山本弘トンデモ資料展
「チャリス・イン・ハザード」批評集(1)


このコンテンツの
全一覧ページへ
次のページへ


山本弘問題連絡会掲示板


 こんなにヘンだよ山本弘2

628名無しさんsage:2003/08/06(水) 18:49
http://homepage3.nifty.com/hirorin/chaliceinh00.htm

今世紀最大のトンデモ小説の予感(w
629名無しさん:2003/08/06(水) 20:06
山本板のトップページが更新されている。
新刊情報があったが、角川からの新刊について書いてないのはなぜだ?
18禁の本を紹介してど〜するつもりだよ。
630名無しさんsage:2003/08/06(水) 21:47
笑えるよなあ山本の児童ポルノ小説(w

>現実とフィクションの区別がつかない方
>「こんな小説を書くということは、山本弘は現実にこんなことをやってみたいと思っているのだ」
>などと邪推するバカが必ず出てくると思います(笑)。ミステリ作家が実際に殺人をやってみたいと
>思ってるわけじゃないでしょ?

ミステリ作家は殺す場面を、微に入り細にわたって何十頁も使って書くことはほとんどないんじゃないの?
山本は女子を陵辱している場面をたっぷりと書いてんでしょ。
引き合いをSM作家にしてくれたらいいけどね(w
631名無しさんsage:2003/08/06(水) 22:01
>現実とフィクションの区別がつかない方
>「こんな小説を書くということは、山本弘は現実にこんなことをやってみたいと思っているのだ」
>などと邪推するバカが必ず出てくると思います(笑)。

さーて、山本は
「小説家はテーマではウソはついてはいけないと思っています」
とか言ってたよなあ。
実に楽しみだなあ。

ところで、
山本は「リバイアサン1999」のレビューで、
「作者の願望が良く出ている」とか言ってなかったか?
632名無しさんsage:2003/08/06(水) 22:08
>>630
> >「こんな小説を書くということは、山本弘は現実にこんなことをやってみたいと思っているのだ」

けどなぁ・・・
例えば推理小説はある意味殺人が必須場面だもんなぁ。作者は
いやいや書いてるかもしれん。
この作品のXXXなシーンがどれほど必然性が有るのか知らんけど・・・

それに、例えば自分が小説を書くところを想像してみて、その時
陵辱シーンを入れたくなるか?というと、全くそんな気がしない。
非常に数少ない例からの類推だけど、陵辱シーンを書きたい人と、
書きたくない人の場合、やはりその人の元々の性癖に関係がある
のでは無いか?と考えるのが普通では?
633名無しさんsage:2003/08/06(水) 22:10
>第1話『魔島からの脱出』
> 児童売春や象牙密売で巨万の富を築き、東南アジアの裏世界を牛耳る老婆ドラゴン・レディ。その巨大組織に誘拐されたチャリスは、〈悪魔のピアス〉によって反抗を封じられ、シンガポール沖の島にある非合法の店で働くことを強要される。絶望的な状況の中、チャリスは生命と純潔を守り抜き、ドラゴン・レディの陰謀を粉砕できるのか?
>
>
>【作者より】
> 最初におことわりしておきますが、この小説、ギャグがありません。徹頭徹尾、シリアスです。

存在そのものがギャグだろ。
634名無しさんsage:2003/08/06(水) 22:21
山本ってつくづく
センス無いな。
635名無しさんsage:2003/08/06(水) 23:26
お〜い北長と宇津見。
お前ら、前に「柳田の間違った科学が子供たちに悪影響を与える」とか言ってなかったか?
山本言うところの「この小説は教育上、大変よろしくないです。」を見てどう思う?
636名無しさんsage:2003/08/07(木) 02:42
まあ、柳田の本も18禁でもよかったんじゃないかな
年食ってる奴がターゲットだったのは間違いないだろうし
普通の大人はあれ読んでも苦情なんて言わないだろうし
山本は15歳だから18禁にしたら読めないしね

少々恥ずかしい話だが、30過ぎてずいぶん経つのにいまだにゲーセンに入り浸ってて
20歳ぐらい年の離れたゲーセン友達とかいたりするんだが、
柳田の本はかなり受けてて、「元ネタ知ってたらもっとおもろいんやろな」とか言ってた
で、山本の本は不評で「ノスタルジーに訴えてるもんやねんから、こんな突っ込みいれてもしゃーないやろ」と
山本よりよっぽど大人だと思ったよ。

マジンガーZとかはもうスパロボに出てくる奴、ぐらいの認識しかないんだが
太陽熱発電のマジンガーの話はかなり気に入ってて「んなわけないやろ」とは言いながら
「それやったら光子力ビームは目からお湯が噴出すんかい」と身振り手振りを交えながら実演
まわりから「大事な光子力エネルギーがだだもれや」と突っ込みも入りなかなか盛り上った。

やっぱり子供達の方が柔軟に受け入れるんだよね。
637信者の反応を予想してみる:2003/08/07(木) 02:43
>>635
柳田氏は自著を科学に基づいた作品と定義しています。
つまり、ノンフィクションと見なして良いでしょう。
完全な絵空事であることが明らかな小説と比較して、どちらが罪深いでしょうか?

