>話の中では天使がだました人間の操る戦闘ヘリが攻撃

これってさ、上手くすれば人間と妖怪の関係を悪くすることもできるわけで。
スペースブラザー(だっけ?)の登場という予想外の展開でぽしゃったけど。
成功してれば、妖怪にとっては天使対策と人間対策で、一気にニ正面作戦になってたわけで。
623名無しさん: 2009/11/01(日) 16:53:01
だいたい妖怪たちへの襲撃で戦闘ヘリを使う作戦だって、妖怪側に天使の存在を見抜ける奴がいるということがわかっていたからだろう。
アホな妖怪たちに比べ、天使の作戦は非常に優れているな。
624名無しさんsage: 2009/11/01(日) 19:42:19
やっぱ、妖怪どもの総帥は山本御大だな。このマヌケっぷりは間違いないw
dummy_for_searchRef

前のページへ このコンテンツの
全一覧ページへ
次のページへ

殿堂入り作品一覧へ 奇説珍説博物館
トップページへ
部門別トンデモ特別賞へ