……こんな所かな?
638名無しさんsage:2003/08/07(木) 11:19
>637
出た!記述の一部分「科学に基づいて」を取り上げ柳田攻撃を
正当化する。山本弘将軍様の教育が行き届いているねえ。
だけど山本叫酸国だけの屁理屈だね。
宇津見と北長がこの手のことをよく言ってるが、他の人はもう
言うのが恥ずかしく思ってんじゃない?
640名無しさんsage:2003/08/07(木) 14:31
山本の紹介文を読んで

「犯らないエロゲに意味があるのでしょうか。」

という皮肉を思い出した。
641名無しさん:2003/08/07(木) 16:02
まぁ要するに、山本はダブスタ野郎ってことでFAだな。
642名無しさんsage:2003/08/07(木) 22:23

プロ作家がコミケに「創作」で出品?
なんかおかしくない?
643名無しさんsage:2003/08/07(木) 22:45
>642

おかしいのは貴方の認識でしょう。

山本がプロ作家だなんて・・・。
644名無しさんsage:2003/08/07(木) 23:01
本業(と本人は思ってる)のSF小説の締め切りはダラダラ延ばして、
コミケに出す児童ポルノ本は締め切りにきっちり間に合わす。

同人作家の鏡だ!

しかもヘタクソな表紙まで書いちょる。
デッサン狂いっぱなし(w
654名無しさん:2003/08/08(金) 19:40
>629
ワシもちょっと気になったんで角川書店のサイトをのぞいてみた。
来月(9月)の新刊予定にも入っていない。
ワシはよくしらんのだがゲラをわたして一冊の本になるのにそんなに時間がかかるんかいな。
山本がゲラをわたした、といったのは結構前だったと思うが。
誰か事情をしらんかな。
もしかしてボツ?
659名無しさんsage:2003/08/09(土) 14:07
>夏コミの新刊はこれ!
>チャリス・イン・ハザード1
>魔島からの脱出
>おことわり
>この小説は過激な描写を含んでおりますので、
>18才未満の方にはお売りできません。ご了承ください。

「チャリス・イン・ハザード1」とあるからには
おいおい、続編書くつもりだよ(w
660名無しさん:2003/08/09(土) 17:21
>>659
ほとんど売れないのは目に見えてるから2が出ることはないでしょう。
ついでに山本からコミケに行く奴なんてろくな奴がいないとか
分かってない奴らばかりだ。みたいな言葉が聞けることになるでしょう。
663名無しさんsage:2003/08/09(土) 20:24
このお布施本、信者以外で誰がかうんだ?
675名無しさんsage:2003/08/31(日) 22:22
唐突ですが、『チャリス』買ってない人のためにネタバレをしまつ。

> 同人誌で発表する理由は、
>角川スニーカー文庫や富士見ファンタジア文庫では
>絶対に許してもらえない内容だからです(^^;)。

>少女の××に××する×××がギュイイイーンと迫ってくるとか、
「少女のおマンコに高速回転するドリルがギュイイイーンと迫ってくる」

>××に××××を×されたために××××が止まらなくなるとか、
「マッド・サイエンティストに細菌を注射されたためにおしっこが止まらなくなる」

>クライマックスでは×××××××の×で×××を……という、
「コモドドラゴンの舌でアナルと小陰唇とクリトリスをいっぺんに舐められる」

>えげつないシーンの連続です。

その他にも、
・少女のゼリー詰め(山本が大好きな「固め系」)
・ストリップ劇場で40人もの変態客にTバックの上からマンコをいじられ絶頂
・女体盛り&ワカメ酒
・ホームレスの男の子の前でマンコを広げレイプされそうになる
等々盛りだくさんです。
677名無しさん:2003/09/01(月) 02:11
>>675

かなり前ニフティにおいて、山本は
「僕は小説の中で弱者が不当に虐められたり、女性の意味の無い裸シーンなどは
書かないことを信条にしています」とか言ってたもんだが(w

それが今はチャリスかい(w
山本の過去の発言を逐一メモしておきたかったなあ。
678名無しさんsage:2003/09/01(月) 14:35
>>675
エロタン星人を髣髴とさせるな
863名無しさん:2003/10/11(土) 23:31
唐突だし、意味はないけど山本弘ってサイバーパンクを嫌ってそう。
当時「ハードSFファン」を名乗る連中が、こぞって文句言ってた憶えがある。

記憶だけが頼りなんだが、こんな印象がある。
スタートレックのコスプレして、スタトレごっこに夢中(ハードSF)の連中がいた。
その横にブレードランナー系の恰好した連中(サイバーパンク)がドカっと座っちゃった。
オタクは異分子を嫌うからスタトレッ子の人達はなんかムカつく。
しかもその連中の方が、一般世間でははるかにモテるから困った。
だからせめてもの抵抗でギーギー文句たれてた。

こんな感じ。まあ、サイバーパンクも消えたけど。スタトレッ子の中に、かなりの
確率で山本弘もいた気がするよ。
864名無しさんsage:2003/10/12(日) 01:58
>>863
たしかに山本はサイバーパンク嫌ってるよ。
以下、『フェブラリー』のあとがきより抜粋:

 私はSFが好きだ。
 スペースオペラや、ヒロイック・ファンタジーや、超能力伝奇アクションや、サイバーパンクなどという怪しげなものではない。昔ながらのSFマインド漂うサイエンス・フィクションが好きなのだ。
 サイバーパンクと呼ばれるものも何冊か読んではみたのだが、どうも波長が合わなかった。派手な言葉や小道具で飾り立ててはいるけれど、中身はというと、ただの金庫破りの話だったりする。アクション小説としては面白くても、ちっともSFとして興奮させてはくれないのだ。(あ、ブルース・スターリングだけはちょっといいと思う)
(中略)
 SFが読みたい! 本物のサイエンス・フィクションが!──誰も書いてくれないのなら、自分で書いて自分で読むしかないではないか。
 そうして生まれたのがこの作品である。
(後略)
865名無しさん:2003/10/12(日) 08:32
>>864
> スペースオペラや、ヒロイック・ファンタジーや、超能力伝奇アクションや、サイバーパンクなどという怪しげなものではない。

でも銀英伝、創竜伝はマンセーなんだよな…
866名無しさんsage:2003/10/12(日) 12:52
>>865
銀英伝、創竜伝は、スペースオペラや、ヒロイック・ファンタジーや、超能力伝奇アクションや、
サイバーパンクなどという怪しげなものではありません。
れっきとした社会派小説なんです(w
867名無しさんsage:2003/10/12(日) 12:57
> SFが読みたい! 本物のサイエンス・フィクションが!──誰も書いてくれないのなら、
>自分で書いて自分で読むしかないではないか。
> そうして生まれたのがこの作品である。

山本は言うことだけは立派なんだよなあ(w
そう宣言していながら、美少女陵辱モノに傾倒していったんだよな。
万が一「神ちん」が売れたらどんだけ調子にのるか想像するに難く
ないので、買わないように。棚のデッドスペースに隠すように(w
868名無しさんsage:2003/10/12(日) 13:10
心配せずとも売れるわけない。
869名無しさんsage:2003/10/12(日) 13:47
銀英伝は確かにスペオペではないのかもしれない。
空想戦記物の亜流かな。
いかん、ヒロイック・ファンタジーに引っかかりそうだ、、、、
870名無しさん:2003/10/12(日) 14:03
>>867
>そう宣言していながら、美少女陵辱モノに傾倒していったんだよな。

つまりはこういう事なのかな?山本にとっては


美少女陵辱モノが読みたい! 本物の美少女陵辱モノが!──誰も書いてくれないのなら、
自分で書いて自分で読むしかないではないか。
そうして生まれたのがこの作品『チャリス・イン・ハザード』である。
873名無しさんsage:2003/10/12(日) 15:04
『チャリス・イン・ハザード』解説
これは幼女虐待をテーマにした小説である
これはSMを扱った小説である
これはハード・ロリコン小説である
これは娘を持つ一人の父親が書いた小説である
874863sage:2003/10/12(日) 16:20
>>864
あ、やっぱし(w)情報に感謝。
サイバーパンクにブーブー言う連中がいるのを見て思ったよ。
SFファンって、考えてたより保守的なんだなーって。
あきらかに、品質の問題ではなく、自分の脳内ルールに従ってないことに腹立ててる
連中が多かったもん。
だから言うんだよ「あれはSFじゃない」「SFマインドが欠如してる」と。

書いてて思い出した。
以前、松本人志が大阪人はお笑いに厳しいと言われてることについて、こう反論してた。
「違う、アレは自分の馴染みの芸人でしか笑わないだけだ」ってね。
「通」とか「マニア」と呼ばれる連中の硬直ぶり、嫌な部分を指摘してたんだ。
山本弘の価値観にも、同じこと言えそうだ。
875名無しさん:2003/10/12(日) 22:48
山本は (゚Д゚)ハァ?怒SF しか書いて無いという罠
876名無しさん:2003/10/12(日) 23:00
>>864
>アクション小説としては面白くても、ちっともSFとして興奮させてはくれないのだ。

ここなんか「通」とか「マニア」とか呼ばれる連中の嫌な部分の顕われだよね。

普通の人間はその「『物語』が面白いか否か?」が問題なのに
わざわざその物語をアクション物とかSFとかファンタジー物とか「色分けする」んだよね。

で、その「物語が面白くても」SFじゃないから駄目!とか、いちいち文句つける。

はっきり言って下らないよな。はたで見てて
880名無しさんsage:2003/10/12(日) 23:52
>864

たしかその後で
「元気がいいSF作家は草上仁くらいだ」とか暴言はいていたんだよな。

谷甲州とか乗りに乗っていた時期なのにね。
山本の脳内SFってどんなんだろうな。
dummy_for_searchRef

このコンテンツの
全一覧ページへ
次のページへ

殿堂入り作品一覧へ 奇説珍説博物館
トップページへ
部門別トンデモ特別賞へ